So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

花月嵐で井手商店? [ラーメン]

JR線路脇.jpg
昨日の記事の冒頭だと、何処が和歌山番外編かと思われたでしょうけど。花月嵐で井手商店が期間限定で提供されるというので食べに行ってきたのですよ。
店はJR蒲田駅南口から徒歩5分の線路沿いにある西蒲田店。東海道線や京浜東北線の車窓から見えます。
わざわざ食べに行ったんじゃないですよ。大森駅と蒲田駅の中間線路沿いにある地域庁舎に行ってきた公用の延長です。
大森駅東口店もあるけど、バスで大森駅に着いたのが10:45だったので、こっちに来ました。
店2.jpg
井手商店の幟がはためいているぞ。
店1.jpg
店4.jpg
男性店主ひとり。目と目が合ったが「いらっしゃいませ」は無かった。「いらっしゃいませ」の声は女性スタッフ2人から発せられたぞ。
店主のホンネは「こっとはまだ準備の途中なのに、開店早々に入って来るなよ」な~んて思ってないかい?
どうも花月嵐の店長は最初の客(私のことだが)に愛想がないようである。

私は和歌山の井手商店には行っていません。場所は知っています。前を走っただけです。
和歌山で食べた中華そばは、JR和歌山駅地下、南海和歌山市駅地下、和歌山市駅近くにあった「光葉」という店、そしてぶらくり丁千里十里の向かいにある店で、飲んだ後の禁断症状で食べたのです。
https://funayama-shika.blog.so-net.ne.jp/2011-06-05-2
https://funayama-shika.blog.so-net.ne.jp/2012-01-09
過去記事は同じような内容になってますが、2012年の記事では南海和歌山駅で井手商店を購入してますね。
和歌山では中華そばと一緒に鯖寿司、早寿司ともいいますが、これを併せて食べる文化があるので、中華そばの麺の量はそれほど多くないです。テーブルの上に当然のように置かれています。会計は殆ど自己申告だったように思う。券売機は見たことないなぁ。
ラーメンと一緒に寿司を食べる文化って和歌山だけじゃないかな。
ゆで卵も置かれていた。置いてあるだけですよ。トッピングとは違います。
夜に営っている店だと、おでんやどてホルモン(どて焼き)もあったり。無かったのが半炒飯のセットや、ミニカレーのセット、群馬のようにカツ丼やモツ煮も見たことない。餃子も置いてなかったような。
それはさておき、花月嵐で出される井手商店はホンモノなのだろうか。いや、失礼、ホンモノに近い?だろうか。
パンフ1.jpg
パンフ2.jpg
パンフ5.jpg
パンフ3.jpg
パンフが置かれていたので、それに載っている店主、井手紀生氏に言わせると、
「日本全国の人達に食べてもらいたい仕上がりです!!」
「是非、花月嵐さんにお越しの一人でも多くの方に召し上がって欲しいですね」
「本当に美味しく仕上がっています。私も納得の一杯です」
それならそうなんだろうね。花月嵐さんって厨房が見えないし、いっぱい種類あるスープをどうやって使い分けているのか見えないのです。オオペレーションが見える店ってあるのかな。
パンフ23掲示物.jpg
パンフ21.jpg
見上げる.jpg
店内1.jpg
店内2.jpg
光る井手商店1.jpg
光る井手商店2.jpg
これは何だい?便乗悪乗りメニューかな。
パンフ6イタメシ.jpg
これぞ花月嵐の井手商店であります!!
ラ1.jpg
ラ2.jpg
ラ3.jpg
ラ4.jpg
ラ5.jpg
ラ6.jpg
ラ9.jpg
ラ10.jpg
ラ11.jpg
ラ12.jpg
ラ13.jpg
ラ14.jpg
確かに和歌山中華そば系の味です。あの和歌山で喰った味に酷似している。あるいは、立川のラーメンスクエアにいっときあった新和歌山ラーメンにも何とな~く似ている。
https://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2015-03-20
私は11:00すぐに入店して、次に11:20に次の客が入って来られてやっぱり井手商店をオーダーしていましたね。
開店早々に入った私のウエイトタイムは12分ほどかかったが、その方は速かった。5分足らずで出されてたから、やはり開店早々すぐにはエンジンかからないみたいだね。昨日の鶴見店でもそうだったし。
細い麺だから、茹でるだけなら時間かかるわけないよ。
ラ15.jpg
今回は井手商店に敬意を表して、私にしては珍しくノートッピングだったが、後から来て井手商店をオーダーされた方は、コーン別皿(結構な量だったぞ)ニンニク3個でした。ニンニクをプレスする器具でプシュツ、バリッ、砕いて投入してた。凄いニオイだったよ。
井手商店にトッピングねぇ。
自分なりにシミュレーションしてみた。この井手商店に併せるトッピングってあるかなって。
キャベツ、どうだろ。
ホウレンソウ、これはあってもいいかも。
もやし、これもまぁまぁ合うかな。
味玉、合うと思います。
メンマ、デフォで入っていますけど。
バターは絶対に合わないと思うな。
パンフ22.jpg
ごちそうさまでした。井手商店の味だったと思いたいがどうなんでしょうね。
本場の和歌山で食べる和歌山ラーメン、中華そばと、花月嵐チェーンで食べるのと何か違う気がしないでもないね。和歌山のように鯖寿司(早寿司)や茹で卵がないから?
いや、そういうんじゃないんだな。券売機で食券を購入して食べるからだろうか。
店3.jpg
店5.jpg
店を出る際、女性スタッフからは「ありがとうございました」は威勢良かったが男性店主からは無しです。花月ア嵐の社長さんその辺はしっかり教育してますか。
地方の名店の味を花月嵐のアンちゃん店長が仕込んで再現できるとは到底思えないな。もしかしてセントラルキッチンってことない?自分で仕込んでないから「ありがとうございました」が出てこないんじゃないかな。
海南市の雄、モノノフさんに検証していただきたいけど、絶対に行かないだろうなぁ。
コメント(2) 

コメント 2

佐奈田堂

ほほぉ~なんだか旨そうです!
まーでもしかし自分は酔っぱらった勢いで花月嵐に入り、また嵐げんこつに味玉ドバッなんでしょうね・・(´・ω・`)
by 佐奈田堂 (2018-10-12 11:18) 

船山史家

佐奈田堂さん。
これが果たして本家の井手商店の味なのかどうか検証できませんが。それに近い味なのだろうとは思います。思うしかありません。
店主が「全国に発信したい」気持ちはわかりますが、花月嵐チェーンに味や秘伝を明け渡した感もあります。
シラフでは入れませんか。でもまぁ自分が食べたい時間帯で、好きなラーメンに好きなトッピングで味変するのがイチバンです。
by 船山史家 (2018-10-13 05:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。