So-net無料ブログ作成
検索選択

克に何があったのか? [居酒屋]

克1.jpg
妙に空いてたんですよ。
静か過ぎるくらい。
湯煎をしようとしてふと気付いたら、2階、Japanese Bar KATSUへ上がる階段に、黄色い紙でデカデカと。
掟1.jpg
①日本酒に興味のない方はお断りいたします。
②アルコールを飲めない方もご遠慮いただきます。
③ちまたで有名な人気酒だけを飲みたい方は1Fでどうぞ。
④辛口の酒が1番旨いと思っている方は店主と意見が合わないと思います。
⑤大きな声で談笑する方へはご注意申し上げます。
⑥香りの強い香水やコロンをおつけの方もお断りいたします。
⑦日本酒を楽しむ以外での目的でご利用されるお客様、特にカップル様はお断りする場合があります。
⑧2Fには日本酒メニューはありません。店主の独断でお酒を選ばせていただきます。おつまみもお任せです。
⑨大人数様(4名様以上)も10席しかないのでお受けできません。
⑩以上、偏屈で石頭の店主ですが、それでも良ければ是非お2Fへどうぞ!
※初めてのご来店、予約なしのお客様は、必ず1Fスタッフに確認をお願いいたします。

もう1枚あって、これは1階と2階の違いを明記してある。
掟2.jpg
KATSUのご案内!
当店は1Fと2Fがあり、内容に大きな違いがあります。
2F JapaneseBarKATSU
★2Fは座席数10席のカウンタ^バーです。
★ゆったりのんびり静かに日本酒を楽しむスペースです。
★店主と日本酒談義ができます。
★日本酒の正しい知識が解ります。
★お料理もお腹に合わせてコースが選べます。
★じっくり日本酒を味わいたい方におすすめです。
★2Fは別紙にてご案内ございますご参照ください。
(別紙?ああ、黄色い紙ね。)

1F ChoinomiKATSU(ちょい呑み)
★1Fは座席数30席・立ち飲み15席程度のパブスタイルの純米酒BARです。
★おひとりでも団体でもお気軽に日本酒を楽しむスペースです。
★キャッシュオン制ですのでその都度お支払い、会計を待たずにお帰りになれます。
★呑みたい銘柄を探しながら自由に少量ずつ楽しむ方にはぴったりです。
★お燗酒もセルフでご自分のお好きな温度で楽しめます。
★おつまみもショーケースの中からお好みで選べます。
★1F2F用途に応じてご利用いただければ幸いです。
店内1.jpg
店内2.jpg
店内3.jpg
1階を仕切る男性に黄色い紙を指しながら、「何ですこれ?何かあったの?」
「いや、何があった訳ではないのですが。思いきってこうした方がいいのかな~と」
とか何とか言っておったよ。
ってことは何かあったんだろうね。
店内4.jpg
これについて私は賛否是非半々ぐらいです。総論賛成で各論でちょっとな~と思うのだ。
ひとつひとつ自身に当てはめて考えてみた。

>①日本酒に興味のない方はお断りいたします。
そんな訳ない。でもこれは2階のルールだから1階は日本酒が飲めなくてもいいのかな?

>②アルコールを飲めない方もご遠慮いただきます。
んな訳ない。でもこれも2階のルールだから1階は下戸でもいいのかな?

>③ちまたで有名な人気酒だけを飲みたい方は1Fでどうぞ。
巷で有名な人気酒?群馬泉が?
私はバカの一つ覚えで群馬泉か、無けりゃ巌辺りを飲んでるけど。
人気の有る無しではなく好きだから飲んでるのさ。

>④辛口の酒が1番旨いと思っている方は店主と意見が合わないと思います。
私は甘口嗜好かも知れない。食中酒なので酒も料理もお互いに邪魔し合わなければいいのです。そういう意味ではスペシャル純米大吟醸は殆ど飲まないです。

>⑤大きな声で談笑する方へはご注意申し上げます。
そういう輩ではないつもりだよ。

>⑥香りの強い香水やコロンをおつけの方もお断りいたします。
加齢だから多少は香水つけてます私。

>⑦日本酒を楽しむ以外での目的でご利用されるお客様、特にカップル様はお断りする場合があります。
他にどんな目的があるんだろう。オンナを口説く目的か?

