So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

富士駅そば他、駅そばに想うこと [グルメ]

富士市に公用で行く際に、JR富士駅の駅そばを稀に利用することがあります。
スタンド2.jpg
富士駅前で昼に営っている飲食店は殆ど無いようです。私は富士総合庁舎の帰途、北口ロータリー(富士山方面)からぐるっと歩いて見たが、営業していた店は全く無かった。
言っちゃ悪いけどこの日の富士市のニオイは凄かった。製糸工場が多いのでパルプが臭うのです。駅ホームでもニオうときがある。富士市内在住の女性社員は「富士市のお蔭で日本全国のトイレットペーパーが賄えるんですよ」と豪語していたけどね。
で、何故か富士駅の駅そばは、乗降客の多い東海道線ホームではなくスイッチバックの身延線発着ホーム(1・2番線)にあるのです。そこだけかろうじて残っているように見える。前述の富士市の社員に聞いたら、前は東海道線ホームにもスタンドがあったらしい。
スタンドは引戸を開けて中にはいるのではなく、吹きさらしです。券売機ではなく現金払い。
メニューは、
かけそば・うどん290円
月見そば・うどんが330円
きつねそば・うどん340円
天ぷらそば・うどん400円
天ぷら玉子入りそば・うどん440円
幕の内弁当も売られているが完売になることが多い。
メニュー1.jpg
メニュー2.jpg
富士駅には何度か下り立っているのですが、このスタンドのかき揚げは「これから揚げるのでしばらくお待ちください」「茹でる湯を新しいものにしますのでしばらくお待ちください」の時もある。
幕の内弁当やおにぎり、稲荷ずしも在庫切れの時が多い。店の営業時間もちょっとわからない。そば・うどん・汁が無くなり次第終了らしい。それほど利用客が多いようには見えないが、そこしか営ってないからウエイト状態になる時もあるが、電車の待ち時間が長いので何とか客がついているような感じのスタンド。
私はこの日、100円玉を4つ置いて天ぷらそばをお願いした。調理場に小さいフライヤーがあって冷凍のかき揚げを2分くらい揚げてましたね。今日は揚げたてだったのだ。前回は揚げ置きだった。
フライヤー.jpg
揚げたて.jpg
揚げてる間、おばちゃんがそばを茹で始めます。
オバちゃんの後姿.jpg

エビ1.jpg
熱海から西、箱根関を越えて相模国から駿河国に入ると白ネギが青ネギになるのです。
汁は黒っぽい。丼も黒いのでホントに真っ黒けなのかはわからない。
かき揚げにハラリと散らされてる小エビは・・・これは何てエビだろ。桜エビかシバエビか。野菜(タマネギ、ニンジン)よりもエビの風味が強いかき揚げですね。
エビ2.jpg
エビ3.jpg
かき揚げはホントに揚げたてなので熱々です。冷まさないとガブッといけない。ただ、見てると油切りはかき揚げを上下に軽く振るだけで、アブラを切る紙の上に置くでもなく、殆どそのままでそばの上に置いちゃうのね。
エビ4.jpg
しばらくすると冷めてくる。食べている間に油が出て来て汁に広がる。これが白い丼だったら汁の表面にアブラが浮いているのがわかる筈。
かき揚げは最初は美味しいですが、そのうちボロボロ崩れてエビが1匹1匹に分かれ、単なる海老の素揚げになってしまった。エビが大きめだからです。居酒屋で出される川海老の唐揚げをブッ散らかしたようになった。
そば1.jpg
う~ん、アブラっ濃いね。
汁の香、コクが油に負けた感がある。揚げたてでなく、揚げ置きで油切りがされている方が、汁に浸して美味しく感じるかもです。
そば2.jpg
そば3.jpg
見るからにアブラが浮いてますね。全部飲むのは止めた。
アブラ.jpg
そばは平べったくモソッとしていて、悔しいけど、誉めたかないけど、これだったらJRの子会社NREの方が美味しいかなぁ。
おばちゃんが私の器を洗っているところです。アブラ落としがタイヘンだろうな。
「だから揚げ物はやりたくないのよ」(ジャン妻)
オバちゃんひとりで頑張る.jpg

スタンド1.jpg
身延線ホームは広くて静かです。朝夕のラッシュ時は知らないが日中とそう変わらない気がする。
身延線には乗らないですよ。乗ったら船山温泉に行ってしまうじゃないか。利用者が少ないのが気になるが。
でも何で乗降者数の多い東海道線でなく身延線ホームなのだろうか。このホームだけ存続しているのだろうか。

