So-net無料ブログ作成
検索選択

船山温泉 夕餉~経営談義 [船山温泉]

アルバム?.jpg
部屋にアルバムが置いてあった。
TVの棚に格納された館内案内とは別の冊子です。
特別料理1.jpg
特別料理2.jpg
開いてみたら、17時までの予約定番特別料理、季節の特別料理、お酒、お茶、お土産の類。
部屋にこういうものを置いてお客の脳を活性化させ、売上UPを図る戦略に違いない。
だけどその辺に自生しているクレソンのサラダが650円??

部屋の内線が鳴る。
受話器を取っていきなり「ハイ行きま~す」
「お待ちしております・・・」ガチャン。
4組しかいないから、静かな食事Timeだった。
夕餉が並んだ1.jpg
食事処の配置を2人並列で庭を眺めるのではなく、前のように2人向い合せにしてくれって言ったのです。テーブルで2人並列だとイベントとして成り立たないからね。
夕餉が並んだ2.jpg
夕餉が並んだ並んだ。
台のものに何とかブタの・・・忘れた。岩魚の春巻他。
ウド、ゼンマイ、味噌ダレが2種あって、皿の端にあるのと真ん中にあるのは別モノです。どっちかが酢味噌で酸っぱい。
台のもの.jpg
岩魚薄造り.jpg
以下、追加の2種、馬肉の桜漬け。
桜漬けはタタキですね。特製のタレで和えてありますが、醬油を浸けると皿に美味いです。
馬肉桜漬け.jpg
筍の刺身。裏の大森山から引っこ抜いてきたのかな。
筍刺身.jpg
猪鍋。ぼたん鍋。
赤い猪肉は煮込めば煮込むほどやわらかくなります。
猪鍋1.jpg
猪鍋2.jpg
猪鍋3.jpg
猪鍋4.jpg
猪鍋5.jpg
これは試作品です。筍とウドの炒め物。
味はいいです。時々UPする私らが行く都内の居酒屋、料理まったくできないママが黒板に白いチョークで達筆にメニューを描く店で出される味や路線によく似てる。
筍とウドの炒め試作品.jpg
岩魚素揚げ1.jpg
岩魚素揚げ。もう何年も船山で岩魚の塩焼を食べてないですな。
私らはもうずーっと岩魚刺身だけで通してますが、さっき掲載した特別料理にも岩魚刺身があって、それには、「頭、骨、尻尾は素揚げにしてまるまる1匹お楽しみください」とあるな。
特別料理に岩魚骨煎餅も追加しましょうよ。まるまる1匹の素揚げと骨煎餅とは全く違う料理ですからねぇ。
岩魚素揚げ2.jpg
今日はお客が少ないせいか、料理の提供が早いな。
「客がいないから早く帰りたいんだろうな」と悪態をついたが、21時になってフロントがクローズしたらスタッフミーティングが開かれていたんですよ。早く帰りたいんだそうなんて悪態ついてゴメンなさい。
これまで出てる料理を食べ切れていないので、甲州ワインビーフ、「火をお入れしましょうか?」は少し待って貰った。
ワインビーフ1.jpg
ワインビーフ2.jpg
ワインビーフ3.jpg
手打ち蕎麦.jpg
手酌のジャン妻.jpg
実は今回は私の誕生日プランでして。
ケーキが添えられました。それも2種。
デザートと夜食.jpg
甘そう・・・1.jpg
別にこのトシになると自分の誕生日なんか全然ウレシくないけどね。でもこうしていろいろ気を遣って出していただけるのは嬉しいですよ。
ただ、私は甘いものが苦手でし、そういうのを納める別腹というものがないので。
黄色いのは何?.jpg
では脇にある黄色いものは何かって?
これは館主が私の誕生祝に自ら作ってくれたタマゴたくさんのタルタルソースですよ。
それを見たジャン妻は眉間に縦皺が数本たち眦が釣り上がった。
「ちょっと〇〇さん(館長)、どの料理にタルタルソースを浸けて食べろと・・・」
「いいじゃないか私の誕生日プランなんだから。毎日食べてるわけじゃないし」
「ホラホラホラ奥様の写真撮らないと。(ここで更にジャン妻の眦が釣り上がる)今日はお誕生日だから。ええっと、岩魚の素揚に浸けるとか」
私はそのままつきだしでナメナメしながらいただいた。
味は紀尾井に匹敵??
甘そう・・・2.jpg
甘そう・・・3.jpg
これは私でも食べれた1.jpg
これは私でも食べれた2.jpg
「この後ご飯はどうされますか?」
かなりお腹が苦しくなってきたので、今すぐこの場では、「無理かな・・・」
「ではお部屋へお握りに」
デザート、タルタル、混ぜご飯と普通の梅干し、お漬物はお部屋へお引越し。
二次会2.jpg
だけど・・・
食べる量落ちたなぁ。飲む量も。
前はこれに白ワイン1本、空けてましたからね。ビールも2本飲んでたし。

