So-net無料ブログ作成

茶色い茶そば [居酒屋]

店1.jpg
「今どこ?」(ジャン妻)
「これから藤沢市の〇〇店に寄ってから上がり。19時かな」
「じゃぁ大船行かない?」
「大船?」
「明日からの出張に持ってく手土産を買いたいのよ」
出張先の手土産にかこつけて家の台所に立ちたくないらしいな。まぁ今の時期ウチの台所は寒いのです。25年ローンは完済したが、今日までエアコンが無いままです。
ジャン妻は平日の中日(水)(木)の出張なので、その前の(日)の買い出しは少なく抑えたから冷蔵庫の中にはロクな食材がない状態なのだ。
大船駅南改札で待ち合わせ。改札正面にある大船ルミネウィングの鎌倉小川軒でレーズンウィッチとやらを購入したが、このお菓子は冷所保存なので保冷剤も。
「明日の出張先まで持つのかそれ?」
「大丈夫。家に戻ったらすぐ保冷剤冷やさなきゃ」
店2.jpg
店3.jpg
いつもの最初の膳.jpg
ししゃも.jpg
テーブル席は満席だがカウンターは空いていた。皆さんこの店が大好きなのです。
混んでます.jpg
若.jpg
もう1月後半ですが、マスターや若、バイトの子たちと「今年もよろしくお願いします」を交わします。この時に相手を見下さいで丁寧口調で挨拶するのが私のいいところ。←あまり言ってくれないから自分で言います。でも上大岡でも言われたんですよ。「〇〇さん(私のこと)は他のお客さんと違いますね。店の女の子をからかったりしないし」
大皿1ポテサラ1.jpg
大皿2.jpg
マカロニ3.jpg
大皿にポテサラ、チーズ入りガンモ、マカロニサラダ、煮込み、ロールキャベツなどなど。
ポテサラとマカロニサラダを併せ盛りにして貰おうかな。
「たまにはマカロニサラダなんて如何ですか?」
若はそう言うが、その台詞は売上を上げようという若の魂胆、営業戦略だったのを後で知ることになる。
マカロニ1.jpg
マカロニ2.jpg
ロールキャベツ1.jpg
白いロールキャベツです。中身はハンバーグじゃなくて、
「中は肉じゃないんだね」
「海老真薯だったかな」
ロールキャベツ4.jpg

イワシメンタイ1.jpg
イワシの明太子挟み焼き。
これは在庫処分の意味合いだな。おそらくイワシ1匹をそのまま炭火焼きにしたがオーダー出なくて、アシが付いちゃわないウチに明太子を挟んで変り風にしたんだよ。
イワシメンタイ2.jpg

煮込み1.jpg
煮込み2.jpg
煮込み3.jpg
煮込み4熱燗グラスビール.jpg
定番のチョイ辛の牛筋煮込み。熱燗オーダーしてあるけど生ビール小を頼んだりして。
最初にオーダーしたのに熱燗に移行したのを見てから煮込みを出すんですよ。ちょい辛いから〇〇さん(私のこと)のことだから過去のパターンからして生ビールをもう1杯飲むだろうと。その分の売上を上げようとする戦略ですね。どっかの港区の黒板の店みたいだ。
この店は串焼き意外は大皿なので、そのまま出されるか、軽く温めるだけでサッと出るんです。私らが通っている居酒屋でいちばん料理の提供が早いんじゃないかな。

大皿3ポテサラ2ベーコンがそそる.jpg
目の前にポテサラの大皿があるのですが、あろうことか刻んだベーコンが幾つかこっちを向いてるんです。
さっきマカロニサラダと合い盛りにしようとしたけど、その時マカロニサラダだけすすめられたのは、私らがそのうちポテサラをオーダーするのを若は知っていて、2種合い盛りだとひと品分儲からないからですよ。そしていつの間にかベーコンがある側を私に向けて、
「さっきからこっち向いてるベーコンが気になるんだけど」
「いきます?そのベーコン、〇〇さん(私のこと)を呼んでるんじゃないスか?」
「そういえばさっきマカロニを先に薦めたよね。それでいてこのベーコンを私に向けて追加でオーダーさせようと」
「そうっス、笑」
ベーコンの山を削りとったところ。磐梯山みたいだ。
大皿4ポテサラ3ベーコンを持ってった跡.jpg
そのベーコン入りのポテサラのヤマは私の前の小皿に。
ポテサラ4.jpg
ポテサラ5.jpg

サザエ1.jpg
サザエ2.jpg
サザエ4.jpg

サザエガーリック、トースト付。
ジャン妻はキモを探しまくっている。
サザエ6.jpg
サザエ7.jpg
サザエ8.jpg
サザエ9.jpg
「何でさらの木のサザエには肝が入ってないのかしらねぇ」
そう。大抵入ってないんです。衛生上の問題だろうか。
「Mさんが喰っちまうんじゃないか」
「あ、あった」
私も肝はジャン妻にあげた。
サザエ10.jpg
「ガーリックがたくさん浮いてるけど大丈夫?」
そうなんです。翌朝の快腸なことったら。
サザエ5.jpg
「茶そば頼んでいい?」
「いいけどアタシは食べないよ。もうお腹いっぱい」
若に茶そばをオーダーしたら、お品書きの札には茶そばとありますが、お茶色、緑色のそばではなくて普通のそばだという。
そばが茹であがる間にマスターに焼いて貰ったタコ。
タコ.jpg

茶そば1.jpg
茶そば2つゆ.jpg
茶そばです。お茶そばではなく単に茶色いそばだったのです。何てオチだ。
しかも指先でちぎった海苔がバラバラと無造作にかかってるし。
茶そば3.jpg
茶そば4.jpg
茶そば5.jpg
「そばちょっとちょうだい」
さっきは食べないって言ったクセに。
茶色いそばをズルズルすするジャン妻である。
そばをすするジャン妻である.jpg
背中にとのやま.jpg
背中にとの山か・・・。
「高崎の梅ふくに買ってってあげたいなぁ」
「それだったら梅ふくって作ってあげなきゃ」
ユニフォーム.jpg
何て名前だったかなぁ.jpg
店11.jpg
店12.jpg
店13.jpg
ジャン妻がいく.jpg
コップの酒は何て銘柄か忘れましたが、どっかのリンゴを使った純米大吟醸酒でした。
ウチらは純米大吟醸は呑まないのですが。これが結構効いたのです。
ホロ酔いのジャン妻は帰宅してからサッと出張の為の着替えをカバンに詰めて、風呂あがってそのまま寝ようとしたので。
「オイ保冷剤は冷やしたのか?」
「あ、そうだった」
アブないアブない。せっかくの鎌倉土産がボツになるとこだった。生菓子なんか買っちゃダメだよ。
コメント(2) 

コメント 2

佐奈田堂

ち、茶そば、、確かに茶色い蕎麦ですね(;''∀'')
by 佐奈田堂 (2019-01-28 11:23) 

船山史家

佐奈田堂さんこんにちは。
茶色い蕎麦、餅米を塗したシウ米(マイ)、値段不明のサーロイン串焼き、人を喰ったような料理がありますが、味は確かです。大船へおいでになった時は是非。笑
by 船山史家 (2019-01-28 17:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。