So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

やらない理由 [呟き独り言]

Blogで最初っからずーっとソネブロを使っています。
それしか知らないのと、操作が簡単だし。性格的に新しもの好きじゃないのです。
ソネブロから他へ引っ越しをススメられたこともありますが、そこまでしなくてもいいかな。
最近、ソネブロで記事を更新、ストアすると、管理画面に毎回毎回表示されるのがこれ。
共有しませんよ.jpg
「公開された記事をSNSで共有しませんか?」
「Twitterで共有する」
「Facebookで共有する」
いつも「閉じる」しか押したことないです。広告もそうだが、管理画面がズレるのがイヤなんだよね。
「Twitterで共有する」をクリックしたらこんなのが出てきた。
Twリンク共有.jpg
「Facebookで共有する」だとこれ。
Feリンク共有.jpg
でもやってないのでここから先に進みようがないのですが。

自室に私とジャン妻のデスクが向かい合うようにくっついていて、私のPCとジャン妻のPCが背中合わせになってて、以下、ジャン妻との会話。
「ちょっとこれ見てよ」
上記画面を見せながら。
「何なのこれ?」
「・・・」
「いっつも出るんだよ。これって必要なのか?」
「必要ないわよ」
「何でさ?」
「アナタには必要ないでしょ。やってないんだから」
何だか冷たい言い方された。
私はこのメッセージを見て、これってやらなきゃいけないものなのか、やった方がいいのかと思っていて聞いたのにさ。
このメッセージにあるFacebook、Twitterはやってません。周囲にやってる人は見たことがあるが。
これらを総じてSNSというそうですね。
「・・・SNSって何?」
「自分で調べなさい。でないと理解できないわよ」
また冷たい言い方された。調べてみたら、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で、へぇ~いろいろあるぞ。聞いたことないのもある。、
「へぇ、Facebook、Twitter、Instagram、LINEとかもそうなんだ・・・」
「・・・」
「俺は何ひとつやってないぞ」
「・・・」

ジャン妻が私の問いかけに対してつれない返事をしたのと「・・・」沈黙したのは、私が話しかけた際に、ジャン妻は伊東甲子太郎に提示するプレゼンセータ、私の理解できない世界に没頭していたらしい。
少し経ってから言うには、
「アナタはTwitterもFacebookもInstagramもやる必要ないでしょ」
「だからその必要無い意味がわかんないんだけど」
「自分で調べなさい。何でもかんでも私に聞かないの」
で、調べてみて、自分也にわかったことは。(不必要という意味で)

LINEはやらない。Cメールで充分。やる必要性が無い。
部下の女性社員から親しみを込めて?「LINEやらないんですか?」と言われたことが数回あるよこれでも。
「LINEをやると、LINEで『いついつで辞めます』っていうヤツが必ずいるから」という理由でお断りした。LINEをやっていない私宛に届く訳はないが、他で実際そういう事例があったのである。これからもLINEはやらないと思う。
「何でやらないんですか?」って聞かれたこともありますが、やらなきゃいけない訳でもあるまい。
ジャン妻とCメールのようなメッセージはやっています。第三者が入って来れない当人同士だけのものです。