部屋へ夜食を運んでからロビーへ下りたら館主がいた。
「そういえば・・・」
「???」
「〇神さん大丈夫なんですか?」
「ああ、あそこはね・・・」
館長はあの宿の今後を心配しておった。あそこで何が起きているのか今日までBlogの中では触れていませんが、ロビーで経営者談義になった。
「大分経ったけど施設はまだまだ使えると思うんだよね」
「ウチ(船山)と違ってお湯も豊富じゃないですか」
「料理もこれっていうものがあるし」
館主イコール経営者.jpg
何処の旅館も後継者への世代交代という問題を抱えていますが、その宿の売上が継続的に安定して客がついていれば業務や経営の引き継ぎは大した問題ではなく、やる気、努力、経験でなんとかなるんだと。
だってそこにモノがあって稼動しているのだから。
面倒で厄介なのは今の経営者と後継者、それら家族を含めた組織の事務処理の部分だという。これを上手くやらないと、旅館は固定資産があるから相続をめぐって身内同士で諍うようなことになりかねない。
船山温泉もついに〇〇〇〇に踏みきったのだがここでは触れないよ。
「こんなにブ厚い書類で・・・」
「誰かにサポートして貰えなかったの?衛生関係の届出だったら私でもできるけど」
旅館業と私らの業界は窓口が重なる部分もあるのです。
「一旦廃止して新期扱いになるんですよ」
「この人(私のこと)しょっちゅうそういうのやってるよ」
この後、モロモロの話になり、
「大丈夫じゃないですかね。自分もそうでしたが、いったんここ(南部町)から外へ出て、それでこの場所で旅館経営ができる良さがわかったんですよね」
フロント.jpg
前に館長に取材した時、船山温泉を次世代にどう存続させるか、あくまで仮定の話ですが、「老健施設にするという手もありかな」と仰っていた。そしたら甲府か身延かどこかの旅館が本当に老健施設に鞍替えしたという。
まさか施設の入居者にジビエを提供する訳にもいかないだろうけど。
ただ閉めりゃいいってものでもない。旅館って売却や譲渡するとしても、借入が少なくて売上が順調でないと買い手はつきにくいそうです。
「彼、蕎麦宿を相当心配しとったな」
「理想の宿なんでしょうね」
「前から意識してたし。夕餉が済んだら母屋に引っ込むあのスタイルが理想だって」
「っていうか、それって今でもやってるし・・・彼(館長)、兄弟姉妹いないの?」
「姉か妹がいて何処かで〇〇関係に従事してるって聞いたことあるな」
「全然違う仕事してるんだ」
「妹だったかも。妹もヒゲ生やしてんの?って聞いたことある」
「・・・」
夜4.jpg夜5.jpg夜2.jpg
夜3.jpg
風呂はガラガラ。誰ともカチ合わなかった。
さっきの話に併せて、今日は4組しかいない現実を見たら背筋が寒くなったね。
夜1.jpg
二次会1.jpg
ケーキでご満悦のジャン妻である。
カオが大きく膨らんでる。
ご満悦1.jpgご満悦2.jpg
コメント(4) 

コメント 4

みー

遅くなりましたが 、お誕生日おめでとうございます。
タルタルのプレゼントって、さすがによく分かってらっしゃる(笑)
先々週、会津に行って来ました。お兄さんとお話しましたよ(^_^;)
宿の経営って難しいですね・・・
船山は手が届かなくなってきました。
by みー (2017-05-02 15:32) 

のばら

こんにちは、誕生日おめでとうございます。久しぶりに船山の新緑みました。4組さびしいですよね。
by のばら (2017-05-03 00:36) 

船山史家

みーさん、おはようございます。
ついに船山温泉でタルタルソースが出されました。
でも何に浸けて食べたら良いやら。そのままナメるか、岩魚素揚げと添えられた山菜天ぷらに浸けて食べるか。
どこでもそうなんですが、私とジャン妻の反応が真逆なので、私らの表情を見てオモシロがって出すんですよ。
確かに船山温泉はランクが上がりました。船山より高いランクの宿を利用している客が船山に来て「いいな」って思うような宿になりましたね。
え?蕎麦宿の長男さん喋るんですか?
by 船山史家 (2017-05-03 07:23) 

船山史家

のばらさん、おはようございます。
荒涼とした冬、新緑、ホタル、枯葉舞う秋。。。
私は桜の時期と雪景色を知りません。桜の時期はジャン妻が決算、予算で忙しいので引退するまで来れそうもないのです。
でも引退しちゃったらそうそう来れないくらいの金額になってしまいましたね。
4組中、1組はひとり客のようでした。翌日は8組。前年度に比べて減ったのかどうか。
大浴場を寝湯にするからだよって悪態もつきました。
by 船山史家 (2017-05-03 07:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。