So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

上州三途川 [風景]

現世と彼岸の境目に流れる川を「三途川」といふ。
三途とは三悪道(餓鬼道、畜生道、地獄道)のこと。川を渡る方法として、善人は金銀七宝で造られた橋を渡り、軽罪人は浅瀬を渡河し、重罪人は深い瀬、難所を渡る、とされていたのが、平安時代末期に善人も罪人も渡し船で渡河する考え方に変わった。
渡し船で渡河するには渡し賃がかかる。六文と定められている。真田家の家紋のあれです。六道は、餓鬼、畜生、地獄、修羅、人間、天上、6つの世界を表す。
2004年の大河「風林火山」では、群馬県安中市上後閑にある長源寺(曹洞宗)のにいた晃運字伝という僧が、上州を去って武田に降る真田幸隆に、選別として渡されたのが六つの銭だった。
https://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2015-07-20-6
あの銭は渡し賃です。

三途川は日本に3つか4つあって、
千葉県長生郡長南町に4.5km、
宮城県刈田郡蔵王町に1.8km、
有名な青森県の恐山、宇曽利山湖から流れる正津川も湖畔で渡る辺りを三途川といふ。賽の河原があり、積み石がされている。
上信電鉄1.jpg
もうひとつ。三途川は上州にもある。群馬県甘楽郡甘楽町を東西に結ぶ国道254線(西上州やまびこ街道)金井交差点から西側に歩道橋があり、その下を三途川が流れている。
上信電鉄なら上州新屋駅が最寄駅。高崎、吉井方面から新屋駅に入る直前に駅ホーム端を流れています。駅ホーム端から三途川鉄橋を覗いてみた。
三途川鉄橋1.jpg
上州新屋駅の駅前ロータリーを出てみる。
上州新屋駅1.jpg
国道方面へ歩くとすぐに大きい表示が見えます。
三途1.jpg
三途2.jpg
初めて見た人はギョッとするだろう。でもここでもうあっさりと三途川を渡ってしまっている。六文銭無しで。
渡ったのは私だけじゃない。くるまがビュンビュン走っている。近隣は住宅も多く建っているから生活道でもあり、旧国道とバイパスを結ぶ裏道でもある。なので走行するくるまの量は少なくないです。
三途3.jpg
三途4.jpg
三途5.jpg
三途6.jpg
ここから川に沿って歩いてみた。
三途川はこれでも一級河川なので大雨時にはかなりの水量になるのではないか。一級河川には見えないが。
国道交通省のHPから。
『河川は上流部から小さな河川の合流を繰り返しながら徐々に海へ向かうにしたがい大きな河川となっていきます。
これら一群の河川を合わせた単位を「水系」と呼んでいます。
1965年に施行された河川法によって、国土保全上または国民経済上、特に重要な水系で政令で指定されたものを「一級水系」と呼んでいます。一級水系に係る河川のうち河川法による管理を行う必要があり、国土交通大臣が指定(区間を限定)した河川が「一級河川」です。
「二級河川」は一級水系以外の水系で公共の利害に重要な関係があるものに係る河川で、河川法による管理を行う必要があり、都道府県知事が指定(区間を限定)した河川です。
一級河川と二級河川とは、水系が違うので、同じ水系内に一級河川と二級河川が併存することはありません。
一般的には一級河川の方が規模も大きく、洪水等による災害が発生した場合の被害が大きいといえます。』
三途川は一級河川に見えないがなぁ。
三途7.jpg
三途8.jpg
三途9人道橋1.jpg
人道橋が架かっていた。何だか手造りの感もする。自転車ぐらいなら渡れそうです。
この辺りにこういうものがないと住民の行き来が不便だから地元で架橋したのでしょう。
三途10人道橋2.jpg
人道橋に乗って前後を望遠したところ。
三途11道橋から振り返る.jpg
三途12人道橋かから先を見る.jpg
三途川は緩やかにカーヴしている。
三途13その先.jpg
ここ上州の三途川は賽の河原も積んだ石も無い。自然の川というよりも、護岸工事が施された農業灌漑用水とそれを逃がす水路のようだ。
三途14振り返る.jpg
国道254号線が見えてきた。
三途15国道が見えてきた.jpg
国道254がこの川を渡るコンクリートの橋を三途橋という。橋にはプレートがかかっている。
三途16国道の橋のたもと.jpg
三途17三途橋.jpg
三途18国道渡った橋のたもと.jpg