>⑧2Fには日本酒メニューはありません。店主の独断でお酒を選ばせていただきます。おつまみもお任せです。
一度、利用したけど。確かに店主と会話が無かった気がするな。移転前に食べたチーズオムレツはできないの?とか日本酒に関係ない会話をしたような。
店主はママに聞いてはくれたんですよ。「できるか?」って。

>⑨大人数様(4名様以上)も10席しかないのでお受けできません。
大人数のヨイショ宴会が大嫌いで、会社の飲み会もろくすっぽ参加しない私には該当しないです。

>⑩以上、偏屈で石頭の店主ですが、それでも良ければ是非お2Fへどうぞ!
ええっと、確かに偏屈。(笑)
趣旨、主旨はわかる気もするけど。これだと静かに呑む日本酒マニアしか2階に行けないってことだよね。

もう1枚の紙に、「ゆったりのんびり静かに日本酒を楽しむスペースです」とあるから、そういう空気、雰囲気の店にする為に敢えてこうしたんでしょうね。
ただ、「店主と日本酒談義ができます」、「日本酒の正しい知識が解ります」、これはちょっと上から目線と言えなくもない。私も正直言って日本酒の正しい知識なんてないし、居酒屋=(イコール)1日の終わりで、今日1日を振り返り、自分の人生と向きあい、反省するべきところは反省し、リセットして明日への馬力に繋げる場所ですよ。
自分を主役にして、1日のドラマの締めのスタジオセットなんですよ。ロケじゃないからね。
日本酒談義だけでは趣味の範疇でしかない。本来の居酒屋はそれこそいろんなネタでの会話があっていいと思うのです。
BARなんかでも洋酒談義しないです。聞いてもチンプンカンプンなんだよね。
日本酒が飲めるのが絶対条件なのはわかりますが、日本酒嗜好(志向)の上級者しか受け入れないと言っているようなものだなぁ。
群馬泉.jpg
ぐいのみ.jpg
湯煎.jpg
巷ではイロのついたヘンなドリンクが氾濫している。若い者の日本酒離れが進んでいるからです。日本酒はオヤジのイメージがあって間違った偏見を持たれてる。熱燗なんか特にそう。
でも誰だって最初っから日本酒を呑める訳じゃない。今は日本酒が飲めなくても、若い者が日本酒を飲む、日本酒を飲む若者を育てる、克はそういう店であって欲しかったのだが。でないと日本酒が次世代へ、未来へと続かないと思うのです。
でもそれより先に、店主が求める店の雰囲気、目指すものを実現する為に敢えてこうしたんでしょうね。
私ですか?
私は日本酒を楽しみに来ているのではなく、ママの作るお惣菜目当てに来ているようなもの。
総じて料理の提供が遅い高崎の居酒屋たちの中で、この店はいちばん提供が早いですよ。そりゃお惣菜だからアタリマエだけど。
私がいる場所は1階の入って右、立ち飲みスペースだけです。いっつも空いてるのだ。
私の場所.jpg
最初の膳.jpg
ハラス焼.jpg
たくあん.jpg
焼きそば1.jpg
焼きそば2.jpg
焼きそば3.jpg
焼きそば4.jpg
焼きそば5.jpg
焼きそば6.jpg
焼きそば7.jpg
焼きそば8.jpg
焼きそば9.jpg
焼きそば10.jpg
焼きそば11.jpg
焼きそば12.jpg
「いつもの場所ですよね」
「うん。あまりあのスペースを使う人っていないの?」
「あまりいないんですよ」
「ええ、そうなのか。あまり来れないけどあのスペースなくさないでね」
言い置いて戻ったら上から店主が下りてきた。
マスター1.jpg
マスター2.jpg
「あれ?」
「ああ、どうもです」
「いつもそこですね。群馬泉ですか?」
「そう群馬泉。ワンパターンなんです。ここだと誰にもジャマされず、自分のペースで飲めますから」
店主はフロア責任者と私を交互に見て、「焼きそば出した?」
私が焼きそば好きなのは周知らしい。
「ふた皿いただきました」
店主はニッコリ笑って上へ戻っていった。文章で書くとああなるけど、気さくな人なんですよ。
そのうち書かれたりして。「焼きそば目当ての方はお断りいたします」って。(笑)
克2.jpg
克3.jpg
私はもう2階へ行くことはないだろうな。
日本酒談義って限定されちゃうとね。
私はあくまで③です。巷で有名な人気酒を飲みたい人なので、それと秀逸な焼きそばがあればいいや。
コメント(8)