So-net無料ブログ作成

かさや6 コロッケカニクリーム [グルメ]

メトロ東西線が妙典駅に差し掛かる頃合いです。私はロングシートの座席から立ち上がった。
東陽町から徒歩10分圏内で公用を済ませた帰途です。時刻は13時になろうとしていた。
妙典駅に近づいたところ.jpg

妙典駅1.jpg
歩く1.jpg
歩く2.jpg
晴れそうで晴れない曇り空の下、静かな路地を歩きます。
そのうちカレー臭が漂ってくる。一軒あるカレーハウスはいつも繁盛しているようです。向こうの国から渡来して来た人は勤勉なところがあり、11時定刻きっかりに開けます。こういう住宅地でカレーの香を漂わせて営っていくからには、店側がその地、その場所に馴染む努力をしているのでしょう。
歩く3.jpg
いつか来てみようかな。いや、やっぱ素通りしてかさやさんに行ってしまうかな。
カレー臭が去ってまだ先へ。
寒いなチクショウ。

あれ?この辺りに立っている幟が見えないぞ。まさか臨時休業じゃないだろうな。
歩く4.jpg
あ、大丈夫だ。赤いテントに暖簾が出てる出てる。
赤いテント1.jpg
赤いテント2.jpg
赤いテント3.jpg
赤い暖簾に白い文字.jpg
引戸を開けたら誰もいない。ピークは過ぎた頃合いだろうか。
ボード.jpg
ホワイトボードに書かれたメニューを注視する。
よしっ、決めたっ、今日はコロッケカニクリーム定食でいきます。
東西線に乗る前、他所でソソられるランチメニューを振りきってここ、かさやへ来ましたが、来る途中で「アジフライとどっちにしようか」と迷うハメに。
グランドメニューにはカツライスなんぞもあるのですよ。でも別に街中華に無くてもいいコロッケカニクリームとはいかなるものなのか。そっちにソソられた。
コロッケカニクリーム?何だか名称がヘンだね。普通のコロッケとカニクリームコロケの2種類なのか、コロッケとカニクリーム、揚げてないでホントにカニクリーム、具だけなのか興味のあるところであります。
そういうメニューが過去にあったのですよ。静岡の廃屋酒場・紀尾井さんではカニクリームコロッケの具をグラタン風にしたものが稀に出ます。
店内1.jpg
店内2.jpg
店内、誰もいない。若にやんわりと追い立てられるようにお爺さんが2階に上がっていったがご先代だろうか。ということは祖父の代から3代続いているのかも知れない。
厨房から揚げ油の音がする。
メ1.jpg
ここへ来る1時間前、ときどき行く居酒屋の日替わりランチボードに「ひとくちヒレカツ定食」とあったんですよ。それに惹かれて惹かれて吸い寄せられそうになって困った。
今日は今から行くかさやさんのホワイトボードに書かれているあれ、未だ見ぬコロッケカニクリーム定食(原文のまま)にしようと決めて出てきたのですがその途中で葛藤に陥った。ヒレカツとコロッケのせめぎ合いになったのだ。人生の岐路に立たされたようで真剣に悩みましたよ。それを振り切ってもまだ後ろ髪を引かれたね。(後ろ髪無いですけど。)
結果、かさやさんのコロッケへの想いが勝ったのです。
その居酒屋ランチ、ひとくちヒレカツは前に食べたことがあるので。衣がやや厚いガシガシした食感だった。今日は江東区へ、それもメトロ東西線に乗るルートはそうそう無いので振り切りました。
整然と置かれる1.jpg
いつ来ても整理整頓された店内である。
それは若が並べたこれらの置き方にも表れる。
ソース、マヨ、ドレが置かれました。前に餃子をオーダーした時もそうでしたが、調味料が整然と横に並べられるのです。これは親御さんの教育がしっかりしてるのか、若が几帳面な性格なのか。
整然と置かれる2.jpg

