So-net無料ブログ作成
検索選択

いおりNight [グルメ]

駅周辺が再開発され、地下鉄が湘南台まで全通してからは、戸塚駅で下りて駅の外に出て買い物やら飲食に出ることは殆どなくなった。単なる乗換駅になってしまった。
戸塚駅東口、19時過ぎ。
1国道が地下トンネルにもぐり、開かずの大踏切が閉鎖されてせいか、平日なのに人通りはまばら。
夜1.jpg
コンビニのブルーな光に惑わされてその上にある店は料理屋に見えない。
駅近くで立地はこれ以上ないくらいいいのに、周辺のロケーションで損している感がある。
夜2.jpg
夜3.jpg
この暗くて急な階段。
美容院の脇を通って店内へ。
夜6.jpg
夜7.jpg
先客が4人、ひと組いただけ。
カウンター奥の席にリザーヴの札が置いてあった。
最初の膳.jpg
おとおし.jpg
ビール&おとおしが出されたら、若い男女2名スタッフは私の席の壁を隔てた隣に引っ込んだ。
左の足元に荷物を入れる布カゴがある。
荷物置き.jpg
これがあると左壁との間に隙間ができてしまい、行儀悪く斜めに寄りかかれないので右の足元に退けた。
私は手ぶらだし!
見上げたらカウンター上に一升瓶がズラリ並んでバリケードしている。店主が見えないぞ。
話しかけられたくないのかな。
酒瓶が並ぶ.jpg

店主が見える.jpg
これまで2回、昼の法事でざっくりとコースを指定しただけなので、では料理アラカルトはどのようなものかジロジロ見た。こちら側から店主が見えないのを幸い写真を撮りまくりである。
料理メニュー1.jpg
料理メニュー2.jpg
料理メニュー3.jpg
料理メニュー4.jpg
料理メニュー5.jpg
見て驚いた。料理メニュー10頁、それも創作系のものや自信作、おススメには詳細な解説付き。解説の文体は、です、ます、の丁寧なもの。
料理メニュー6.jpg
料理メニュー7.jpg
料理メニュー8.jpg
料理メニュー9.jpg
酒のメニュー10.jpg
ドリンクも日本酒メニューだけで10頁ある。日本酒だけ掲載しますが、日本酒は人によって好みがいろいろあるので、店主が吟味した感想を含めて料理以上に詳細な解説が記載されていた。
酒のメニュー1.jpg
酒のメニュー2.jpg
酒のメニュー3.jpg
酒のメニュー4.jpg
酒のメニュー5.jpg
酒のメニュー6.jpg
酒のメニュー7.jpgメに書いたとはオドロキ。
酒のメニュー8.jpg
酒のメニュー9.jpg
酒のメニュー10.jpg
解説でも何でも文章は自分が読み手に説明する、理解させる目的で書き出すもの。愛想の無い店主はホントは心の中では饒舌なのかも知れないね。
温野菜1.jpg
地野菜をスチームした温野菜。
根菜盛り合わせですね。柚子味噌に漬けていただく。
マヨネーズが欲しいと思う。
温野菜2.jpg
ステーキ1.jpg
A5ランク、いちぼステーキ。
これがこの店で最も高い料理で2800円。(鰻は100円高く2900円)
ステーキ2.jpg
ステーキ3.jpg
新玉ネギの揚げ出汁。地元戸塚のタマネギとか。
新タマネギ揚げ出汁1.jpg
モッツァレラチーズの葱味噌焼き。
熱々のうちに食べないと固まります。
チーズ1.jpg
チーズ2.jpg
スタッフに「熱いうちにお召し上がりください。器は熱いのでお気を付けください」と言われたが、お盆の向こう側に片寄ってるんですよ。
チーズ6.jpg
チーズは伸びるものじゃないですか。口先が届かないので手前にズラしました。
チーズ7.jpg
チーズ3.jpg
チーズ4.jpg
チーズ5.jpg
この店、フロアにスタッフが見回ったりしないんです。
見回るほど広い店でもないのだが、フロアに誰もいないし、店主は見えないし話しかけ難いし。オーダーするにはファミレスに置いてあるようなピンポンを押すんですよ。
ピンポン.jpg
後でジャン妻は「カウンター席にもピンポンがあるの?無粋ねぇ」と言ってたが、愛想の無い人見知りの店主は料理に集中したいので敢えてピンポンを置いてるのかも知れない。カウンター上段が酒瓶で遮られてるのもその為でしょう。酒瓶が並ぶ.jpg
スタッフがフロアに出てこない店?法事の昼懐石の時もそうだったかな。あの時は2人のオバちゃんがいたが、奥に籠りっきりってことはなかったぞ。
今宵は1人客の私と、4人客がひと組いただけだからマメに出てく必要が無いのだろう。
4人客はコース料理らしく、コース順に料理を出す時や酒や氷の追加の時にピンポンが鳴ってからスタッフが出ていく。そして空いた皿を下げる。
ピンポンが鳴る、オーダーを聞く、オーダーを入力する、印刷される、紙の音がベリッと鳴るのはおそらくミニプリンタの自動カッターでしょうな。
スタッフが店主に殆ど声をかけない。かける必要がない。オーダーが印刷されてそれを目で確認するだけのようです。
「南番さんオーダー入りました。何々、是々、お願いしまぁす」のような威勢のいい掛け声とは無縁の店なんです。
コースの最後の方で、「デザートお願いします」
「ハイ」
店主とスタッフとの会話はこれだけだったな。
馬刺1.jpg
馬刺2.jpg
馬刺4.jpg
馬刺5.jpg
私が行儀悪く斜めにもたれた壁からスタッフの会話がモゴモゴ洩れ聞こえてくるんですよ。仕事の会話じゃないね。
スタッフ2名と店主の間には隔たりを感じる。店主が愛想が無いからスタッフ同士で会話するしかないんだろうけどね。
さっきから愛想無い愛想無い言ってますがゴメンなさい。だってホントにそうなんだから。とうとう店主自ら皿洗いまでしてましたよ。そんなん私語してるスタッフにやらせましょうよ。

