So-net無料ブログ作成

ニアミスの夜 [BAR]

通り町へ.jpg
夜道を歩いてる時は危ないのでウォークマン(死後ですか?今はアイチューン?)しないのですが、椿町を出てから片方の耳にイヤホン入れて、住んでたあの頃(平成24年4月~25年5月)の曲を聴いてたら、羅漢町の辺りで不覚にも涙してしまった。
私らが住んでたマンションを見て、
「あの部屋に還りたい」
帰れるわけないけど。
旧ロツレ(現在はルケ)の通りを歩いて、そのまま真っ直ぐ行かないで月輪の路地へ入ったら行灯(ゴロ看)変わってない。
あの頃に戻れないかな。
でも時は戻らないんだな。新しい出逢いを、店を開拓する気も無いけどな。
こっちでもよかったかな.jpg
通り町、七です。
空いていた。週末金曜なのに。こっちでもよかったかなって思った。
下から覗いたらカウンター奥、厨房側の壁にお客の脚が見えた。
後でわかったのですが、千葉の住民さんの御御足(オミアシ)だったらしいけど。
アス1.jpg
アス2.jpg
アス3.jpg
「ジャンさん日帰りですか?」
「そうですよ。日帰りです」
泊まるならもう少し遅い時間に来ますよ。19時頃だからBARが混む時間帯ではないです。誰もいない。私だけ。
アス4.jpg
ファンキードッグ氏.jpg
店内3.jpg
店内5.jpg
BARで話した内容は酔っ払って殆ど覚えてない場合が多いのですが、時間的にまだまだ早いので何となく覚えています。
でもたいした話じゃないです。Blogの話、マスター・ファンキードッグ氏の昼呑みの話とか。
ダリアンが撤退して昼呑みはバーミヤンや朝鮮飯店に鞍替えされた。SABRINAも良さそうですね。シーザーサラダ好きだし。
マスターのBlogは、大なり小なり私の胃袋や舌や口の中を刺激してくれるのですよ。ふいに思い出してサブリミナル効果のように。
「バーミヤンの唐揚げタルタル、サイコーですよ」
ホラまたそう言って私の脳下垂体を刺激する。私がタルタルソースに目がないのをよくご存じですな。あ、そういう路線をUpしてるからか。
でもマヨラーじゃありませんよ。
私は氏のBlog見るまでバーミヤンとサイゼリアの区別がつかなかったくらいのファミレス音痴なのです。バーミヤンか。公用圏内にあれば行ってみようかな。本格的な中華料理までいかなくても、何処へ行っても味が安定してそうだし。
「ジャンさん昼呑みは?」
「しないですね。法事以外は」
私は基本昼呑みはしません。上大岡で夕方16時半~とか、17時~飲む時はありますが。
一杯1.jpg
一杯2.jpg
乾きもの.jpg
ダリアンは、4月中旬のさる平日の昼に海老名駅の橋上デッキを歩いていて「あ、ダリアンだ」見つけたのですが、デカい箱物のどこにあるのか結構歩くらしいのと、高崎と違って人が多過ぎてそこまで行くのイヤになっちゃったんだよな。
横浜市旭区の行政の帰りに朝鮮飯店を思い出して、鶴ヶ峰駅近くの焼肉屋でひとり焼肉を喰ったらまぁ寂しいこと。
中華料理でも焼肉屋でも最低2人いないと孤独だし、いろいろ食べれないのもある。
「朝鮮飯店ではお肉ばっかりですが、野菜食べないのですか?」
家では食べてるんだって。まぁ確かに焼肉屋で金払ってまで野菜食べないよな。
Blogの話も。
「自分のは写真中心ですから。ジャンさんはテキストが主ですよね」
それは店の紹介ではなく、そこでおきたことや、その日の人間ドラマが主体だからです。
「マスターもテキスト書けばいいじゃん」
そうなると感想文になる。地元の同業者だけに差障りがあるらしい。なので写真が主です。サイズデカいです。デジカメだって。
マスターが店内で撮ると目立つらしい。Blogを知ってる店、店スタッフもいるそうです。私は基本は非公開だから。船山と伊豆以外はね。
旅人の惑星さんの話題も出たような。
「彼は飲む店のカタログが増えましたね」
それはそこに住んでるから、いるからです。ウラヤマしいって思った。人がそういない高崎には個人で頑張ってる魅力ある店がたくさんあるからね。これが東京だったら店の数や人が多過ぎて、高崎のような店側客側のイイ関係はなかなか築けない。
二杯1.jpg
二杯2.jpg
箱を開ける.jpg
三杯1.jpg
三杯2.jpg
2杯め、3杯めと流し込んでたら予感がした。
誰か来そうな気がする。
悪い予感ではない。いい意味での予感。
私は霊感は相当鈍いですが「もしかしてあの人がそうじゃないか」とか「あの人が今日は来るんじゃないか」っていう勘働きがする時がある。
もっと強い勘は、
「お前、辞めたいんだろ?」
「今回の異動に納得してないな?」
「店長と合わないんだろ?」
こういう勘に強いですよ。外れたら外れたでいいじゃない。でもこの時の予感はもしかしたら誰か来るんじゃないかと思ったのです。金曜だし。
なので泊まりだったらもう少しいたかったのですが、椿食堂で雪椿を2杯飲んでるし、ここでこれ以上4杯目め5杯めいったら帰りが心配だ。意外と新幹線車内の気圧って酔いをマシマシにするのですよ。
なので予感を振り切って引き上げました。
謎の後姿.jpg
ASLIを出てすれ違った謎の男性の後姿。
まさかこの方が?
違うよな・・・
コメント(2)