So-net無料ブログ作成

真っ赤な大新 [ラーメン]

平日駅前.jpg
鎌倉駅前ロータリーです。
鎌倉って春先になると毎年のように雑誌で特集が組まれますよね。
海があり、低い也に山があり、自然があり、古都でもあり、カフェ、レストランがある街の玄関口だからです。見るものたくさんある。
平日1.jpg
でも私鎌倉が苦手です。嫌いとかじゃなくて駅前に人が多いからかな。歩き難いったらありゃしない。外国人が多いとかではなく国籍に関係無く人が多いね。
(私は外国人にそれほど偏見は無い方なのです。)
観光客や団体、グループ客が流れを阻害するというか。改札を出ようとしても出られない時があるし、改札を出たら観光客や団体客の待ち合わせ場になっているし。
かきわけて除けて通らないといけない。何でこっちが譲らなきゃならないんだ。
でも人数多い方が強いからね。
平日2.jpg
私は観光客じゃなくて公用で来ています。あ、あしなやさんが定休日か今日は。忘れてた。(水曜定休日)
店内に業者を入れて床清掃をしてたね。
休みかぁ.jpg
この店でもまぁいいのだけど。鎌倉だけど浅草??
https://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2016-04-18-3
ここもまぁいいのだが.jpg
でもまだ10時30分過ぎなので、まずは海岸方面にある行政に出向いて公用を済ませました。そして駅に引き返す途中で思い出したのが、鶴岡八幡宮へ伸びる参道、若宮大路を歩いて、駅と反対側に渡って、鎌倉市農協連即売所、鎌倉中央食品市場の端、焼き鳥の秀吉の隣にある赤い壁の店です。
鎌倉で新規店を開拓するのってめんどくて。過去に行った店ですがあの店にしようと。
歩いてたら青空の下、真っ赤な外観が見えてきた。
平日3.jpg
赤い店1.jpg
赤い店2.jpg
2017年以来です。
https://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2017-02-08
久々なのでメニュー載せます。
ボード.jpg
メ1.jpg
メ2.jpg
グランドメニューは変わり映えしないね。他、新モノが1枚メニューで置いてあった。
メ3.jpg
メ4.jpg
メ5.jpg
前と同じく座った路地側のカウンター席にいると目が赤く染まった気がする。
店の壁も赤、暖簾も赤、テントも赤、カウンターも赤、この席に座ると赤々しいのです。
赤いカウンター.jpg
店内.jpg
オーダーしたら鍋を振るう音、炒める音が聞こえた。あっと言う間の着丼である。2分ぐらいで供されましたよ。
ラ1チャ1.jpg
ラ2.jpg
ラ3.jpg
ラ4.jpg
ラ5.jpg
中華細麺、少しやわらかめ。柳麺といっていい。
鶏ガラスープ、薄味です。ガーンと来るものはない。でも今の私には優しい味で美味しかったのだ。
湯気がモワァ~ン。
ラ6湯気.jpg
湯気を吹き飛ばします。
ラ7湯気を吹き飛ばす.jpg
あれっ??
チャーシューではなくて豚バラ肉でしたよ。前もそうだったかなぁ。
ラ8.jpg
メンマ、刻みネギ、ホウレン草が少し入ってます。
まぁオーソドックスで落ち着いた味、加減ですよ。特別バカ美味じゃぁないですが。
カウンターが真っ赤だから光が反射してラーメンスープまで赤く見える。唐辛子系の辛いラ-メンみたいだ。
ラ9.jpg
セットのハーフチャーハンも至って普通です。ハーフより少し多い気がする。
味や塩加減がまだらでなく、ダマも無かったし。
チャ2.jpg
チャ3.jpg
さて、ここで余談です。数字を並べます。

