So-net無料ブログ作成

夕暮れ椿町 [グルメ]

週末金曜18時過ぎ、椿町が薄暮に包まれるかどうかの頃合いです。
Cafeにうさぎさんがいないぞ。灯は点いているのに。
うさぎがいない1.jpg
店内には背の高い男性がいた。昨年末こっちの忘年会の解散後に立ち寄った時にもいたが、その時はまだ慣れてないようで、うさぎさんともう一人の指示で動いていた。
https://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2018-12-30
そうか。彼は店を任せられるようになったのか。
入ろうかどうしようか。彼と面識は殆ど無いしなぁ。
うさぎがいない2.jpg
私がいきなり入ったら彼はどういう反応をするだろうかシミュレーションしてみたがどうもいい結果が思い浮かばない。彼にとてって私は一見の客だからね。傍らにうさぎさんがいれば「こんにちはぁ。お久しぶりですぅ」破顔一笑の後、会話の流れで「この方(私のこと)はぁ、ここへ移転する前ぇ、羅漢町でCafeを営っていた時にぃ、前のマンションにいた方だよぉ」彼に説明して安心させるだろうけど。
彼は自分の素性なんか知らないので、自分で説明するのもめんどいなぁ。
入っちゃってもいいんだけどね。飲食店なんてどんな一見の客が来るかわかんないんだし。
「うさぎさんは?」
「遅れてきます」
その後がシ~ンとなっちゃうだろうな。何か恐々した対応をされて傷つきたくないしな。
腹も空いているので踵を返して、うさぎの相棒で独立した彼の食堂へ。
古民家1.jpg
古民家を改装した食堂です。これ築80年ぐらい経ってるんじゃないかな。
古民家2.jpg
ここ椿町は名前からも察せられるように(椿姫ってあるじゃないですか)戦前に柳川町が赤線地帯になる前は遊郭があったと聞き及ぶ。今はその名残は無いが、うさぎのCafe、灯屋、H君がいる椿食堂他、建物に僅かに昔の名残がある。
引戸を開けたらかつてのうさぎさんの相棒、H君がいた。顎に髭をたくわえてえいる。似合うじゃないか。
相方に女性アシストひとり。初めて逢う方で、あ、やっぱり私を警戒してる目つきだな。
「よう」
「あ・・・」
・・・の後、少し間があって、
「しばらく。どうぞ。時々来られてるんですか?」(H君)
「月に2度ぐらい。でも(水)(木)に来ることが多くて、あっち(うさぎ)定休日じゃん」
この食堂も(水)が定休日です。
「行ったらうさこがいなくてさ。背の高い男性がいた」
「男性ひとりですか。早い時間は彼に任せて遅れて来るのかなぁ」
棚1.jpg
棚2.jpg
この街に移転前、うさこのCafeは「You e me cafe」(ユイミカフェ、うさこの本名と、アナタと私のカフェ)だったのですが、移転してきたCafeでゲストハウスも兼ねているのですが、H君とネーミングの話になり「You e me Hotel・・・アナタと私のホテルってのは絶対に止めろよ」と言って男同士で哄笑したのももうかれこれ4年前か。
https://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2015-02-13
調度品.jpg
二人1.jpg
二人2.jpg
メ1.jpg
メ2.jpg
メ3.jpg
「店、軌道に乗ったの?」
「う~ん、まぁボチボチ何とか」
そうか。それはよかった。
この店、生ビールは無いのです。瓶ビールに、
「小盛りで悪いけど、生姜焼と唐揚げ・・・」
大きいサイズだとどんだけの量かわからないからね。
ビール1.jpg
ビール2生姜焼1.jpg
生姜焼2.jpg
生姜焼3.jpg
生姜焼4.jpg
生姜焼5.jpg
唐揚げ1.jpg
唐揚げ2.jpg
唐揚げ3.jpg

顎髭のH君.jpg
雪椿・・・小林幸子さんの歌じゃないですよ。新潟県加茂市の雪椿酒蔵です。
コップ酒です。昭和の昔は瓶ビールにコップ酒だった。洒落たグラスじゃない時代だった。
もう令和になり、昭和は更に忘却の彼方。
ポテサラ1雪椿1.jpg
ポテサラ2.jpg
やはりアシスト女性の表情が硬いなぁ。
それをほぐしたのが、私の会社携帯に搭載されてる歩測計アプリのネタ、今日は23000歩だった。
「23000歩??」
「伊勢崎で歩いたんだよね」
この伊勢崎で歩いた話、現在机上整理中なので後日Upしますが。
「結構歩きましたね」(H君)
「2000歩超えるって凄いですね」(アシスト女性)
ホウ、やっと表情がほぐれたか。
「群馬でそんなに歩く人っていないですよ」
「だろうね。くるま社会だからね」
1日の公用、外回りで結構歩くのです。MAXで27000歩で更新されてません。これから暑くなってくるので30000歩までは無理だと思う。
確かにくるま社会の群馬でそんなに歩く人はいないだろう。
酢漬け2雪椿2.jpg
酢漬け1.jpg
今も置いてあるかどうかわからないが、東京都文京区の保健所(生活衛生課)に「古民家を改修して開店される方へ」というパンフがあって、漏電、避難通路、非常口、消化器、いろいろガイドラインがあったのを覚えてる。都会の片隅にある昔ながらの家々を改装した店へ、外国人が「ホントの日本民家」を求めて来店されるんだそうな。
そういう店の前は緊急車両が通れない細い路地だったりするのだが。この狭い路地に選挙運動カーが入ってきたのですよ。うっせぇったらありゃしねぇ。
「うるせぇな。俺が追い払って来ようか」
席を立ちかけたんですよ。
「あ、いえ」
H君は私を制止して出ていった。候補者と話してるぞ。
すぐ戻ってきた。
「知り合いか?」
「ウチのお客さんで。昨日もいらしたんですよ」
「・・・」
当選したかどうかは知らない。
古民家11振り返る.jpg
「じゃぁまた来るワ」
「ハイ、そろそろうさこさん来るんじゃないですか」
その言葉を信じて覗いたらまだきてなかったのである。店内まだ誰も客がいない。その背の高い彼だけ。
うさぎがいない11.jpg
うさぎがいない12.jpg
やはり常連客はうさぎ、うさこがお目当てなのだ。遅番なのがわかってるのでしょう。そこまで滞在したら帰京できなくなるので、諦めて通り町方面へ戻りました。
椿町路地.jpg
後日うさこに聞いたら「最初からいましたよぅ」と言ってたから奥にいたのかも知れないが。
そしてこの後、微妙な(そうでもないかな)ニアミスになるのですが。
コメント(10)