So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

スフィンクスの瞳 [コラム雑記帳]

もう少し調べてからUpしようと思ってネタをストックしてたら、ケンミンSHOWに取り上げられちゃったのでUpします。

埼玉県の本庄市内から462号線で坂東大橋(利根川)を渡り、群馬県伊勢崎市に入って市街地に向かって北上を続けます。
この日は前にUpした五十子陣散策(2回行っています)の後でしたが、午後遅くになっても暑いです。陽射しの照り返しが凄いの。車外温度計を見たら35℃、36℃、最終的には37℃になったからね。数時間前に昼を喰った本庄ラーメン亭の寡黙な主人が、後から来た客に発したひとこと「35℃だからな」を超えたよ。
その462号線で、前に載せたえびすラーメンを右手に見て、東京福祉大学がある除ヶ町(何て読むのか)を過ぎて、右手に「いせざき市民の森公園」に差し掛かる辺り、左手前方に妙な建造物が目に入った。
(写真は462号線ではなく、それにに入る西の路地、広域農道?から撮影したものです。)
何だあれは?2.jpg
スフィンクス?
目の錯覚か?幻を見てるのか?
暑さでアタマ、思考がマヒしたか。どう見てもあれはスフィンクスだよね。何でここにこういうものがあるのか。
下りてみた1.jpg
レンタカーから下りて拡大してみた。遠目から望遠してもインパクトあります。
下りてみた3.jpg
ここは砂漠ではない。水田、畑、ビニールハウスが残っている農地です。
何故この場所に?
よし、近づいてみよう。
ス1.jpg
近くまで来てみた。
「パーラースフィンクス」「SPHINX ANNEX」
パーラー??
パチンコ屋かこれは。閉店したパチンコ屋だろうか。
ス2.jpg
駐車場には停まっていなかった。営業していないようである。
定休日かな。よくある違法駐車もない。
敷地内にはロープも張ってないから駐車できそうだが、何が落ちてるか(釘とかボルトとか)わからないので道路脇に停めて見上げてみた。
スフィンクスの顔の下に薄っすらと「新装開店」とある。色褪せてる。
でもインパクトあります。改めて「ここは何なんだ?」と思ってしまう。
ス5.jpg
スフィンクス君は私を見下ろしたりしない。私がくるまできた方向、埼玉方面を見つめている。
瞳も見える。夜はライトアップされ瞳も光るのかも知れない。
何でできてるんだろう。素材は何かな。ブリキかな。アルミかな。あまりいい素材でできていないようです。
世界最大のスフィンクスは全長73.5m、高さ20m、幅6m、石灰岩の丘を鑿(ノミ)とハンマー(石器)でカンカン彫り出したものですが、ホンモノのスフィンクスのように胴体や前足があるのではなく、パーラーの屋根がピラミッドを模擬したように段々になっていて、その上に首だけ載せた感じですね。
ス4.jpg
スフィンクスは謎々も問いかけてこない。「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足、これは何だ?」というあれです。間違った旅人は喰われてしまうが、答えを出さずにその場を立ち去ることは可能だった。
入り口に近づいてみた。
「しばらく休業させていただきます。」の貼り紙が。
休業中?1.jpg
休業中?2.jpg
脇から見たら、何やら梱包されたものやダンボールの残骸、それらが置きっ放しになっている。これは殆ど閉店状態なのではないかな。
閉店じゃないの?1.jpg
閉店じゃないの?2.jpg
近寄ってみたら館内は人気が無さそうだが・・・。
館内には「王家の谷の守護者たち」に登場するファラオ、アヌビス、セティ、ホルス、ジェセル、ピネジェム、ネスコンスたちが得物を抱えながら闊歩しているかも知れない。秘宝を護るのではなく、今は稼動していないお金をジャラジャラ生み出す台を護っている?
何故クローズしてしまったのだろう。客が来なくなったのかな。私はパチンコ屋に行かない人なので、パチンコ業界がどういうものなのか、そこで打つ人はどういう台を求めるのか、どういう店が客を呼び寄せるのか全くわからないのだが、次々と新台を入れ替えないと客は来ないものなのかね。