姥子堂1.jpg
御堂がある。この御堂があるのは知ってました。私は平成24年~翌25年3月まで滞在したが、その間、私は回数を覚えてないほどこの三途橋を東西に渡河してるのですよ。
最初の頃は新道のバイパスを走行していたのですが、バイパス沿いには飲食店が殆ど無かったので、旧国道沿いを走るようになったのです。この御堂と三途川界隈に地元の信金の支店があり、そこを解約するのに出向いた時に「三途川を見つけたの。
最初は「何だこの名前は?冥界への入口か?」と思った。ただ、くるまだからあっという間に過ぎてしまい、こうしてしっかり見たことはなかった。
姥子堂2.jpg
三途川には懸衣翁、奪衣婆という老夫婦の番人がいて、渡河銭の六文銭を持たない死者が来たら渡し賃の代わりに衣類を剥ぎ取るのだが、御堂にはその奪衣婆を祀ってあると。
脱衣ではなくて奪衣です。これはおそらく悪童に対しての戒め「悪いことをすると衣服を剥ぎ取られるよ」なんだろうね。
解説板1.jpg
解説板2.jpg
解説板3.jpg
解説板が西日に反射して読みにくいのだが。こうあった。
「三途川は利根川水系白倉川の支流で、水源地から長さ約2.5キロ流れて白倉川に合流する。
三途橋は国道254号に架かる。脱衣婆が祀られる姥子堂は鍵がかかり普段は入れないが、窓の隙間から見ることはできる。
問い合わせは宝勝寺。群馬県甘楽町金井375の1(以下、電話番号)」
窓の隙間から見ることはできるってか。でも止めといた。うっかり覗いてその奪衣婆と目があったら。
姥子堂3.jpg

国道1富岡方面.jpg
国道2渡る.jpg
歩道橋に上がってみる。
御堂を見下ろす。くるまがひっきりなしに三途川を渡っている。
歩道橋から.jpg
ここから上流、山の方角です。
山方向.jpg
ここから川の源流まで2kmも無いようです。総延長2.5km足らずだから冬場ならここから川に沿って上信越道近くの源流まで歩いて行けそうだが。
その総延長2.5kmの間にMAP上で数えてみたら、三途川を渡る橋の数は、大小合わせてだいたい16橋あった。幾つかの生活農道がこの川を普通に渡河していた。
そして上信越自動車道、甘楽PAのすぐ南で消えている。
三途MAP.jpg
東西を貫く国道254線富岡バイパス(西上州やまびこ街道)はこの川を渡っていません。三途川は新屋駅の北で、鏑川の支流である白倉川と合流しており、その白倉川を渡っています。
そのすぐ先、白倉川は西上州の大河、鏑川に注いでいます。

姥子堂を後に.jpg
新屋駅に戻ります。また三途川を渡ります。
三途19上州新屋駅へ.jpg

駅前ロータリー.jpg
上州新屋駅2.jpg
駅舎には女子高生が2人いて、女らしくないカッコしてグデェ~ッとしておったよ。
駅舎の中は西日が射しこみサウナ状態でいられないです。
新屋駅は無人駅です。券売機もない。車内で整理券を取って終点高崎駅で精算するのです。
駅舎内はサウナ.jpg
汗びっしょりになったので肌着を替えることにした。外回りの私はこの時期、カバンの中に替えの肌着、シャツを必ず1枚持っている。他に制汗剤や香水も。
では何処で着替えるか。駅舎にはさっきの女子高生がいたし。駅ホーム、三途川鉄橋寄りに簡易的な待合所があった。上州は風が強いので、上信電鉄も上毛電鉄もそうですが、どんな小さい無人駅ホームにもこういう退避所があるのです。他に誰もいないし。その中で着替えました。
ここで着替えよう.jpg
その待合所は三途川の隣といえば隣にある。すぐそこを流れている。着替えたことで三途川を管理する奪衣婆に肌着を剥ぎ取られた気がしないでもないな。
着替えた証.jpg
上信電鉄高崎上り電車がキタ。
この電車で高崎へ戻るにはまた三途川を渡らなくてはならない。
六つの銭が乗客の数だけ必要なのだ。私自身の運賃は六文銭どころか確か620円だったかな。三途川を渡る上信電鉄は結構高い運賃なのだ。
上信電鉄3.jpg
上信電鉄4.jpg
上信電鉄5.jpg
上信電鉄6.jpg
前面展望?今まさに電車が三途川を渡るところです。
運ちゃんはこの鉄橋が現世と彼岸の境目に流れる川を渡るのを知っているのだろうか。
上信電鉄が三途川を渡る1.jpg
上信電鉄が三途川を渡る2.jpg
上信電鉄が三途川を渡る3.jpg
上信電鉄が三途川を渡る4.jpg
車内11.jpg
今度は旧車なので揺れます。上信電鉄のボロ車両は、左右に振られるだけではなく上下にも揺れるんですよ。乗馬してるみたいだ。
この日は泊まらずに日帰りなのですが、群馬八幡から呼び出しが。。。
コメント(6) 