ひとりでボケーッと酌んでました。
店内がガラ空きなので、外の灯が見える。しょっちゅうチカチカ点滅するのがこっちに渡ってくる横断歩道の歩行者信号の灯。
赤ったり、青ったり。
店内1.jpg
店内2.jpg
これは店のせいではないが、興を削ぐ感は否めない。これもコンビニの上と同じくロケーションで損をしている感はある。
夜9.jpg
夜4.jpg
ステーキはレアで美味。温野菜も歯応え充分。玉ねぎの揚げ出汁もやや油っこかったが出汁がいい。モッツァレタチーズ味噌焼きも美味しいです。
馬刺は冷凍→解凍なので、これは会津坂下の馬刺生に到底勝てないけど。
悪くないなこの店。店主は愛想無いけど良く言えば料理に集中したいのでしょう。逆にこっちも気を遣わないで済むのがわかった。
ラストオーダーが早いので。(21時だったかな。)19時か19時半にはお店に入らないと時間に押されるかもしれない。
店主は会計時に初めて笑顔を見せてくれました。

おまけ。後日ジャン妻が平日に代休取った時のランチがこれ。
いおりランチ.jpg
ジャン妻はUpする意識が皆無なのでテキトーに撮ったそうだが、昼時は空いたカウンター上に今から出されるランチのお盆がズラーッと並ぶそうである。
「満席だったわよ。カウンター1席空いてたから辛うじて入れたけど」
「そんなに混むんかい?」
「客層は婆さんばっかり。アタシがいちばん若かった」
アンケート.jpg
カウンター上にアンケート用紙が置いてあった。
「何か書いたら?」
「愛想が無いって?私語が多いって?」
「そう。フフフ(笑)」
事実ですから。でもジャン妻は「夜も行きたい」そうである。
コメント(2) 

コメント 2

スコッチ

ジャンさん、こんにちは!
GWはいかがお過ごしでしょうか?
4月も終わりになりますが、上州への出張も済んだのでしょうか?
余談ですが、昨夜、渋○駅近の「ホルモン KOU」で火災がありました。(駅から黄色い食堂へ向かう道の左側)
死傷者も出たとか…
by スコッチ (2017-04-29 17:08) 

船山史家

スコッチさん、こんにちは。
(帰宅したので追記含めてレスしなおし。)
プライベートな用事で高崎市内にいました。
26日に日帰りで渋川に行きました。ランチは香雅。あの店は前は私がアップしたカジュアル酒場、橙の場所から今の場所に移転したようですね。番地で検索したら橙の位置、建物が表示されたので。
渋川駅近くの火災は帰宅途中の電車内で検索したら、店構えは確かに見た記憶があります。駅から斜めに伸びてる商店街、喫茶店、蕎麦屋さんの先にある間口が小さい店ですよね。
縁あって下り立った渋川で、入ったことはなくても店の前は何回も歩いたので、身につまされるものがあります。
次回の上州出張は未定なのです。
by 船山史家 (2017-04-30 11:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。