スフィィンクスの隣はメモリアルホールだった。
パーラー、メモリアルホール、工場、そして水田や畑、ビニールハウル、全く違うものが混在したロケーション風景にスフィンクスはある。スフィンクスが顔を向けている方向には住宅はあまり建ってなかった。家々はスフィンクスの背後(北側)に立ち並んでいた。顔が見える側に家々が立ち並んでいたら朝昼夕夜とスフィンクス君の顔を拝むことになるからね。おそらく景観条例とかが全く無いからこういうデザインで建設許可が下りたのだろう。

スフィンクスを見上げてたら心なしかカワイく見えてきた。何処か寂し気でもある。クローズしてしまったパーラーにひとり取り残されたことで瞳が潤んでいるように見える。もうお客は来ないのかも知れないのだ。
ス3.jpg
くるまに戻った。
すぐに国道462に戻るのでなく、スフィィンクスの視線に沿って広域農道を一旦南下して、振り返ったところ。
遠望1.jpg
拡大1.jpg
田を耕している人が2人いた。農作業に勤しむ彼らは日々あのスフィィンクスを見て耕作しているわけである。
他に人は歩いていない。農作業している人を呼びよせて「あれは何ですか?」と問いかけるのも憚られる。
遠望2.jpg
拡大2.jpg
私はひとりドライブできたが、知らないで県外から数名、ワゴン車で来てこれが目に留まったら車中は大盛り上がりになるに違いない。
運転しながら、何かを思い出そうとしたのだが。途中で閃いた。これだ。
G1.jpg
G3.jpg
G2.jpg
Gロボは身長30m、重さ500トン。
さっきのスフィンクスが二足で立ち上がったらどれくらいの大きさなのだろうか。
ス6.jpg

当初、ここでクローズした記事だったのですが。私の知人でこのスフィンクスを御存じの方がいた。群馬で知り合ったブロガーTさん(女性)です。最近だと今年4月の記事に登場しています。
https://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2018-04-19
彼女に聞いてみたのよ。知ってますか?って。
「まさかスフィンクスがネタになるとは・・・。
私も5月に車中から写真を撮りました。
あれは確か30年ぐらい前からあります。当時は結構流行っていて、夜になるとスフィンクスの目からサーチライトの様な光線が出ていました。
幼心にめちゃくちゃ怖かった覚えがありますよ。」(Tさん)
あの界隈で夜に目から怪光線が発射されたらそれこそ怪獣映画、恐怖映画さながらではないか。ウルトラQの世界である。

Tさんからは8月30日にも連絡をいただいた。それには、
「今日これから放送される秘密のケンミンSHOWでスィンクスが取り上げられるそうですよ」
だが私はその日は和歌山の「千里十里」で飲んでいたのです。「見といてください」とお返しして、帰京してから「無料見逃し配信中、番組まるごと配信・富山絶賛!黄金そうめん&群馬モロヘイヤ爆食い事情2018年8月30日(木)放送分/46分 9/13 20:59まで配信」をザッとチェックしてみたのだ。
まず主役はモロヘイヤだった。栄養価が高い野菜の王様であるモロヘイヤは群馬県での収穫高が全国1位なのです。それは原産地エジプトと同じく群馬の夏は暑いのでモロヘイヤの栽培に適していたと。
モロヘイヤの辺りはマジメな展開だったが、次に伊勢崎市内に場面が転じて、私も走った国道462号線の左手にこのスフィンクスが遠望され、Upで映し出されてスタジオは騒然、次に爆笑に包まれた。
井森美幸さんなんか大口あんぐりである。
ス1.jpg
ス2.jpg
ス3.jpg
ス4.jpg
ス5.jpg
この農婦さんが栽培している畑はモロヘイヤ畑だという。
それを見守るかのようなパーラースフィンクスが映し出された。
「何だか(モロヘイヤとスフィンクスを)無理にくっつけた感じよねぇ」(ジャン妻)
この農婦さんが被り物をしているとこを突っ込んで「エジプトの人?」のように言っとったな。
ス6.jpg
ス7.jpg
ス8.jpg
配信は明後日の夜までです。スフィンクスは30分頃から登場しますが。CMが多少鬱陶しい。
https://www.ytv.co.jp/mydo/kenmin/20180830_00/
要はモロヘイヤとスフィンクスをかけあわせてまるでエジプト?のように揶揄してるんかってなもんです。

