So-net無料ブログ作成

春さら [さらの木]

「さら行くのに化粧しなくていい?」
ジャン妻はこの台詞がクセになってきている。
このGW中、上大岡や河より低いBARへ行く時も「化粧しないで行っていい?」って。
私がいきり立つ反応を見てるのがオモシロいんだって。こっちは「マジでノーメイクで行く気か?」と思うじゃないか。
「しなくていい訳ないだろっ。しなさい」
「だってさらだもん。誰にも会わないし」
「Mさんともうひと組のお客さんと会うだろうがよ」
「だって化粧しなくったってアタシ美しいモン」
よくヌケヌケとよくそういうことが言えるよな~。
何だって?ノーメイクでも美しいってか?
ここで全否定したらタイヘンなことになるので、言葉や比喩を慎重にしないと。
「だいたい旅行というのはイベントだよ。ノーメイクはイベントに連れて行く私に対しても失礼だよ」
それにトシを考えろって。
ところが。
出迎えてくれたMさんは・・・。

イン前待機中.jpg
14時半に着いてチェックインを待っているところ。
「まだかよ~」(プチ)
プチ公はブツクサ言ってる。ドライヴの御守この子を載せてから違反はあるけど無事故なのだが。口が悪い。私より悪い。
「ちっと着くのが早かったんでないかい?」
平日空いてた。渋滞無かったし。
連休前の(金)です。退位、即位の儀で、祭日の間の平日を休日にする前から押さえておいたのです。結果11連休になっただけです。
実はこの時、隣にもう一部屋のお客様がいてMさんに電話したらしいのだ。「休憩中だそうです。ちょっと出てきます」と言い置いてくるまを出されてどっかへ行かれた。
しばし待った。
さら1.jpg
さら3.jpg
さら4.jpg
さら5.jpg
15時少し前になってMさんが出てきた。ノーメイクじゃないか!!髪もバサバサだし。
何やってたか。休憩してたのです。Mさんは仕入れから戻ってきてから、チェックインの15時までは休憩中で横になっているのです。
「お電話いただいたもうひと組の方は?」(Mさん)
「どっか出てっちゃいましたよ」
「プチはくるまの中にいる」(プチ公)
「来なさいっ」(ジャン妻)
五十路女性の後姿1.jpg
同世代の女性2人が宿敷地内を歩いているところ。
ウエルカム1.jpg
湯.jpg
曇り空1.jpg
曇り空2.jpg
今日の伊豆高原は曇り空。夜半には雨も。
贅沢で退屈な時間が流れて行く。外が薄ら寒いだけに宿の中の灯が暖かく感じる。
少し眠った以外は何もしないで、何もすることもなくディナータイムになった。
生飲ませろ.jpg
前菜1.jpg
野菜の種類が多いですね。
前菜だけで、蕪、アスパラ、エンドウマメ、白菜の芯(チーズが載ってるヤツ)、赤ピーマン、パブリカ、ズッキーニ、シイタケ、ニンジンスライス、オニオン、カリフラワー、角っこにある葉っぱ、刺身のツマの大根、紫蘇、パセリ・・・。
仕入れ、買い出し、仕込みがタイヘンそうだ。
前菜2.jpg
前菜3.jpg
前菜4.jpg
前菜5.jpg
前菜お引越し1.jpg
前菜のお気に入りから、白ワインや日本酒の肴になるものを小皿へ移したとこ。
前菜お引越し2.jpg
刺身1.jpg
刺身2.jpg
刺身3.jpg
刺身4.jpg
刺身5.jpg
もう年齢がここまできたので、パエリア、ブイヤベース、アヒージョといったスーパーヘビー級の海鮮料理は避けてもらって、ホタテのグラタン、ホウボウの焼き物とか。
ホタテ、ちと食べ難いのはくるくる回転しちゃうんですよ。
「これ、貝殻がクルクル回るんだけど」(ジャン妻)
貝殻の下に塩を盛るのももったいないしな。セロハンテープで留めましょうよ。
ホタテ1.jpg
ホタテ2.jpg
ホタテ3.jpg
ホウボウ1.jpg
ホウボウ2.jpg
サザエ1.jpg
サザエ2.jpg
和の肴の数々。あれ?いつもの木目調のタイルじゃない。お盆になっちゃった。
和1.jpg
山菜、フキノトウ、デっかいタラの芽は船山温泉の山菜を凌駕するものであった。こんなデカくて長い山菜をよく均等に揚げられるものですね。
菜の花グリーンソースも美味しい。
和2.jpg
和8.jpg
和4.jpg和5.jpg
和6.jpg和7.jpg
酒と塩辛.jpg
ステーキの下にはスライスした蕪、そして私がうるさく出せ出せ言うキャベツは千切り以上に小さく細かく切り刻んである。鼻息でフッとやったら吹き飛びそうである。
ステーキ1.jpg
ステーキ2.jpg
ステーキ5.jpg
キャベツ1.jpgキャベツ2.jpg
ステーキ&ローストビーフに添えられた菜は、サラダ菜、菜の花の茎、スライスしニンジン
ロ1.jpg
ロ2.jpg
ロ3.jpg
でもやっぱりさらは動物性蛋白質の宿なのです。Mさんお肉好きだし。
野菜の種類は多いね。でも1日に必要な野菜を摂取した感は薄いな。それは私が野菜炒め、鍋、野菜たっぷりタンメン、野菜トッピング、そういう路線で野菜を家畜のようにワシャワシャ喰ってるからだと思うが。
Mさんが後ろ足で去った後.jpg
両手に空いた皿を持って、後ろ足で引戸を開けて入ってったところ。
Mさんが厨房へ消えた後で、
「足癖の悪いオンナだなぁ」
「引戸のどっかに取っ手をつけて、さりげなく開けれるようにすればいいのよ」
「ピタゴラスイッチでいうところの、こんなのところにこんなものが、かい?」
「そうそう」