コロッケカニクリーム定食1.jpg
コロッケカニクリーム定食2.jpg
ワカメの味噌汁.jpg胡麻和え.jpg
コロ1.jpg
コロッケカニクリーム定食が登場です。コロッケが3個、鎮座しております。
衣はガシガシか、サラッと薄くカサカサか、どちらかといえば後者かな。
コロ2.jpg
コロ3.jpg
コロ4.jpg
コロ5.jpg
コロ6マヨ1.jpg
コロ7マヨ2.jpg
割ってみた。あ、普通のコロッケだ。
コロ8割ってみたらコロッケだった.jpg
真ん中のを割ってみったら、あ、カニクリームコロッケだ。
コロ9割ってみたらカニクリームだった1.jpg
右端のも割ってみたら、あ、これもカニクリームコロッケだ。
コロ10割ってみたらカニクリームだった2.jpg
クリームクリームしてます。トロ~リ、そりゃカニの身なんて入ってないですよ。無くていいの。
味変も楽しみます。マヨがボトルの先っぽからちょろちょろと細~く出てきた。
衣の厚さに負けてクリームの具が少ししかないってこともないです。しっかりあります。
美味しいけど居酒屋のカニクリームコロッケですね。洋食屋のものじゃないです。そこは割り切らないとな。
ただ、ご飯がススまない。ノーマルなコロッケはまだしも、カニクリームコロッケってご飯のおかずにならないもんですね。
でもこのタイミングで肉野菜炒めのようなものを追加オーダーするのも野暮で無粋だし、それをやったらコロッケが炒め物に負けてしまう。コロッケの余韻が消えてしまう。
マヨネーズを多めにかけてみるか。
コロ11ベチョッ.jpg
あ~っ、ベチョッとやってしまったぁ~っ。
マヨネーズボトルの先にある透明の蓋を開けたつもりが、ボトル本体の白い蓋を開けてしまったのだ。
でもこれで一気にご飯がススんだぞ。
赤いテント11.jpg
赤いテント12.jpg
妙典駅11.jpg
女将さんが深々とコウベを下げて見送ってくれた。私なんかに。ご馳走さまでした。
この日の翌日のこと、上役に言われたのが、
「江東区の〇〇についてお願いしていいですか?」
私はいいですよと請負った。その案件だと江東区の某行政へ最低4回足を向けることになるのです。すなわち東西線乗車回数が増えるのだ。こりゃラッキー。その過程でかさやさんに来て未だ見ぬ幾つかのメニューを平らげる楽しみが増えたぜ。
コメント(4) 

コメント 4

佐奈田堂

うわ!かさやさんにまたいらっしゃったのですねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
すげぇ行動力wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
恐れ入りました!m(__)m
はいそうです、今のご主人は二代目ですw
by 佐奈田堂 (2019-01-31 14:44) 

船山史家

佐奈田堂さんこんにちは。
最初の頃は遠く感じましたが今はそうでもないですね。
人混みも無いし歩いてても快適です。静かな街だし。
いつも思うのは店内が整然としていること、調度品や雑貨類が四角く並んでいること、狭いけど壁面積を有効に使っていること、などなど。
次は何にしようかな。辛い系、酸っぱい系以外で。
今宵は雪になりそうなので早く帰ります。
by 船山史家 (2019-01-31 18:36) 

千葉の住人

初めてコメントさせて頂きます。
ショウさんのブログを参考に、たまに高崎で飲み歩きしています。
ショウさんへの以前のコメントリンクから時々ブログを拝見しています。
昨日、昼頃に東西線沿線におり、思い出しました「かさや」さん。

行ってしまいました(^^)
THE昭和!!町中華!!な感じ良かったです。
大井町にあった中華そば天宝(多分閉店)を思い出します。
単品でラーメンと野菜炒めを注文。
ラーメン450円は安い!旨い!でした。

美味しい情報ありがとうございました。
by 千葉の住人 (2019-02-06 12:42) 

船山史家

千葉の住民さんこんばんは。
ハイ、旅人の惑星さんのところで存じております。自分は7年前に1年間、懲罰人事で(冗談です)群馬に飛ばされてました。現在もだいたい月イチペースで出張しております。私が居た頃と比べて大分、新旧交代が進んでいる感がありますが。
かさやさんに行かれましたか。あの距離を歩かれましかたか。
近年駅前に大手チェーン店が君臨してどこでも同じ安定した味とはいえ寂しい感がします。個人経営、赤いテント、赤い暖簾に白い文字、昔ながらのメニューディスプレイ、そういう店に惹かれるのですが、入ってみたら店の外観も内老も老朽化、後継者不在、腕は枯れて腰が曲がり、しばらく足が遠退いて久々に来たらクローズしていて、ショック受けてスゴスゴ引き返すことになりますが、かさやさんは後継者がいるので大丈夫、今後も応援したいです。食べて残そう街中華です。
今日東西線に乗車したのですが(水)は定休日なので断念しました。
またお出でくださいませ。
by 船山史家 (2019-02-06 19:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。