So-net無料ブログ作成
検索選択

船山温泉99の謎122 あの時何が起きたのか。 [船山温泉]

何がおきたか1.jpg
「あのネタは99の謎で取り上げるの?」(ジャン妻)
「あれか・・・どうしようかな・・・」
私はUpにイマイチ気が乗らなかかったのですが。
「駐車場が改善されたんだから取り上げたら?」
「まぁそうだな」
では別に船山温泉の謎でも何でもないのだが。昨年12月のチェックアウト時のアクシデントについて。
船山館1.jpg
すっぐにUpしなかったのは武士の情けというもの。その後1月10日のFecebookに改善された投稿がUpされておった。
さすがにこれはマズイと思ったんじゃないかな。アクシデントの当人が船山温泉スタッフのマニュアル上で、「ネット注意」と記載されたくらいの私ですからね。
(過去にそういうメモが畳の廊下に落ちていたことがある。)
チェックインの時、毎回そうですが左手に船山川を見ながら一本道の林道に入り、ハンドル左にきって橋を渡って船山温泉敷地内に滑り込んだ。
前向き駐車する際に私は呟いている。
「大丈夫だろうな」
「砂利を敷いたみたい」
私を入れて4台か5台しか停まっていなかった。右端の軽トラはご先代の山仕事用の作業者。いずれも前向き駐車である。
現在、船山温泉の駐車場は大森山の斜面に向かって前向き駐車になっている。大森山側の裾との境目が水場になっていて、そこにはお裏方にある岩魚や山女魚の野外水槽から水が流れており、そこにクレソンが栽培されているからです。
BACKで駐車するのを見た宿泊客が部屋のアンケートに「食材でもあるクレソンに向けて排気ガスが常時当たるのは如何なものでしょうか」と書かれたことがあったそうです。だから前向き駐車になった。
皆さん前向き駐車.jpg
もっともクレソンってのは必ずしもキレイな水に自生する訳ではないらしいですよ。
クレソンが生えていたらそこはきれいな水という訳ではない。生で食べられるからそう思われがちなのではないか。
駐車場を流れる沢にクレソンが生えている。その沢の水がキレイで澄んでるのは船山から上流に人家や生活排水がないからですよ。人工建造物は船山川の水量を調整する堰堤、砂防ダムしかないのです。
水がどうこうより排気ガスが吹き付けるのを気にするのは私も理解できます。それでいつの日からかくるま止めの丸太、ブッ太い丸木が埋設され、ボルトで固定されてALL前向き駐車になった。
丸木はその辺の山からご先代が切ってきたんだと思います。
私がアクシデントに見舞われたあの日はその砂利が浅くなっていたか丸太が太かったか、ボトルがデカかったか、私が前向き駐車してチェックインした時点でバンパーがボルトを跨いだ状態で乗り上げていたらしい。
私はその状態を見ていません。
砂利を嵩上げした?.jpg
問題のこれ1.jpg
問題のこれ2.jpg
現在、船山温泉にはT館長の他に男性が2人いて、1人は勤務歴3年を超えたからあの職場にしては永年勤続年数もの。もう一人はT館長の地元の同期の方か同級生らしく、チェックアウトした日が初出勤だったので表情がかなり固かった。
見送りに来たのがその男性だったか、もう1人の3年以上の男性だったか忘れたが、見送られてエンジンかけてギアをBACKに入れてアクセル踏んだらくるまが動かないのである。
そこでいったん待てばよかったのだが、私はジャリでスリップしたのかと勘違いしてグッと踏みこんだ。そしたら何か裂けたような音がした。
男性が手を挙げた。
「ちょっと待ってください」
「???」
運転席側(右)のバンパーが脱落したのがわかった。
「アリャリャ・・・」
裂けていたんです。このアクシデントで駐車場にT館長含めて3人の男性が揃い踏みし、お裏方から大女将まで出て来られ、ちょっとした騒ぎ、でもないが、折しもチェックアウト時間帯で、他のお客もパラパラ出てきては私のこの有様を横目で見ては目を逸らして出ていく始末。注目の的だが敢えて避けて通られたみたいな。
チェックアウトのお客がまだ館内にいるので、3人のうち1人はフロントに戻った。次にT館長が工具を持ってきて、ボンネットを開いて内側からバンパーを仮止めして、外側はガムテでぐるぐる巻きにして留めたんですよ。
何がおきたか2.jpg
その間ジャン妻は、船山温泉から一番近い富士宮市のカーディーラーに電話している。
実はそのディーラーに前にも行ったことがあるのです。かなり以前、船山温泉を知って3回めか4回めの宿泊時往路だから2008年か2009年頃だったか、富士宮市の芝川経由で富士川を渡り、尾崎トンネル(武田の狼煙台がある)に入る手前、左のデカい路肩に寄せたら縁石にタイヤを擦ってバーストしかけたので、富士宮市内のカーディーラーに戻ってタイヤを交換したことがある。
そこへ今回も持ちこんだの。船山温泉から20数キロの距離。
T館長の応急処置は適切だった。
デ1.jpg
富士宮市のディーラーを出て第2東名に入り、帰宅するまで全然大丈夫だった。
「Tさんはくるまが趣味なの?」
「くるまというか、理系だから機械、機器、全部好きなんじゃないか」
ちょっと参ったのは時間帯が時間帯なので他のチェックアウト客にもジロジロ見られたこと。
他所でならともかく、ここの敷地内で「何見てんだオラぁ」って絡む訳にもいかないし、見られて当然である。ここにUpすることで私の正体、素顔がバレバレになったかも知れない。

