So-net無料ブログ作成
検索選択
Music ブログトップ

JAYWALKが雨に泣いてどーする? [Music]

あくまで個人的な意見ですが。
4人になったJAYWALKが、柳ジョージ&レイニーウッドの曲をカバーされている。
所属事務所が同じ。知久悟司氏(あの事件の時に記者会見をした社長さん。Guitarの知久光康さんの兄様です。)は両バンドの生みの親ともいえる。初期のJAYWALKは故・ジョージさんのBAckBandだったからね。後輩が先輩の曲を受け継いだ訳です。
彼らがカバーした「雨に泣いてる」を聴いてみたのですが。
https://www.youtube.com/watch?v=j-rGXs_vEwM
J2.jpg
確かに「雨に泣いてる」だった。
WOODもWALKも同じ遺伝子なんだな。
でも何か違和感もある。同じ曲、歌だけど何か違う。昭和の音じゃないというか。
オリジナルを知らなければスッと入り込めるのだろうけど。
私は評論家じゃないが、レイニーウッド、BandOfNight、J-WALK、JAYWALK、40年近く聴いて来た自負で言わせて貰うと(カケスにも入会していました。)、杉田さん&中内さんはBackChorusとしてはスバラシイ声をお持ちだが、ジョージさんの曲をカバーして歌うソロの声じゃない。
スクリームがないからクラシックなロックや、ブルースのソロボーカルとしては弱いのだ。バラードやフォークならまだしもね。
だからツインボーカル(デュオ)にアレンジして打ち込み含めて重厚なサウンドでボカした?そうか、違和感の原因はそれだ。
ジョージさん時代の曲を若い世代に繋げる伝道師として活動することは否定しないが、厳しい言い方をすると、杉田さん中内さんはジョージさんをカバーする声じゃないよ。
私はオリジナルを大事にしたいので聴いていません。
これらも購入しないです。
J3.jpg
J4.jpg
これぞオリジナルアルバムです。
YOKOHAMA.jpg
私の中ではBandOfNightはいいけど、レイニーウッドとJAYWALKは別物。
でも殆ど同じタイミングで中村耕一氏もレイニーウッドのメンバーと共演されてる。
でもレイニーウッド全員ではない。ドラムの四ツ田さんが不参加?
これにも驚いたけど。もしかしてレイニーウッドが耕一氏のバックで、「私にはスタートだったの。あなたにはゴールでも・・・」を演奏するのかなぁ。
R.jpg
レイニーウッドはさておき、JAYWALKがジョージさんのカバーを製作したのは故・ジョージさんの周辺の意向もあるようだが、彼ら自身のオリジナル製作パワーがダウンしたからですよ。
カバーよりも、誰か強力なボーカルを入れてオリジナル曲で蘇らないものか。中村耕一氏はJAYWALKに戻れないのだろうか。
コメント(0) 

杏里の新作 [Music]

今日もショート記事です。夏に杏里さんがニューアルバム「Smooth&Groove」をリリースしてたのを最近知ったので先日、購入しました。
もう店に行かなくても購入できる時代になったんですね。私はこのトシまでクレジットカードを持ってないので、ジャン妻にネットショッピングして貰った。
杏里さん.jpg
「10年ぶりとなるオリジナルアルバム」とある。
10年間何してたのさ。言っちゃ悪いがもう過去の人ともいえる。ここ数年間のリリースは録りなおしたBEST盤がやたらと多いように思うのだ。(新曲もたま~に1曲か2曲発表してたように思いますが)
「昔の曲で出ています~」ってなもんですよね。
BEST盤は初心者が購入するのに便利ですが、杏里さんの世界に初めて入る人もBESTアルバムが多過ぎてどれから聴いていいかわからないんじゃないか。
昔っからのファンは歯痒いだけです。「また出すんですか?」「また新録音のBEST?」「新曲は?」って。ひとつの曲でバージョンが2つくらいあってもいいけど、あまり多いと興ざめする。
誰とは言わないけど一世を風靡したアーティストがオリジナルアルバムを発表しないで過去曲をアレンジしてBEST盤ばかりリリースしたり、ツアーしないでディナーショウばかり開催したり、ハイトーンが出なくなってアコースティックLIVEが多かったり、杏里さんもそうなっちゃうのかな~と思ってた。
10年もオリジナルアルバムを出さないなんてインスピレーションが湧かなかったのかな。まだしっかり聴いていませんがALL新曲です。拾い聴きしたらなかなかよさそうです。
クレジット.jpg
クレジットに気になるPlayerを見つけました。
Saxの鈴木明夫さんです。柳ジョージ&レイニーウッドのメンバーだった人。明夫さんはレイニーウッド結成当時のメンバーではなく、3枚目くらいからサポートとして加わり、そのうち正式メンバーになった。
彼が加わったことでSaxという大人の音が加味されたのだが、故・ジョージさんいわく、
「明夫ちゃんが入ったこともあって彼らはフュージョンに行きたかったんだよね。当時のレコード会社は規制が厳しくて、ソロアルバムとかできなかったんですよ」(再結成時のパンフから)
彼の加入が解散の要因とまでは言ってないが、どうもジョージさんの趣味ではなかったようである。でも明夫さんは自身の方向性と、Saxという管楽器Playerの強味で、レイニーウッド解散後も他のメンバーに比べてメジャーに近い場の立ち位置を確保できたようにも思うのです。過去にも杏里さんのレコーディング&ツアーサポートメンバーで時折クレジットされています。
杏里さん2.jpg
別に私は杏里さんの大ファンって訳でもないのですが、私が杏里さんのCDをズラリ持ってるって言うと、へぇ~っって顔をされる。
イメージに合わないらしいんだな。棚を見たらアルバムCDで25枚、シングルCDで14枚ありましたよ。
自分でも思うけど私は海ってイメージじゃない。爽やかな男でもない。暑い夏が嫌いなの。海沿いは混むしね。このトシまでハワイやグアムなんかも行かなかったから。
海辺のサンセットより、乾いた上州澄んだ空のサンセットの方がいいな。
妙義サンセット2.jpg
今日はキツい1日になりそうです。その訳は明日。では行って来ます。
コメント(0) 
Music ブログトップ