コメント 6

佐奈田堂

読んでふと気づいたのですが、私が18歳の頃に単車で大事故起こしたのは、千葉県長南町の三途橋の辺りでした(´・ω・`)
あ、事故った日は、佐奈田ヨイチという遠い昔の一族が死んだ人同じでした(あっちは旧暦ですが)
あぁあと、ウチの中世発祥の房総の土豪サナダの家系のひとつにも、ややこしいことに六文銭を家紋に使っている家があります、彼らの家系の発祥はどうも室町時代辺りの分岐じゃないかと思われ、そのころから六文銭を使ってたとなったら信州の真田さんとコラボ企画でレキジョさんが飛びつきそうなネタになりますw

すいません、場所と六文銭と信州の真田さんで反応してしまいました(;'∀')

by 佐奈田堂 (2018-09-05 19:10) 

船山史家

佐奈田堂さんが事故った記事は見ましたよ。見て背筋が寒くなりましたけど。三途橋だったのですね。
でも単車に負けちゃイカンとばかりに単車を下りなかったそうで。凄いです。
私は上州三途川を社用車で往復してました。歩いたのは今回初めてですが。特に異界っぽくはなく生活道路でしたね。
過去記事の写真、長閑でいい風景でしょう。六連銭の伝承のひとつです。そんなアピールは全くありませんでしたが。
「風林火山」はよかった。DVD持ってます。真田丸も観ましたけど「現代大河」っぽくて何かイヤでした。いい俳優さんもたくさんいたのに脚本と演出がちょっと。
8月の中盤に伊豆に行ってきたのですが、石橋山辺りでいつも「佐奈田だ・・・」見て呟いています。
by 船山史家 (2018-09-06 06:38) 

佐奈田堂

風林火山は良かったですねぇ、あのオープニング曲が印象に強く残ってます
石橋山というと、佐奈田与一さんを倒した大庭さんの末裔の一人と言われる方と、ちょっとした縁で会いました
同業種系なので、いつかはお仕事お願いできるかなーとか思いつつ、既に2年程月日が経ってしまっておりますが(;´∀`)

by 佐奈田堂 (2018-09-06 16:36) 

船山史家

佐奈田堂さんこんにちは。
昨夜はありがとうございました。上品でスマートな焼き鳥でした。
内装と造作はフランチャイズの焼き鳥屋によくある造作ですね。(大吉とか。)赤い看板に黒いフォントの看板もそれっぽい。
まさかあのあと引き返して花月嵐に入ったんじゃないでしょうねぇ。
帰りは大手町から東京駅まで歩いて東海道で帰りました。
「どんな人だった?」(ジャン妻)
「ええっと・・・」

ウチには風林火山DVDとサントラがあります。今年の大河は全く観てないので過去ものを第1話から見直したりしてます。あ、そうそう、中井貴一さんが主演の武田信玄もDVD買っちゃった。
武田ものだと上田原までの前半とそこから先の後半に分れちゃうんですけどね。
by 船山史家 (2018-09-07 09:00) 

佐奈田堂

昨夜はありがとうございました!
確かに昨今、あんな感じのお店がフランチャイズで増えてきましたw
お店自体は今年で17年ぐらい経ってまして、当時から何も変わらない状況ですw
で、フランチャイズではないのですが、暖簾分けで同じ店名で現時点で4店あったと思います

昨夜はあの後は家に帰りました、そして発泡酒を飲んで風呂入って寝ましたw

武田モノ、、お好きなんですね(*´ω`)
by 佐奈田堂 (2018-09-07 14:35) 

船山史家

佐奈田堂さん。こちらこそありがとうございました。
四角い正方形のテーブル席が柱に巻きついたような造作はまさに大吉チェーンぽいですね。地元にもああいう店が2~3軒あるんですよ。
もうちょっと店の女の子に愛想があればいいんだけど、まぁ向こうの人だから仕方がないかな。
子供の頃は武田が嫌いだったの。上杉の方がカッコよく見えました。
でも管理職になってからは武田家中が理解できるようになりました。何故だかわかりませんが。
群馬に転勤している時に幾つか見て廻りましたが、群馬は武田、長尾、北条、関東管領の草刈り場みたいでしたね。
by 船山史家 (2018-09-08 06:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。