13365
10814
25907
13499
14952

10589
19512
21814
19454
17976

20004
17888
23311
15415
25016

何の数字か。歩測計の数値です。今年になって支給された会社携帯にアプリで歩数計が搭載されていて、持って歩くと歩いた歩数が表示されるのです。外回りの多い私は多い日で25000歩を超えた日がある。それがこの鎌倉市をウロついた日だった。
鎌倉の赤い店に来たのは、上から3番目の日、MAX25907歩いた日でした。鎌倉市内で行政と現場を2往復して相模原市内でも行政と現場と往復したらそんな数値になったのです。
鎌倉駅~行政までも遠いのですが、ウチの鎌倉市内の現場はバスの本数が少ないのです。それでも1時間に4本ありますが、この15分間隔がミソで、15分待つぐらいなら歩いてやれって気になるのです。
あと渋滞するんですよ。ダイヤ通りにバスが来ないんだよね。なのでつい歩いてしまう。
私は健康の為と胸張って言いますが、
「そんなに歩かないでよ」(ジャン妻)
「そういうわけにはいかない。出歩かないと完結しないんだから。でも30000はなかなかいかないなぁ」
「止めてっ!」
今はこの鎌倉市内を歩いた日の歩測数を更新しています。27000歩に到達してそこで季節柄、暑くなってきたのでそれ以上無理するの止めました。
「アナタにこういう数字が出るもの(歩測計)を与えるとダメね」
赤い店3.jpg
さて、もう1譚です。
カリーラーメン?.jpg
カレーラーメン??
日本人はカレーとラーメンにHEART AND SOULを動かされやすい。私もそうである。
ですが、カレーラーメンというジャンクヌードルは店によってはキケンを伴う。
具が全く無くて、スープがカレールゥのベシャベシャでしかなかったり。
濃すぎたり、薄かったり。
丼一面のスープの真ん中だけベチャッとカレーが載っていて、丼の縁はカレーじゃなかったり。
写真メニューが無ければオーダーしなかっただろうな。
カレーラーメンと半ライスセット。セットにすると、ミニサラダとスープが付いて来るらしいのだ。別ニスープは要らないけどさ。そしたら店のオバだんがこう言ったものである。
「セットだとスープが付いちゃうので。ラーメンにスープつけるのオカシくない?」
別に構わないだろうがよ。何かヘンかい?
「ああ、そうか。じゃぁ普通の小ライスでいいや」
そしたらその後のオバちゃんの仕草がよくない。私を「ヘンな人」とでも笑うように、ニッと笑って小首を傾げたのである。
私はややムッとした。このババァって思った。これが「あしなや」さんで麺類にミニ丼つけたら「スープおつけしますか?」って聞いてくれるし、タンメンのような塩味だったら「醬油スープと2種類味わえますよ」なんだけどな。オカシくない?なんて言わないよ。
まぁいいや。しばし待ちます。あ、横須賀線が走ってる。この日は人身事故でダイヤ乱れたんですよ。
大新3.jpg

カ1.jpg
カ2.jpg
キャベツ、モヤシ、ニラ、他、野菜がドッサリ載っていた。赤い髭まで載っているのか。
カ3.jpg
やっぱり目に映るもの全てが赤々しいですね。カウンターが赤、窓に貼られた太いフォントの店名も赤、私の視野、瞳孔に映るイロが赤赤、赤、赤が占めているので、カレーに見えないのだ。担々麺系に見えるぞ。
目を逸らしても赤だし。
大新2.jpg
赤い髭が載ってるので余計に担担麺系に見える。
カ4.jpg
まずスープをひとくちズズッとすすったらなるほどカレーの味で、マイルド、辛過ぎない。
粘度もまぁまぁ。CoCO壱のように水っぽくないし、ドロッと過ぎてもいない。
問題はヌードル、麺なんですよ。箸で引きずり出したら、
カ5麺1.jpg
ダマになってるんじゃないけど、細麺にカレースープがベッタリついて、凄い粘度で離れないのだ。ほぐれないのだ。
カ6麺2.jpg
50肩と肘が疲れたので、いったんあきらめて戻したところ。
カ7麺3.jpg
再度TRYした。こ~んな感じですよ。天高くリフトアップしても落ちないし切れないんだモン。
カ8麺4.jpg
仕方がないので前歯で噛み切ったら熱々でさ。
カ9麺5.jpg
食べ難いとはいえまず麺を先にある程度片付けないと伸びて大参事になるは必定なので、熱いのを、食べ難いのを我慢してカブリつきました。
先に麺を平らげて合間に野菜を摘まんでたら、野菜を細かく切り過ぎで。
箸で摘まめなくもないのですが食べるのに時間がかかってしょーがないからレンゲの出番です。もやしまで半分にカットしてあったからね。
カ10野菜雑炊かよ.jpg
カレー味の野菜雑炊の様相を呈してきたが、野菜とスープとの相性はいい。野菜から甘味が出てる。なかなかいい味してるぞ。
麺なくてもいいんじゃないかこれ。カレーちゃんこ鍋からよそったと思えばいい。
カ11終盤.jpg
終盤になって、もう麺も具も無いだろうとレンゲで底をさらうと、まだ野菜屑が出てきてたりする。
野菜と一緒にカレースープが体内に摂取されていくぞ。カロリー過多であります。
カ12まだ野菜の屑が.jpg
御馳走様を言う前に、アタマの天辺から汗が噴き出てきたので、ハンカチでアタマを拭きました。そしたらオバちゃんが店の扉を少し開けてくれた。
幸いグラスの水は氷入りです。ペットボトルの水も用意してあったのでそれを注いで喉を湿らせたよ。
大新4.jpg
アタマを拭き拭きレジに歩いたら厨房側は冷えてやがるんですよ。エアコン効いてるの。
「こっち涼しいじゃんか」
「アラごめんなさい、アタシこっちの涼しい場所にいたから気が付かなくって」
「全然温度が違うんだけど」
「空調の向き変えないといけないわね~」
私が出てった後に入って来た客は涼しかったと思うよ。