そしてショッキングなことが。富士市その他の公用を終えて在来線で帰京し、大船駅で根岸線に乗り換えようとしたら。
クローズ1.jpg
大船軒・駅ホーム店がクローズしているぞ!!
「当店は平成30年3月30日(金)を持ちまして閉店させていただくことになりました・・・」
おのれNREめ。JR東日本T社長め。大船軒を潰しやがったな。
老舗の駅そばで有名で、NRE麺、NREかき揚げになっても、50年来続いた甘つゆが大好きだったのに。
おのれ.jpg
http://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2017-01-16
この記事で、私はオバちゃんに聞いています。
「このつゆはここで作ってるの?」
「ハイそうです~」
「そうなんだ。他とは違うね(ズルズル・・・)。こっちの方がいい(ズズズ~ッ)でももう会社変わっちゃったんでしょ」
「そうなんです。NREさんに変わりました。でも昔からのつゆがいいって仰られてウチに来るお客さん多いですよ~。懐かしいって(笑)。今はこうなっちゃったけど」
「昔は吹きっ曝しだったからね」
「そうそう。改札のある上も大船軒なんですが、店の名前を変えちゃったんですよ~」
だいたいJR東日本は朝夕通勤ラッシュの改善を全然考慮せず副業に熱心なのが気に入らないのと、駅構内のコンコースを売店だらけにする大改修には熱心だが、その結果、駅そばの旧ブランドが一様に同じになってしまった。濱そば、いろり庵きらく、といった看板である。(安定した味ともいえるが。)
「大船軒」も例外ではなく、逗子店、鎌倉店も「いろり庵きらく」化してしまった。
残るは小山駅の「きそば」、高崎駅の「たかべん」(これもNREだが)だけか。
クローズ2.jpg
だが私の駅そばに関する落胆はそう尾を引かなかった。町中のスタンドそばに「これだ」というものを見つけたからである。
三ノ輪橋ゲートから.jpg
この店のせいで?(いい意味でね)駅そばは諦めた。もう駅ホームでマズいそば、濃いだけの汁、アブラまみれのかき揚げを喰うことはないだろうな。
コメント(4) 

コメント 4

佐奈田堂

駅のスタンド蕎麦も画一化が進んでいますよね、その結果として個性も何もなくなっていってしまう・・
値段や衛生面、効率化の点では間違いなく正解だと思うのですが、どんどん独自性がなくなり均一化が図られていってしまいますね
私らが昭和の頃に望んだ21世紀は、確かにこのようなものだったのかもしれませんが、いざなってみるとあの頃の情景や味が、ほんとに懐かしくなります(´・ω・`)
by 佐奈田堂 (2018-08-08 10:18) 

船山史家

佐奈田堂さんこんにちは。
個性無いですね駅スタンドは。駅の外に出ていい店に邂逅できればいいのですが。
長寿庵でざる蕎麦食べました。美味しかった。昭和のセットそのものですね。
実は今日、ジャン妻がどっかに出張なんです。朝早く出ていきました。
夜は私だけなのと、滅多にない習志野市に公用ができたので、その帰りを模索しまして。西船橋から東葉線に乗り換えて、行徳の焼き鳥屋に初訪問しようかと時系列で行程組んだのですが。
台風13号の接近にともない、会社から早退勤命令が出ちゃったのですよ。夜半にかけてアブなさそうなので、私は総武線快速で直帰しちゃいました。
by 船山史家 (2018-08-08 18:08) 

佐奈田堂

おぉ!習志野市にいらしたのですか!
そこからでしたら行徳の千人力まで電車で30分ほどかとww
しかし台風13号が来てますので、ヘタしたら帰宅難民になりかねないので、直帰は間違いのない判断かと思われます!
長寿庵のザルも食べたのですかー!
秋になるとあそこの冷やし系は全部次の年の5月ぐらいまで食べられません、羨ましいです(;´∀`)


by 佐奈田堂 (2018-08-08 20:31) 

船山史家

佐奈田堂さんおはようございます。
台風13号は関東沿岸部を北上しているようで、こちらは通勤に支障がないようです。便乗して午前中半休にしてやろうという目論みは外れました。
でも昨夜は真っ直ぐ帰って正解でした。ジャン妻が泊まる予定を繰り上げて早く戻って来たのですよ。もし行徳で飲んでたら眦が釣り上がったでしょう。
長寿庵の冷やし系は9月末までですか。となるとあの手書きのメニューで冷やし系は全て剥がされるのでしょうか。
by 船山史家 (2018-08-09 07:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。