本社でひとり、周りから浮きがちな子がいまして。あまり仕事ができるとは言い難い子で、仕事ができないから信頼関係がなかなか構築できない子なのです。なのに「LINE教えてください」を連発して周囲から大ヒンシュクを買った。誰も教えなかったそうです。「まだ半人前なのにLINEで甘えるとは何事よ」って。
私も聞かれたが、LINEやってないから「やってないよ」としか答えようがないのだが。
そしたら困ったことに「皆が私を嫌っています」と言うんだな。
「そうじゃないよ」と上司に会議室に呼ばれて注意され、その子、上司、私と3人、フォローの為に何故かこの店に行き・・・
無国籍1.jpg
「会社は友人を作るところじゃない。仕事ができるようになれば好き嫌いなんて関係ないし、LINEは要らないんだ。期限までに仕事ができて初めて信頼関係が築けるんだよ」と私にしては珍しくマトモなことを言ったの。
この時に考えたのですが「LINE教えてください」と迫られても誰も教えなかったイコール、その子が嫌いだから?ということは、教えないことで「私はアナタが好きじゃありません」と宣告したに等しいよね。
相手側も「教えてくれないんだ。嫌われてるんだ」ってなるじゃないですか。そんなメンタル状態で私の口から「仕事ができるようになれば関係築けるよ」と言われても、嫌われてる悲しさが先行して私のコメントがどこまで理解できたかわからんまま散会したのですよ。
スパムステーキを「美味しい美味しい」言うてましたけどね。
スパム1.jpg
自分はLINEをやってしまうと差障りがあるのですよ。
上州にいる草の者6号(私の陰の部下、ある特定の業務だけ直に指示していいことになっている。)から聞いた話。彼女は同世代の社員たちとLINEで繋がっているのだが、中には「辞める辞める辞める辞める辞める」ってLINEで投げつけてくる子がいると。
上司の悪口とかね。
他にも、給料が少ししかUpしてないとか。他社の同期に比べてどうこうとか。
同僚の悪口、陰口とか流れてくるそうですよ。
相手は「この人(6号)だったら言ってもいい」と思ってそういうのを流してくるのだろうけど。私は困るんですそういうの。これでも〇部長なので、何かブゥブゥ言って来たのを「それは公式に宣言してるのか?だったら受けるよ。聞くよ」なのです。業務メールはあっても、業務LINEは無いので、LINEで「辞める」だと正式な文書、表明にならないのだ。

それに私は公には社員の好き嫌いを公言できない立場で、本当は好き嫌いを言ってはいけないのです。よく登場する「ソリの合わないオンナ」のことを「ったくあのオンナは・・・」周囲にブツクサ言ってますが単に性格が合わないだけで、10数年一緒にいるので会社的には同じ方向を向いてはいるのです。バンドメンバーに合わない同士がいたりするじゃないですか。それと同じようなもの。
社員に対して公平に接しなくてはならない立場なのにLINEで関係を作ってしまうと、やってない第三者から「〇〇さん(私のこと)はこの社員に対しては好意的で、この社員のことは嫌ってるのかも?」と見られてしまう。
6号から聞いた「辞める辞める辞める辞める辞める」は単なる愚痴かも知れないが、そんなメッセージを不特定多数の社員からドッと流れてきたらこっちもアタマが疲れますよね。
前述のあまり仕事ができない子に誰もLINEを教えたがらないのは仕事のグチや甘えがLINEで来るからに決まってる。仕事ができるようになって、認められればいいだけのことだよ。

LINEについて長くなってしまった。次にTwitter、ツイート、呟きは140文字の制限があるので私がやる意味は全くないな。このBlogでもっともっと長文でブツクサ呟いてるし。呟きがボヤキになったりしてるし。

Facebookは本名、実名での登録を義務化しているので、匿名性が全く無いからやりようがないし、できない。やらない方がいいと思った。
私をこの世界や船山温泉に導いてくれた師匠が言っていたのです。「この世界で長くいるには匿名性を維持すること」って。まだLINEやTwitterやFacebookが無かった頃ですけどね。
いいところもある。上州高崎にあるこの店のマスターは、Facebookで本日のおススメを配信すると売上があがるそうです。
お迎えを待つ.jpg
マスターは餃子に拘りが強く「何処に食べに行っても自分の好みの餃子に出逢えないから自分がホントに美味しいと思う餃子は自分で作るしかない」と思い立ち、店の看板メニューにしたのですが、Facebookで「本日餃子あります」なんて入れると、店に来るお客さんほぼ全員が「餃子」「餃子」「餃子」をオーダーするので「ウチは餃子屋さんじゃありません他のメニューも食べてください」とやるハメになった。
Facebookはそういう効果がある。本名、実名、店名、宿名、それらがある程度の信頼関係があっての世界だから、その先に「ご新規のお客さんを連れてくる」ので結果が出るのです。紙媒体のチラsなんかよりぜんぜん費用対効果があるって。
だからBlogをちっとも更新しないこの宿、Facebookの方は多少は更新しているのが最近わかったのですが。
雨上がりのさら1.jpg
「年に2回しか更新してないの?」(ジャン妻)
「ハイ・・・お正月とクリスマスだけ・・・」
「Instaに変えればいいのに」(ジャン妻)
Blog向いてないと言ったも同然ですが。もっとも2部屋しかないから、集客数をあげる為だったらやる意味ないかも知れないけどね。でもファンは行けないまでも見たいと思うのだ。