ジャン妻のPadで、昨年の今日何処で何を食べたかをチェックしてたら、何と昨年の今日もさらに来ていたことがわかった。
五十路女性2人.jpg
酒たち.jpg
ビール1本、生ビール1杯、白ワインボトル1本、日本酒正雪4合か。飲めなくなったな。
40代後半はこれに赤ワインフルボトル1本空けてたんですがね。

夜1.jpg
夜3.jpg
夜2.jpg
夜4.jpg
夜5.jpg
夜6.jpg
夜7.jpg

夜11.jpg
夜12.jpg
夜13.jpg
夜14.jpg
夜15.jpg
夜16.jpg
夜17.jpg

夜21.jpg
夜22.jpg
夜23.jpg
夜24.jpg
夜25.jpg

夜31.jpg
夜32.jpg
夜33.jpg
夜34.jpg
夜35.jpg

夜37.jpg
夜36.jpg
夜38.jpg
夜39.jpg

夜41.jpg
夜42.jpg
夜43.jpg
夜44.jpg
夜45.jpg

夜51.jpg
夜52.jpg
夜53.jpg
夜54.jpg
夜55.jpg
夜56.jpg
夜57.jpg
夜58.jpg

二次会1.jpg
二次会2.jpg
二次会6.jpg二次会8.jpg
ドライヴの御守であり、このBlog公認キャラのプチ公は、デザートと酒肴を運んで来たMさんに例の如く突っかかった。Mさんにアタマをギューッと押されたからです。
「おのれ女将め。いつもいつも男の面体を」
「コレッ女将とは何ですっ、Mさんと言いなさいっ」
「子供扱いしやがって」
実は成人した大人なのです。小さいから子供に見えるだけ。酒も少し飲めます。でも小さいからすぐに酔って寝てしまうのです。
「詳しく解説せんでいい」
Mさんはプチの相棒、犬のヴィー(TOYOTAVISTAが長年のディーラーで、そこで手に入れたから)にも声掛けしてたな。
「この子(ヴィー)はプチの子分?動じないのね」
プチはムッとした。子分は動じないのね、イコール、自分はすぐにカッとなると言われたようなものだからである。そpれが癇に障ったらしい。
「うるさい子だのう」(ジャン妻)
「ムカッ」
二次会4.jpg
二次会5.jpg

夜61.jpg
夜62.jpg
夜64.jpg
夜63.jpg
給湯が停まったら眠りに落ち、給湯が始まったら目が醒める。すぐ外が明るくなる。
朝湯.jpg
サラダ1.jpg
サラダ2.jpg
朝も野菜の種類が多い。
サラダ菜、クレソン、トマト、レタス、アボガド、スライスニンジン
サラダ3.jpg
サラダ4.jpg
サラダ5.jpg
サラダ6スープ1.jpg
ニンジンのポタージュスープだったかな。
スープ2.jpg
スープ3.jpg
スープ4.jpg
スープ5.jpg

プレート1.jpg
プレート2.jpg
「このキッシュ、ボロッボロ崩れて喰い難いんだけど」
「アタシはフワフワよりキッシュの方が好きなのよっ」
ビジホの朝食バイキングにあるバターたっぷりスクランブルでいいのに。
キッシュにトマト、ピーマン、
プレート3キッシュ.jpg
グリル野菜にジャガイモ、ニンジン、オニオン、菜の花
プレート4御殿場ソーセージ1&グリ野菜.jpg
プレート7御殿場ソーセージ3.jpg
御殿場ソーセージに自家製燻製ベーコン、
このソーセージ、チョリソーだったんですよ。当然、辛いわけでさ。
辛いねこれ。でも朝からチョリソー?
「チョリソーだね」
「これはビールだよなぁ」
プレート9ベーコン2.jpg
プレート5リゾット.jpg
自家製パンの中にそれかひとつ、餡パンが混じっています。
朝から餡パン?持ち帰りました。
パン.jpg
ヨーグルトとデザートが苦手で、デザート不要論の私は、グリルプレートとリゾットを平らげたら部屋に戻りたいんだけど。
「鍵かせ」
「ダメッ」
「先に部屋に戻る。デザート要らない」
「Mさんの気持ちを何だと思ってるのっ。これなら食べられるかな、食べてくれるかな、って考え考え出してくれてるんじゃないっ」
フルーツ&ヨーグルト.jpg
フルーツ.jpg
ヨーグルトは苦手なのです。美しい内容ですみませんが、前夜のディナーで、肉、ソース、ガーリック、それらが効いて、いい意味で自然に押し出そうとするのをヨーグルトが抑制しちゃうんですよ。逆にお腹が痛くなっちゃうのだ。
「身体にいいのに・・・」(哀しそうなMさん)
身体にいいったって、苦手なものは苦手なんだよ。
珈琲.jpg

チェックアウト前の湯.jpg
「そろそろ出立か?」
ムクリ.jpg
ムクリと起き上がったプチ公(ドライヴの御守)
振り返る.jpg
ではまた.jpg
今回のさらの収穫はスッピンのMさんを見れたことかな(笑)
次回はおそらく灼熱のさら。去年は暑かった。外気温より湯の温度の方が低かった。
今年も暑そうだな。
コメント(0)