だが番組で取り上げられなかったもうひとつの事実がある。前述のTさんから、
「伊勢崎市八斗町にスフィンクスⅡっていう同じ外観の二店舗目があったはずなのだけど、そちらは今も残っているのか。わかりませんが。」
スフィンクスⅡ?
仲間がいたのだ。それがこれです。
ス11.jpgス12.jpg
写真はハイブリッドな生活(旧ルノーな生活)管理人、musashiさんの許可を得て借用しました。
https://blog.goo.ne.jp/cbk34260/e/3b924684345ae543de41ac957c4d03e3

Ⅱの方がエジプトっぽいですね。Ⅰはマンガチックだし、顔だけ無理やり乗せた感があるからね。
Tさんは八斗町と仰っていたが、実際に存在したのは八寸町4760番地でした。北関東自動車道を伊勢崎ICで出て上武道路に入り、県道68号線とクロスする「あずま跨道橋交差点」の角っこに存在したが現在はない。解体されて跡地はソーラーパネルになっているようです。伊勢崎・スフィンクス・夜・これらをキーワードに画像で検索してみてください。
いつかはⅠも解体されるのだろうか。
ケンミンSHOWで取り上げられたぐらいで保存運動が起きるとも思えないしな。

このパーラースフィンクスが休業(閉店)した理由を調べんと各方面を見たら、あるサイトで「台が旧い」というのである。新台の導入が追い付かないということか?私は業界用語も含めてパチンコの世界はサッパリわからない。パチンコそのものを知らないし、やったことがないからである。このトシまでやらなかったのだから今後もやらないだろうけど。
本庄と伊勢崎のラインは今後も走ることになるが、スフィンクスはその度に目に入るだろうな。
このまま捨て置かれたらカテゴリー的にいつかは「廃墟探索地図」に載るだろう。
ス1.jpg
今は何を想うスフィンクス。
その瞳は何処を、何を見ているんだい?
いつかスフィンクスの瞳にまた光が点る日は来るのだろうか。
コメント(4) 

コメント 4

佐奈田堂

船山史家様ご存知ですか?最新の研究では、ホンモノのスフィンクスも2体いたそうです
こちらも本家同様に1体だけ残ってるんですね
・・深いなぁ(´・ω・`)

by 佐奈田堂 (2018-09-11 14:37) 

船山史家

佐奈田堂さんこんにちは。
ギザのスフィンクスが対になって2体存在した設は聞いたことがありますが、よっくわかりません。
神社の狛犬が左右2つあるのと同じようなものでしょうか。

伊勢崎のスフィンクスもそうですが、群馬ってこういうヘンなものがよく取り上げられるんですよ。
自動車に乗った観音様。
https://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2017-07-08

以下は私がお世話になっているHPですが。ゴルフの観音様。
http://www.b-gunma.com/goruhudera.php
昆虫千手観音様。これは駅前にタクシーが無くて未訪のまま今日に至ってます。閲覧注意です。
http://www.b-gunma.com/kontyuusenjukannon.php
by 船山史家 (2018-09-12 07:07) 

佐奈田堂

はい、狛犬のように左右にあったということです<スフィンクス
ちなみにリンク先、、つくづく日本の神仏はフリーダムだなぁと思いました
昆虫のはなんというかこれ、外国語でネットに出したら思いっきり火が付くと思いますwwwwwwww
マジにノーサンキューすぎですこれwwwwwwwww
by 佐奈田堂 (2018-09-12 11:41) 

船山史家

佐奈田堂さんこんにちは。
群馬はそういうB級スポットが多いのです。
群馬&埼玉&千葉の三県境を訪問後に昆虫を見に行こうと足を延ばしたのですが、駅前にタクシーが無かったのです。いつか行きたい。
ではお時間ある時にこんなのもどうぞ。
https://funayama-shika.blog.so-net.ne.jp/2012-06-15
https://funayama-shika-2.blog.so-net.ne.jp/2013-10-30
https://funayama-shika-2.blog.so-net.ne.jp/2013-10-01
https://funayama-shika-2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-31
https://funayama-shika-2.blog.so-net.ne.jp/2013-05-06-3
何だか自分の過去記事を売り込んでるみたいですが。これらは西毛、中毛地区のものなので、北毛の「日本のポンペイ嬬恋村」「モグラ駅(土合駅)」東毛の「ブラジリアンタウン大泉町」にも行ってみたかったですね。
僅か1年の転勤で時間が無かったのです。もっともっと群馬にいたかった。
by 船山史家 (2018-09-13 07:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。