黒板メニューのこの店も以前はBlogはあったのですが、マスターがあまりに筆不精なのでInstaに変えたそうです。そしたら大ブレイクして連日満席になりちっとも予約が取れないのだ。Instaのせいだと思ってるけどね。
6度目の正直.jpg
で、そのInstagram、通称インスタですが。
「Instagramって何だ?」
「ミニブログよ。写真を貼ってそれにコメントをつけるの」
佐奈田堂氏のInstagramを見たらそこで氏はこう仰っている。引用で申し訳ないのですが「このBlogと内容は大分ダブりますが・・・(途中略)・・・まー写真メモっすねコレ」
写真メモか。Blogと重なる写真、内容もありましたな。なるほどミニブログだね。
ジャン妻はInstaにある佐奈田堂氏の顔写真に驚き、氏が最近になって一度に食べたらしい?吉野家の生姜焼(豚、牛、鶏)の3皿同時写真に唸っていた。ご飯特盛だし。写真って1枚しか貼れないんですかね。
「Instaやりたいの?」
「・・・」
「やりたいんだったらやれば?でもやる意味あるの?」
何かひっかかる言い方である。そしたら次に出た台詞はトドメを刺すものだった。
「Instaで楽したいのアナタ?」
「!!!」
「アナタは毎日毎日Blog更新しているでしょう。それも結構なボリュームを。InstaとBlogじゃボリュームやレベルが違うわよ。だからやる必要無いと思うの」
これは私への叱咤激励なのだろうか。「毎日Blog更新するのを継続しなさい」と言われたようなもの。
確かに毎日更新するこのBlogで充分手一杯である。とても他をやる余裕は無いかも知れない。やってみないと何ともいえないが、Instaに手を出したらこのBlogはめんどくなって手抜きになるかも知れない。毎日更新なんてかったるくなって止めるだろう。

「何か弊害でもあるのかな」
「アタシだってそういうのやってないんだからわかんないよ」
そう言われたのでSNSについて簡単丁寧なサイトを見ました。弊害もいろいろ見ました。こういうことが起きるんだと。結果、自分は今のBlogだけにします。
Insta映えなんてのにも縁が無さそうである。たいした写真無いし。
次回、佐奈田堂氏に会ったら聞いてみようと思っている。「Instaに走るとBlogの更新は滞るものなんですかね?」って。
別にLINEやTwitterやFacebookやInstaやってる人を否定しているんじゃないですよ。では出勤します。
コメント(6) 

コメント 6

峠おやじ

私もね、先日やっとLINEに手を染めました。
Facebookものときもそうでしたけど、どうしても見たいサイトがあったり、行きつけのお店の関係でよんどころなくってな理由です。

で、やってみた結果は面倒なだけでしたね。友達承認とか求めてくるのがうざい。必要ならメールすれば。私ゃホームページで色々公開してるから。

でも逆に狭い世界でしか名が知られてないとも言えるわけで、スマホ全盛の安近短社会に適合してないのも感じますね。

by 峠おやじ (2018-11-03 09:22) 

船山史家

峠おやじナワさんこんにちは。
お加減如何ですか。同じようなタイミングで、そちら様は「LINEを始めました」当方は「LINEはやらないと思います」をUpしましたねぇ。
>必要ならメールすれば・・・でいいと思うのです。真剣な内容や公の発信でなくて、単なるボヤキのメッセージだけなら要らないし、LINEで「いついつ付で退職します」なんてトンでもないですよね。
そういう媒体で呟いたりボヤいたりではなく「お話あるのでお時間下さい」ならいいのですよ。会って話せば相手の表情も見えるし、会話しながら打開策も出るというもの。
自分でもカタイと思いますけどね。(笑)
by 船山史家 (2018-11-03 13:18) 

