So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

松屋牛鍋膳 [グルメ]

牛鍋膳.jpg
ラーメンBlogじゃないけどオカシなラーメン記事が続いたので麺が(記事が)伸びてきた。(飽きてきた。)
ご飯ものいきます。その前に10月14日の「TBS噂の東京マガジン・やってTRY」で肉豆腐が取り上げられたのを観たが、まぁTRY娘さんたちの調理はヒドかったね。
何で豆腐とミンチ肉を炒めるのさ。麻婆豆腐じゃあるまいし。
ミンチ肉と豆腐を混ぜてこねてボソボソのハンバーグを焼いたバカもいた。「(ミンチ)肉と豆腐じゃん。合ってるよ」とかね。笑う気にもなれなかった。
スタジオでは帝国ホテル東京なだ万の料理長、黒田廣昭氏が手早くできてしっかり味の浸みた肉豆腐を披露してくれました。
材料(2人分)
木綿豆腐(2切れ) 1/4丁
牛ロース肉、薄切りを6枚 90g
長ネギ(斜め切り) 2/3本
手綱こんにゃく 2つ
かつおだし 300CC
酒 50CC
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ1
濃口しょうゆ 大さじ3
白髪ネギ 適量
七味唐辛子 適量

①少量の油をフライパンに敷いて牛肉を中火で焼きます。
②肉に焼き目がついたら煮る鍋に移します。
③木綿豆腐、長ネギ、こんにゃくをフライパンに入れて中火で焼きます。
④③を焼き目がつくまで焼いて、②の鍋に移します。
⑤移した鍋にかつおだしと酒を加え、中火でひと煮立ちさせます。アルコール分を飛ばします。
⑥砂糖、みりん、しょうゆを加え、更にひと煮立ちさせ、アクを取って、10分~15分ほど中火で煮込みます。
⑦お皿に盛り付け、白髪ネギをのせ、お好みで七味唐辛子をかけて完成。
ポイントは、最初に牛肉と豆腐を焼くことで、煮込み時間が半分程度に短縮されるというもの。

