So-net無料ブログ作成
検索選択
隠れ郷土史&グルメ ブログトップ

天幕城 [隠れ郷土史&グルメ]

安中のキッチンでラァンチッ!!
キッチン2.jpg
「あれぇ?どぉもぉ。今日も出張でぇすかぁ?」(店主)
サラダ&スープ.jpg
デミコロ1.jpg
デミコロです。ハンバーグの上にコロッケが載っており、デミソースがベッチョリ!!
デミコロ2.jpg
デミコロ3.jpg
デミコロ4.jpg
デミコロ5.jpg

キッチンを出るところ.jpg
安中市~高崎市へ向かうバイパスが珍しく渋滞しているところ。
目指すは東毛の伊勢崎。遠いゼ。
途中の自然渋滞である。
渋滞の隙間から.jpg
ありがとう?
なんちゅう名前だ。誰に何のお礼を言ってるのかね。
これは串焼屋さんで、旅人の惑星さんがよく行かれる店。
「何であんな名前にしたのかな?」
「さぁ。何でなんでしょうねぇ」(和が家の店主)
「まだ店に入ってもいないのにありがとうって言われてもなぁ。こんにちは、すみません、それと同義語だよ」
なんて会話をしたことがある。店そのものには未訪です。で、何故か知らんがノロノロと自然渋滞になったのだが、東京でこんなことを言われたことがある。
「あっち(群馬)は渋滞って無いのよ」
「???」
そう言って来たのは、上州の某市に実家がある女性社員さん。
「渋滞が無いこたぁなかろう?」
「あっても都心に比べたらたいしたことないけどね。でも信号が青に変わるのを2回か3回待ちぐらいで、渋滞してるなぁって言うんですよ」
「その程度でか?」
「そうなの」
2回か3回待ち程度ならどこにでもあるんじゃないのか?って怪訝に思った。
自分が過去に上州の何処で渋滞にハマったか思い出してみよう。
①安中市と高崎市の境目、18号豊岡バイパスと17号中山道がクロスする辺り。
②烏川を渡る君が代橋付近。
③並榎から本町田町連雀町辺り。
④君が代橋を渡って川沿いに走って和田橋に至る。
⑤吉井ICから吉井町へ入って多胡橋を渡るところまでの県道
⑥前橋市表町や本町
⑦太田市の駅チカ辺り。合同庁舎から東武の太田駅に至る辺りの1本道。以前は東武が地べたを走っていて踏切だらけだったのが高架になって踏切が無くなったのに渋滞は解消されていない。
市街地郊外ではあまり渋滞がないような。
いや?そんなことない。伊勢崎市の北に渋滞の名所がある。西久保という五叉路。
渋滞.jpg
北関東自動車道の伊勢崎ICからスイスイ走行して来たのだが、西久保よりひとつ前の信号から遅くなった。
西久保交差点は道路の線形が悪く、この状態で真っ直ぐ進むと右折レーンになってしまい、直進して北へ向かうには左車線に逸れて進むのです。当然のように左折する自動車もあるので、直進車、左折車が交互に進んでるようなもの。
脇道も探したのですが地図を見ると一目瞭然、この辺りは裏道に逸れようとしても田んぼのあぜ道を拡張した農道ばかりだった。昼間はまだしも夜だと真っ暗で下手したら田んぼに落ちかねない。
他に道が無いせいか大型車も頻繁に通る。正面を突破するのに10分を要した。

西久保は群馬県の主要渋滞解消箇所にも挙がっている。
そりゃ都内神奈川にはもっと凄い渋滞名所が数えきれないくらいあるが、この程度でも「渋滞する」と表現されている。
交差点が赤堀小学校に面しているので、そこの児童が信号ボタンを押したりするから更に拍車をかける。歩道も狭く、登下校の危険も提言されている。
この先を更に北へ1kmほど走るとカリビアンビーチという海無県に相応しい?プール施設があるのだが、そこまで行かずに和菓子屋さんを左折。
長閑な平野部に出る。
何やら公園ぽいのを目標に。もう遠目に見ればあれだな?とわかる。
天幕城1.jpg
天幕城2.jpg
天幕城3.jpg
前に標注だけで何も無い那波城をUPしたことがある。
http://funayama-shika-2.blog.so-net.ne.jp/2014-12-17
ここ、天幕城にも那波氏がいたとか?
平野部を走っていて、伊勢崎ICを目指していたら道に迷って見つけた赤堀城。砂塵が舞いあがる畑にデツかい土塁が目立っていたが。
http://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2015-05-23
天幕城は赤堀城の支城だったともいう。双方とも近いのです。
北側から城内に入り込むとすぐに本丸。楽チンな訪城。
重機の無かった頃に随分と大規模な土木工事をやったんだなと、重労働を偲ばせるブっ太くて重厚な土塁が現れた。
天幕城4.jpg
天幕城5.jpg
天幕城6.jpg
天幕城7.jpg
天幕城8.jpg
天幕城9.jpg
天幕城10.jpg
天幕城11.jpg
高さは5mほど。上幅も広くて8mほど。細長い曲輪といってもいい。
残存するのは北側と西側だけだが、往時は全方位的に巡らされていたものと推測される。東側と南側とは耕地整理で均されていて面影はない。広大な外郭部が東側に広がり、駐車場になっている。
天幕城12.jpg
天幕城13.jpg
水道があるぞ。
すみません。皮靴を洗わせていただきました。
水道.jpg
天幕城の周囲は川や用水、沼があるので、かつては沼に浮かぶ城のようなイメージだったのではないか。
ここにいた人は誰かわからない。那波氏や赤堀氏がいたとしたら、上杉、武田、桐生、由良、北条たちにといいように翻弄されたに違いない。
余湖先生の描かれた鳥瞰図をお借りします。(転載許可済みです。)
鳥瞰図.jpg
この程度の遺構にしては駐車場がダダっ広いのは、天幕城の東側は赤堀磯沼公園(あかぼり蓮園)になっていて、外堀跡に4000平方メートルに渡って蓮が植栽されている。
伊勢崎市の花の名所なのだが、まだ時期じゃないので7月にならないと開園しない。
市のHPにもある。「毎年7月中旬にはあかぼり蓮園まつりを開催し 様々なイベントを行います。毎年7月上旬~8月中旬。見頃は早朝から午前中です」
蓮の城.jpg
写真は市のHPから。
その時期、天幕城は「蓮の城」ともいふ。
コメント(4) 
隠れ郷土史&グルメ ブログトップ