佐奈田堂

文中に書かれているように、Facebookやライン、Instagramやツイッター、blogなどを使った集客のほうが、基本的には紙のDMより一般的には顧客獲得、顧客の囲い込みに効果が高いです
ただまーどのツールも、そのツールごとの特性があり、どれが適しているかはその目的によって最善策が違うと思います
ちなみにですが、私のようなblogの内容ですと、Instagramで大体用が足りちゃいますが、船山史家様のblogは、コンテンツボリュームがハンパなく多く、Instagramでの代用は難しいかなーと思います(blog用の写真庫みたいな感じでは使えるとは思います、InstagramにUPした画像をソネブロは読み込めます)

>ジャン妻はInstaにある佐奈田堂氏の顔写真に驚き
驚かれるような写真、あ、ありましたでしょうか!?:(;゙゚'ω゚'):

>写真って1枚しか貼れないんですかね。
Instagramは複数の写真を同時にUPできますし、また複数の画像を一枚の画像にまとめることもできます(専用の無料アプリをダウンロード)


>「Instaに走るとBlogの更新は滞るものなんですかね?」
まーどういう事象をどのように出したいかによるのではないでしょうかw
私の場合、どっちも似たり寄ったりなんで、そもそもインスタはblogネタように事象を書き留めておく場ってイメージです
情報量ではblogにかないません(;´∀`)
by 佐奈田堂 (2018-11-05 14:59) 

船山史家

佐奈田堂さんこんばんは。
出ましたね吉野家さんの牛鍋。それとチゲ鍋でしたかね。牛鍋は1回ぐらい食べると思いますが。チゲ鍋か。辛いのが苦手なので。ビールが欲しくなるだろうな。
一昨日の(日)が家ですき焼きだったんですよ。 肉だけじゃないですよ。白菜、春菊、豆腐、もやし、えのき、糸こんにゃくも入れたんだから。でもご飯無しです。

ええっと、様々なSNSについて、私のような者でも理解しやすい解釈ありがとうございます。こういうのは誰かがやってるのを見て知ったのですが、自分でやってみないとわからない世界かも知れませんね。情報量ではBlogの方が多く、そこまでいかないのがInstaなのかと解釈しました。誰もが私みたいにBlogやってたらタイヘンだ。
改めて自分のBlogはボリュームあるんだと思いました。エッヘン。


佐奈田さんからの解説をジャン妻に話したのです。
>コンテンツのボリュームがハンパなく多く・・・
「コンテンツって何?」
「アタシもコンテンツコンテンツって言ってるけど、聞かれると上手く答えられない」(ジャン妻)
コンテナの中身?いろいろたくさん詰まっている多種多様なものでしょうか?
LINEをやらないのは自分の意志ですが、自分にはFacebook、Twitter、Instagramも不要なのがわかりました。
別に集客するわけじゃないし。今のまま続けます。

これでも自分は、Blogさえも読み捨ての古新聞みたいなものだと思っているのです。
過去なんてものは新聞みたいなもんさ♪
読み終えたら捨てればいいさ♪
って唄があったんですよ。(JAYWALK)

>驚かれるような写真・・・
いやいや、悪い意味ではないです。ああ、こういうおカオなのねと。私と近い路線だと思ったみたい。
by 船山史家 (2018-11-06 17:57) 

佐奈田堂

>>驚かれるような写真・・・
>いやいや、悪い意味ではないです。ああ、こういうおカオなのねと。私と近い路線だと思ったみたい。

あぁーなるほどです、見かけはちょっとイカツいけど、根が優しい男っぷりナイスなヤツと、きっと思っていただけたのでしょう
よかったです( ´ー`)フゥー...

by 佐奈田堂 (2018-11-09 09:43) 

船山史家

佐奈田堂さんおはようございます。
そうそう。そういうことにしておきましょう。
昨日、店を出て私を追いかけてきたどっかの街中華の若にもそういう風に言ったんでしょ?角を曲がって歩いてたから結構な距離でしたよ。
「何で私だってわかったの?」って聞いたら「ええっと・・・」って詰まってた。
いつもながら健啖ですね。牛鍋ダブル&おやつ牛丼の写真もジャン妻に見せなきゃ。
あ、そうそう、吉野家はですね。ランチタイムとランチタイム直後は味が薄いんです。煮込みが足りないの。タマネギなんか真っ白な時がありますよ。
朝はそこそ濃いです。
by 船山史家 (2018-11-10 06:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。