So-net無料ブログ作成
廃線跡 ブログトップ

本庄のチンチン電車 [廃線跡]

七軒町停車場跡1.jpg
公用で埼玉県本庄駅でよく下ります。
市内の某行政へは駅から徒歩で「味良久」さんへ食べに行き、その後前原にある行政に申請を済ませて駅までトボトボ歩いてJR高崎線の線路脇にあったのがこれ。
七軒町停車場跡2.jpg
七軒町停車場跡3.jpg
今日の記事は史料収取が難しいので他からの転載も含まれます。本庄駅から児玉駅(八高線)までの7.1kmを走っていた本庄電気軌道、昔でいうところのチンチン電車、路面電車の七軒町停留所跡の碑(本社跡)だとか。
軌道は大正4年(1915年)開業、昭和8年(1933年)廃止、実際は昭和5年(1930年)には休止になっていたそうです。
JR高崎線の途中駅である本庄とJR八高線の児玉を結んでいた。昭和8年に廃止だと、昭和63年マイナス昭和8年だから55年プラス平成30年だから、85年も前に廃止されていた。
七軒町停車場跡4.jpg
説明板にはこの先の停車場も記載されていて、本庄(ほんじょう)七軒町(しちけんちょう)伊丹堂(いたみどう)西冨田(にしとみだ)四方田(しほうでん)高関(たかせき)蛭川(ひるがわ)吉田林(きたばやし)児玉(こだま)・・・。
駅名の読み方.jpg
七軒町停車場跡5.jpg
JR高崎線と並行に寄り添うように走ってきて、この碑のある辺りで左折、市街地を抜け、国道462号との併用軌道で児玉方面へ向かっていたそうな。
七軒町停車場跡7.jpg
駅舎があったのはおそらく起点でもあり終点でもある本庄、児玉のみで、それ以外はバスの停留所のようなもので簡易ホームも無く、道路からそのままデッキに乗り降りしたのではないか。停車場でもないところでいい意味でアバウトに乗降したかも知れない。
それでもここ七軒町停車場から本庄駅までの直線区間は専用軌道で、本庄駅構内に2面2線、車庫や貨物ホームが設置されていたそうです。駅名も「本庄駅前」ではなくしっかり本庄駅と銘打ってある。
一旦、本庄駅方面へに戻ります。この細い道が軌道跡。