今日も大新は真っ赤・・・でもないな。3回めの訪問は1回めと2回めに背後のテーブル席で出ていた焼きそばをいただいた。カウンターだと背後のお客さんの料理が全く見えないので、どんな焼きそばか見てません。ソース焼きそば、あるいは炒め系を想像したのですが。
焼きそば1セット1.jpg
出されたものはソース焼きそばや炒め系焼きそばじゃなかった。五目・・・ではないけど、立派なあんかけ焼きそばです。
これじゃぁ先に具を食べて麺だけにして、具無し焼きそばにするという私の定法は活用できない。具も麺も一緒にいただくしかない。
焼きそば2.jpg
焼きそば3.jpg
焼きそば4.jpg
焼きそば5.jpg
熱々熱々熱々熱々熱々です。でも美味しい。これは美味しい。なるほどバンバン出てるのも頷ける。
湯気がモワァ~
焼きそば8野菜2.jpg
具がアッ熱ぃ~
焼きそば9重たい1.jpg
焼きそば10重たい2.jpg
麺がダマァ~
焼きそばまで麺がダマなんだよね。ゴソ~ッとリフトアップされた。
焼きそば6ダマ.jpg
セット2サラダというかモヤシ.jpgセット3スープ.jpg
敢えて半ライスセットをオーダーしてやったよ。前回カレーラーメンの時に拒否られたからさ。
でも今日のオバちゃんはそん時のオバちゃんじゃなかった。チクショウ。
メニューにはサラダ付と書いてありましたが、サラダというより単にモヤシポン酢です。酸っぱいので苦手です。でもこの酸味のせいで、焼きそばがまた食べたくなるから不思議だ。
焼きそば11終盤戦.jpg
焼きそば12スープ焼きそば?.jpg
最後の方はスープ焼きそばの様相を呈してきた。この残りの具を摘まんで食べるのがタイヘンな作業です。
過去にこの残ったスープを飲み干そうとして皿を持ち上げ、口に持ってったらタイヘンな悲劇を演出したことがあるので止めといた。
今日も赤い2.jpg
ではメニューにもうひとつある五目やきそばとどう違うのだろうか。
私は屋台風ソース焼きそばイコール具が少なめを好みますが、五目焼きそばイコール具が沢山ないとイヤなヘンな人でもある。
だが大陸の人が営っている中華料理店と違って日本人のオヤっさんが営っている街角中華の五目焼きそばってハズレる時がある。知らずに注文するとアンカケじゃないケースがあるからだ。単なる炒め焼きそばで、具が五種類以上あればいいというもの。
私も過去にハズした時がある。炒めた焼きそばの上に、カニカマ、カマボコ、冷えたウヅラ、そんなのがテキトーに乗っかってたりしたからね。
あんかけかそうでないかを知る必要があるのです。それによって具が変ってくる。カニカマやカマボコなんて要らないよな。

かた焼きそばも殆ど食べないですね。注文して出て来るまで麺の太さ、細麺か太麺かがわからないからです。(聞けばいいんだけど)
かた焼きそばイコール揚げ焼きそばでもあるので、太麺だと胃がもたれます。中華鍋で細い麺をグルグル廻しながら焼き付け、焦げ目が少しあるのがいい。
6月初旬に放送された「TBS噂の東京マガジンやってTRY」、あれは「何故女子ばかり笑い者にするのか」という批判を受けてか、今年になってからTRY娘だけでなくTRYボーイズも登場するようになったが、五目焼きそばが取り上げられてたのをジャン妻と見たの。見ながら私也の五目焼きそば論を滔々と話して聞かせたらジャン妻はウルサそうに聞いていたな。
五目1.jpg
五目2.jpg
五目3.jpg
エビッ!!
五目4エビ.jpg
イカッ!!
五目5イカ.jpg
白菜ッ!!
五目6白菜1.jpg
デザインカットされたニンジンっ!!
五目7ニンジン1.jpg
麺をゴッソリ、リフトアップ!!
五目8麺1.jpg
五目9麺2.jpg
白菜もう1枚っ!!
五目10白菜2.jpg
タケノコっ!!
五目11タケノコ.jpg
デザインカットされたニンジン数枚っ!!
五目12ニンジン2.jpg
ピーマンっ!!
五目13ピーマン1.jpg
五目14ピーマン2.jpg
もやしだらけの焼きそばより遥かに具が豪華になった感がしました。
でも外に出てボードを見たら愕然とした。
ボード.jpg
炒め焼きそば!!
シマッタ、こっちを先にすればよかった。
今日も赤い1.jpg
大新1.jpg
今日も大新は真っ赤です。
いつ来ても真っ赤。
青い夏空の下、赤い店が映える。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。