応急処置して地元のカーディーラーに預けた後、ある質問事項があったのでT館長にメールした。その返信に、「駐車場についてはすぐ改善します」とあった。
フェイスブック1.10.jpg
そして桜散った今回、くるまを駐車場に入れたら前よりモコモコ、ジャリジャリ、フワフワしていた。
前のトラウマがあるので余裕をもたせて停車。
改善された模様.jpg
チェックインして早々、3人男性のひとりでT館長の同級生?同期?が出迎えていきなり、
「あの後、大丈夫でしたか?」
いきなり思い出させてくれてありがとうよ。
大丈夫だからこうして来てんじゃねぇかよって。(笑)
「あの後すぐディーラーに行って・・・」(ジャン妻)
・・・は忘れた。思い出させてくれたのだからネタにしてやろかってこのとき初めて思った。
「あれ以来どこに行っても前から突っ込む駐車にトラウマになったさ」(ボソッ)
イヤミのように返しました。
この日は台数少ない.jpg
「砂利を多く盛ったの?」
「ハイ盛りなおしました。丸木の車止めを一旦掘ってまた埋め直すとなるとタイヘンなので」
「明日出る時大丈夫だろうな・・・」
「大丈夫ですよ」
前向き駐車.jpg
私は昨年の記事でコメント頂いたのばらさんに、「船山温泉の駐車場に停める時は必ずBACKでお停めください」と書いていますが、現在はALL前方駐車です。
改善されたからおそらく大丈夫と思われますが、エアロパーツやフロントスポイラーが装着されていたり、車高が低いとどうだろうか。ピッタリ丸木にくっつけない方がいいかも。
私もくっつけてないです。
車高と砂利.jpg
今思えばあの程度で済んでよかったと思う反面、これまでああいうアクシデントは無かったのかなと不思議な気もする。
何で私だけがああいう厄災に遭わなきゃならなかったんだろ。
この私が。
船山史家にこういうアクシデントが降らなくてもよかろうモン。
「そりゃ好き放題書いてるからよ」
「ああ、ネタか」
ネタの方から私らに降臨したのかも知れない。
愚痴るよりネタにしちゃうか、である。
船山館5.jpg
コメント(0)