So-net無料ブログ作成

かさや9 アジフライ シウマイ [グルメ]

妙典駅1.jpg
今日は逆方向から行きます。いつもの道で行くと途中でいい香りを漂わせるカレー屋さんがあって、そこのニオイに負けそうになるので。
そういう異質なニオイで鼻腔を刺激したくないのもある。
東西線に沿って歩いて、ひとつめの信号を左折、ユニクロの前を歩いて突き当りを右へ、すぐ細い路地に入ります。
歩く2その先の信号.jpg
歩く3左折.jpg
歩く4.jpg
歩く5路地.jpg
くるまは1台通れるけどすれ違いは無理そうな道ですな。
タクシーも嫌がりそうな道だ。
でも静かです。道が狭いだけに閑静な住宅地。この辺りはホント静かだな。
歩く6見えてきた.jpg
見えてきた。
赤いテントが見えてきた。
青空の下、赤いテントが映える映える。
はやくおいでと誘ってる。待っててね今行くから。
歩く7近づいてきた.jpg
店1.jpg
店2.jpg
店3.jpg
メ1.jpg
メ2.jpg
メ3.jpg
メ4.jpg
置かれたもの1.jpg
若がいつものように冷えたウーロン茶、ソース、マヨを鎮座させたところ。
この揃った丁寧な置き方を見てください。雑然としてないでしょう。店は旧いけど店内は整理整頓されているのもそうですが親御さんの教育がいいのだろうな。
店内3.jpg
扉も少し、窓も開いています。自然の風が吹いて・・・
・・・吹いてないですね。エアコンは寒いからせめて扇風機をONしてくれないかなぁ。
立ち上がって自分で手を伸ばしたら50肩(60肩)で上がらないのと、スイッチまで手が届かなかったのです。
「ねぇ」
「ハイ」
若が出てきた。
「扇風機つけてくれる?届かないのだ」
若は背が高いからね。ONしてくれた。
「エアコン入れましょうか?」
「いや、自然の風がいいな」
扇風機が稼動し始めました。
扇風機稼働1.jpg
扇風機稼働2.jpg
扇風機稼働3.jpg
呼ばれたからついでのように若が言うには、
「こないだSANADAさんがお見えになられて。何処かで飲んだ帰りだったのかな?ウチでラーメン食べて行かれました」
「あの方はようお食べになるからねぇ」
飲んだ後に他でラーメンを食べるのは禁忌にしております。
そっか。この店で飲んで喰って、〆にラーメンを食べればいいのだ。
アジフラ1.jpg
アジフラ2シウマイ1.jpg
美しいアジフライだ。表面の粉粉が均一です。
ガリッと噛んで咀嚼、おっ、いいですね。
アジフラ3.jpg
アジフラ4.jpg
適度な大きさです。アジフライってデカけりゃいいってもんじゃないですからね。居酒屋なんかでデ~ッカイアジフライ「これ、ホッケじゃねぇの?」を出す店もありますが、それだけでお腹一杯になっちゃうし。
これぐらいのサイズのものが2枚、適度なおかずの量・・・
・・・でもないのだ。ご飯が多いのです。過去記事に比べたら多い。
この量は大盛りではないかなぁ。
シウマイ2.jpg
シウマイ3.jpg
シウマイ4割ってみる.jpg
シウマイも美味しい。
意地悪くじーっと聞き耳を立ててたんですよ。冷凍でチンかなって。イヤらしく疑ってかかったのですが、チン音はしなかったですよ。タイマーが鳴ってたから蒸したんだと思うな。
音がするくらい静かだったのはTVが点いてなかったからです。私がBlogで「この時間帯のラーメン屋はTVだったらくだらないワイドショー、ラジオだったら人生相談、そんなのばっか」なんて書いちゃったからかもしれない。
しっかし味の浸みた大根でしたよ。
大根煮.jpg
味噌汁.jpg
店11.jpg
店12振り返る1.jpg
店13振り返る2.jpg
名残惜しげに振り返る。
後ろ髪(無いけど)引かれる想いもあります。
ところがこの後2編続きます。でもこの店はひとつ料理で完結記事です。滅多に来れないのもあるし、ここへ来ること自体が小旅行のようなものですから。
この店を知り得たきっかけのSANADADO氏に大感謝ですよ。食べたい時にフラッと来れる氏がウラヤマシイ。
コメント(22)