So-net無料ブログ作成
検索選択

ひとりで新子安 [居酒屋]

今日もジャン妻は遅いのです。
「先に済ませて」と言われた。やれやれ。
でも幾ら妻の帰宅が遅いからといって・・・
市民酒場1.jpg
こんな明るい時間に呑みに行かなくてもってか??
市民酒場2.jpg
17時過ぎです。
私の社は年間変形労働時間制なので、週40hを基本に、その年の暦を見ながら、平日の日数に8hを乗算した勤務時間数をクリアすればいいの。
だから18時まで勤務しなくても、その週や月内に足りない分を補填して勤務すればいいのですよ。17時であがったら何処かで19時まで勤務すれないいという訳。
私は行政担当なので、役所って17時までじゃないですか。
堂々と飲んでやります。
店内2.jpg
店内5.jpg
店内6.jpg
最初の膳.jpg
焼きそば1.jpg
焼きそば2.jpg
焼きそば3.jpg
焼きそば4.jpg
隣の爺さん客3人が私の焼きそばを見て、「美味そうだな~」
でもあげないよ。人様の頼んだ食い物を見てあーだこーだ言うもんじゃないけど、そこで目と目が合ってニンマリし合うだけの距離感です。
その後、その3人の爺さん客のひとり、私の斜め向かい側の方ですね。その方が最初は右側に灰皿置いて右手で煙草をお吸いになってたのですが、3人だから2人のお連れさんのお顔に煙が流れちゃったんだよね。
呼吸器に疾患をお持ちかどうかわからないが、お連れさんに煙が流れるのを避ける為に自分の左側、すなわち私の側に灰皿を移したんですよ。煙草を左手で持ち替えた。
となると私のとこに煙がきちゃうでしょ。
私はその煙をじーっと見てやったの。無言で目で言いましたよ。そっちに向けて貰えませんかってね。
「あ、すみませぇん」
「いえいえ」
その方、灰皿を自分の手前に置いた。抱きかかえるように。
それが雌鶏が卵を抱きかかえるようで可愛らしかったんだけど。
お連れさんに気を遣ったはいいけど、だからといって全然知らない他人はOKなのかいってことです。この店のいいところは、確かにカウンター幅が狭くて慣れるまでは落ち着かないかもだけど、慣れて来るとこのカウンター幅の狭さのせいか、皆さんマナーが至極いいのですよ。
丸大ホール食堂よりずっとマナーいいですね。
ハムカツ.jpg
チーズフライ。
チーズフライ1.jpg
チーズフライ2.jpg
鯨刺身。あ、ニンニクだ。ショウガにすればよかった。新子安から乗るJR根岸線は意外と混むのです。周囲の乗客に迷惑かけたくないし。
クジラ1.jpg
クジラ2.jpg
白菜浸け。
「赤い糸みたいなのは要らない」
「ハイ」
白菜1.jpg
白菜2.jpg
赤貝、これはイマイチだったな。薄いし旨味がしないの。
赤貝1.jpg
店を出たら薄暗くなっていた。
市民酒場3.jpg
日付が変わる頃にジャン妻は帰宅した。
目つき態度が悪い。ささくれ立っている。
こりゃ何かあったなと。ジャン妻の口から最近抱えた憤懣が出る出る。
ジャン妻上司さんは部下や他部署へ気配りのできる人ですが、最近はナンバー2のジャン妻が残ってりゃ大丈夫だろうと自分の私用を優先・・・まぁ飲みですよ、早上がりしちゃう時があるのです。
それ以外でもいて欲しい時に不在なんだって。
他にも幾つかたまりにたまった憤懣の蓄積があって、例えばネガティヴな部下、新しいことをさせようとすると身構える部下、ジャン妻部署が多忙な時期に部下を飲みに誘う他部署女性のアホさ加減、ジャン妻に部署内のプロジェクト構築というテーマを与えておきながらその過程で部下を注意しても上司がその部下を庇い立てするというナァナァ関係、今日締切で終わる筈だったのにそれが伸びてしまったこと、自分を便利屋扱いするヤツら、ハイテンションでウルさい他部署の女性社員云々、複数の要因が溜まりに溜まって怒っている。
唯でさえ3月は決算&来期の予算策定時期でもあり、朝は8時半に出社して退勤は22時以降、最も多忙な時期。2日休みのどちらかは必ず潰れる。
ジャン妻は遅い一方で、私は自己完結の外回りだから今日のように夕方から飲んだりするのですれ違い生活が続き、些細な行き違いで喧嘩になったりした。
「去年も一昨年も荒れたよな。そんなに荒れるんならもう(会社)辞めていいから」って言いましたよ。
「そう・・・アナタの誕生日に2人で定年退職しようと思ったけど・・・」
果たしてそれは叶うだろうか。
「無理かもね。今の状況じゃ・・・」
「・・・」
毎年毎年ジャン妻は3月は荒れるのです。荒む、宥める、その繰り返しで春を迎えた。
コメント(2) 

コメント 2

ちまき

17時からの呑み 健全ですよ~
17時はもう夕方ですから。

それにしてもジャン妻さんお忙しくて大変ですね。
頑張ってる女性って「しんどかったら辞めてもいいよ」って
言われるとカチンと来るのかも。
「頑張ってるよね~ 大変だよね~ いやぁ それにしても大変だよ キミにしか出来ない仕事だからねぇ いやぁ 大変だ」
そう言ってもらうと労われてる感があって
「そうなのよ わたしほんとに大変なのよ 分かってくれる?」
と気持ちがおさまるものなのですよ。

でも もう仲直りされましたよね♪

by ちまき (2017-04-19 16:17) 

船山史家

ちまきさん、こんにちは。
仰ることよくわかりました。辞めたら?の前に話を聞かなきゃですね。この時は何があったのか、何をミスったのか教えてくれなかったので、だったら辞めていいよになっちゃって。何があったか教えてくれのは先日の金曜日で、聞いた場所は黒板にチョークで書かれたお品書きの店でした。
ミスった内容を聞いたら確かに私が聞いてもチンプンカンプンだったのですが、ジャン妻の上司がそのミスを、ジャン妻が出張で不在の日に他の課員を集めて「彼女ひとりに任せたらオーバーワークでこうなった。次からは皆でやろう」と宣言したはいいけど、ジャン妻に言わせると「何故それを私がいない時にするかな〜」「私は今回の件で上司から直に叱責も注意もされていない」「アタシに気を遣ったのかも知れないけれど、だったら私はもう必要とされてないんだな」になっちゃいました。
オーバーワークは収束しましたがまだ燻っています。
毎年この時期は、決算、予算、で荒んだメンタルモードで船山温泉に行き、館長といろいろ話すんですけどね。
しばらくブツクサ言いながらの飲み記事が続きます。
いつもありがとうございます。
上州に出張中、iPhoneから送信、ジャン妻も上州に向かってるところ。
by 船山史家 (2017-04-19 17:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。