軌道跡6本庄駅に向かう3.jpg
本庄駅前軌道跡2.jpg
振り返ります。さっきの七軒町に向かう途中でマンションに遮られます。
軌道跡1.jpg
軌道跡7.jpg
軌道跡8マンションで遮られる.jpg
本庄駅の南側ロータリーに起点の停車場があったらしいが、現在は全く痕跡をとどめていないようですね。何せ80年以上も前に廃止になっているし、路面電車というものは、廃止後は道路拡張や都市開発に呑みこまれ、痕跡はまず残ってないものなのです。
本庄駅前軌道跡1.jpg
本庄と児玉を結んだ敷設の動機がよくわからないのですが、想像できる範囲で言えば、①双方の地区とも養蚕が盛んだった、②人の往来も多かった、③児玉郡神川町にある金鑚神社(カナサジンジャ)大光普照寺(ダイコウフショウジ)この記事の後半に取り上げる四方田(シホウデン)にある産泰神社への参拝客を輸送した等が挙げられる。
貨物運行もしていたらしい。七軒町停車場跡地に立つ説明板にはチンチン電車が2両の貨車を引いている「混合列車」になっているのです。
イメージ1.jpg
イメージ2混合列車?.jpg
この軌道を廃止に追い込んだのは地元ライバル会社がバス運行を開始したことと、八高線が全通して児玉駅が開業したからです。
電気軌道の発起人でもある当時の本庄町長の松本文作という人は群馬県から養子に来た人で、馬車鉄道にしようかバス運行にしようか迷ったフシがあるのだが、後発のライバル会社が運行スタートした頃は埼玉県会議員にまでなっていたので、議会で後発のライバル会社に免許を認可した埼玉県の対応を非難したともいう。だが地元のライバルであるバス会社どころか、国鉄八高線が児玉を通ることで軌道の存続意義が無くなってしまったのです。チンチン電車の開業時点では八高線は開通していなかったのだ。
誠に失礼ながらそれまで陸の孤島だった児玉地区に八高線が開通することで、埼玉県内だけではなく生糸産業がもっと盛んな群馬県と、海外輸出港である横浜港が現在のJR横浜線の前身である横浜鉄道を通じて搬送ルートが繋がったのでそっちが優先された。
加えて群馬県岩鼻にあった火薬製造所から倉賀野経由で搬送する際、高崎線や東海道線とは別に迂回するもうひとつの軍需輸送鉄道の側面があったのも大きいと思う。
私は児玉駅には行っていません。そこまで閑ではないし、何も痕跡が無いのを7kmも歩くわけのも厳しいし。ですが別の日に本庄市の行政でタクシーを呼んで本庄早稲田駅方面へ向かい、そこにあるもう2箇所、これは他でも調べればわかりますが、本庄電気軌道の遺構と、そこに存在したことを示すものが2つあるのです。
このタクシー運ちゃん、これまでで4回当たっています。感じのいい方でして、向こうも私を覚えてくれています。
タクシー.jpg
上越新幹線本庄早稲田駅から高架沿いに高崎方面へ歩くと、本庄藩の殿様だった小笠原氏が植えた「観音塚の松」というのがあります。
松4.jpg
この松は枝が広がり過ぎて松の幹や枝を支柱で支えられています。外したら地べたに落ちて潰れてしまうだろう。
松2.jpg
松3.jpg
支えている柱のうちの1本に見るからに古い木製の電柱があります。
白っぽいのではなく、こげ茶色の柱です。
松5架線柱1.jpg
松6架線柱2.jpg
近くまで見たら穴が開いていますね。この柱が本庄軌道の架線柱を1本ここへ転用したものといわれているそうですよ。だとするとこれが往時の施設の中では唯一現存するものということに。
松7架線柱3.jpg
松8架線柱4.jpg
更にそこから東へ徒歩10分、最盛期にはチンチン電車が祭りの際に多くの乗客を運んで賑わったであろう四方田の産泰神社の境内に、本殿正面に向かって左側、軌道会社が奉納した社名入りの石造りのベンチが残されていた。
石造りのベンチ1.jpg
石造りのベンチ2.jpg
読めますか?
気電庄本
本 庄 電 気.jpg
道軌気電
電 気 軌 道.jpg
これだけなのでわざわざ見に行く人はそうそういないと思いますが。位置関係を貼っておきます。
本庄駅から高崎線に沿って真っ直ぐ歩いたところにある七軒町停車場跡。
マップ1.jpg
本庄早稲田駅から高架に沿って歩いたところにある観音塚の松、そこに本庄軌道の架線柱があります。
マップ2.jpg
そこから更に西へ、四方田の産泰神社、境内にある石のベンチのある場所です。
マップ3.jpg
(蛇足ですが、四方田とは鎌倉時代の御家人の名前で、四方田五郎左衛門尉資綱という人がこの地に館を構えたというもの。この辺りに四方田姓の家々だらけの地区があり、そこには埋まっているとはいえ、館の堀の痕跡が残っていました。光明寺がそれ。)
現在、高崎線の本庄駅と八高線の児玉駅とを軌道で結んでも需要があるかどうか。バスで充分だと思う。現在、本庄駅南口から児玉駅入口までは、朝日バスが折り返し運行しています。
本庄駅南口、七軒町、伊丹堂は無いけど、西冨田、四方田、高関、蛭川、吉田林、そして児玉。バスは軌道の走った後をそのままなぞっているといっていい。ダイヤを見たら30便もあって、児玉駅までは所要時間20分もかからないで着くようです。

私の第二の故郷へ向かう高崎線の車窓から。七軒町停留所前は速度を上げてあっという間に過ぎてしまいました。
高崎線車窓から.jpg
コメント(2) 
廃線跡 ブログトップ