「2人分で肉90gだって」(ジャン妻)
「何が言いたいの」
「アタシたち普段お肉食べてる量多いよ」
(冗談ではない。最近ジャン妻は家では少食になってきており、私までそれに「合わせなさい」になっている。肉でも魚でもこれ以上減らされてたまるかっつーの。)
TBSスタジオではよほどいい香りがしたのか、4度目の結婚でまた子供が生まれる清水国明氏が「席替わってくれ~」・・・
小島奈津子さんも「アタシ一度でいいからそっちに座って(食べて)みたい~」
2人して絶叫しとった。
「絶対に楽屋で収録前に食べてるよ」(ジャン妻)
で、清水氏と小島女史の絶叫と、スタジオでの喰いっぷりに脳を刺激された私は、翌日(月)のランチは肉豆腐ならぬ松屋の牛鍋膳にしようとキメてかかった。熟成チルド牛肉&たまねぎ&豆腐をすき焼きダレで煮込んだものらしいが。
「化学調味料や人工甘味料などを使わずに自然の素材を盛り込んだ」と謳っています。10月9日から登場。
茅ケ崎店1.jpg
松屋茅ケ崎店です。なるほど店頭に牛鍋膳の垂れ幕が出されている。
松屋でプレミアム牛めしを提供している店では熟成チルド牛肉が使われていて、垂れ幕などにもその記載があるらしいが、私は区別がつかないし、その場で食べ比べでもしない限りおそらくその違いは殆どわからないと思う。
タレ幕.jpg
例によって券売機のボタンチョイスがめんどくさいのだが何とか購入したよ。
ご飯大盛りボタンを押したが、私が訪店した日は10月16日までのご飯大盛り無料キャンペーン期間内だった。
店内.jpg
厨房.jpg
厨房にはオバちゃん2人だけ。過去に訪れた松屋の中にはやる気が全く感じられない時間給アンちゃんやねーちゃんがいるんだよ。でも松屋にひとりでもオバちゃんが居るだけでマシンのような接客がヒユーマン接客に変化するので安心させるものがある。
https://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2018-08-27-1
卓上にも.jpg
券.jpg
キタ.jpg
数分で牛鍋膳がキタよ。
肉に火が通っていたので厨房で煮たのかと思ったら、蒼白い固形燃料の火で炙られていた。
旅館の朝夕食でこういう固形燃料をシュワシュワやられると食事処や個室にニオイが漂うし「客に調理させんなよ」と思うが、牛丼チェーン店でこれを演出されると一種のイベント感がある。
蒼い炎.jpg
出された時点で鉄鍋の中でグツグツ煮えているのですぐ食べられます。
牛鍋.jpg
私の持論は牛肉は高ければ高い程美味しいというもの。
高けりゃ美味いに決まってるけどね。でも肉屋さんに行って、それほど高くない値段の牛肉の脂身と赤身の比率が自分の好みかどうか。それを選ぶのが意外と難しいのだ。で、松屋さんのこの熟成チルド牛肉は脂身は少なくないが、ハーフ&ハーフといったところだろうか。
肉屋で売ってる細切れ肉でもないですな。グラム680円ぐらいの肉かな。
最初は玉子つけずにそのまま。
肉.jpg
肉を摘まむ.jpg
豆腐、中までアツアツです。味噌汁の方がぬるかったからね。
豆腐.jpg
豆腐をすくう.jpg
ご飯の上にお肉をオトシてみる。
肉を飯に載せる.jpg
次に玉子をつけてみます。
玉子に溶く1.jpg
玉子に溶く2.jpg
締めはこうなるわけで。こういう食べ方をしないのなら肉を1.5倍に増量した方がいいです。
締め1.jpg
締め3.jpg
松屋に慣れて来たので欲を幾つか言っていい?
この牛鍋膳だけはタマネギより長ネギがいいのだが。牛丼(松屋さんでは牛めしというのですか?)がタマネギだからだろうか。
イライラするのがこれ。レンゲで汁がすくい難い。鉄鍋の底をカリカリ擦るだけですくえないのだ。船山温泉の猪鍋や朝の味噌汁もおたまですくい難いったらありゃしないがそれと同じようなものだよ。
だからといって鉄鍋を傾けて汁をすくおうものなら指先を火傷するは必定である。
タレがすくい難いな.jpg
玉子の殻が割り難いのだ。チビた玉子のクセに殻が厚い。盆の上に固い角が何処にもないので。小鉢に叩きつけてうっかり潰しそうになった。
他のお客さんはどうやって割ってるんだろう。吉野家さんは割って小鉢に落とした状態で出してくれますよ。
まだあるよ。ご飯の茶碗が他店と違って重たいね。ガツガツかっこむには重すぎる。
完食.jpg
いろいろ言いましたが、殆ど最後まで温かいまま食べることができました。
松屋さんは誰が考案するのかワカランが、様々な新作が試験的に出されてお客を実験台にして、気が付いたらバブルのように消えてしまうのが松屋の期間限定メニューですが、この牛鍋膳はこれから寒い時期は継続するんじゃないかな。
広告には松鍋1とあるから冬場に向けて松鍋2、3、いろいろ出るんだろうね。キムチ鍋とか。鶏つくね鍋とか。
茅ケ崎店2.jpg
その他メニュー.jpg
別に私は松屋さんの廻し者ではないが。店内光景で「ホホゥ」と思ったこと。
2人の客が券売機の前に立った。2人ともテイクアウト客だった。会社か現場にテイクアウトするので「誰々は何?」と考え考え、思いだしながら複数の食券ボタンを押しておったから遅いこと。
2人で来たのはひとりでは重たくて持てないからだと思う。
そしたらその後に来店した男性客がちょっとしたWait状態になっちゃってさ。待ってる間に表情が険しくなっていったの。いつまでやってんだよ早くしろよがカオに出てましたね。
そしたら奥からオバちゃんがスッとんできて、そのWait客に向かって「すぐご注文お聞きしますからね~」と声掛けしたのです。その一声で眉間が険しかったWait客の表情が途端に柔和になった。自分も見てくれてるのがわかったからだと思う。
オバちゃんさすがだね。こういうのをいい意味で年の功というのだろう。若いバイト君にはできないよ。
牛鍋膳.jpg
ちなみに私が食べた肉の量は普通サイズです。
リンクしている佐奈田堂氏は牛鍋膳の肉1.5倍増量を喰らった後で、吉野家の「間違いない生姜焼き」プラス、牛肉&鶏肉をご飯大盛りで腹中に収めているから凄いね。
ご本人は「さっき松屋で牛鍋膳をご飯大盛で食べたばっかなのに何やってんだオレ・・・」と仰っているが、氏の胃袋と消化パワーにはいつも驚かされる。
私は吉野家の生姜焼きは過去に懲りてるのよ。今度発売のはホントに間違いないんかいな。
https://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2018-02-07-1

記事をストアしたらこんな広告が。

共有しませんよ.jpg

何故に松屋牛鍋膳をUpしたタイミングでこれが表示されるのさ。もう食べたからいよ。
それとも、もう1回食べろってか?男なら1.5倍食えってか?
コメント(2) 

コメント 2

佐奈田堂

牛鍋、多分今年も吉野家がやると思います、去年は通常の牛鍋(すき焼き?)だけじゃなく牛鍋の肉だけ3人前持ち帰りで990円とかやってました
そして最初『やらない!』といってたすき家も牛鍋に参戦しました
今年何年ぶりかで松屋でコレやったということは、久しぶりに三社の牛鍋戦争になるのではないかと・・
たのしみです(´∀`*)ポッ
by 佐奈田堂 (2018-10-22 18:20) 

船山史家

佐奈田堂さん。
>牛鍋の肉だけ3人前持ち帰り・・・
佐奈田堂さんなら余裕で店で3人前で、テイクアウト15人前とみましたが如何?
牛鍋ではないですが稀に家でも牛すき焼きになる時があります。お肉屋さんの場合だと「牛肉は高い方が美味い」が持論になってしまいます。玉子、ネギ、白菜、春菊、キノコ類、シラタキが欠かせません。
三社の牛鍋戦争はどれに軍配が挙がるか。私は三社ともあまり変わらないような気がします。松屋鍋第二弾の方が気になりますね。
by 船山史家 (2018-10-22 22:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。