So-net無料ブログ作成

たか幸食堂 [ラーメン]

今日も風が強い。
今年になって数回渋川に来ましたがいつもそう。風が吹いてない日なんてない。
伊香保の山の方から吾妻川に沿って吹き下ろす風がハンパない。
フードを被ってもそのフードが風に煽られて後ろに撥ねあがる始末。
これが首都圏だったら速度規定でJRなんか「待ってました」とばかりに運転見合わせになるだろう。
こうしんばし.jpg
渋川駅前から斜め北に伸びる駅前商店街を歩き、渋川駅北、辰巳町、2つの信号横断歩道を渡って次を右折すると、こうしんばし、という橋で川を渡ります。
その先から炒め物の香が風に乗ってトンでくる。嫌がおうにも食欲をソソる。
その香は橋を渡ったすぐ先の左手にある黄色い建物から漂ってくる。
たか幸1.jpg
暖簾がパタパタ。如何に凄い風なのがわかります?
吹きちぎれてどっかへ飛んでいきそうである。
たか幸2.jpg
引戸を開けたら満席ではないけど4卓ずつのテーブル席に誰かしら客が座っていた。相席必至である。
もしかしてこの店11:00開店か?
11:30じゃないんだ。とかくのんびりした上州の飲食店は11:30開店が殆どだが。
如何にも食堂で働いてますの女性が「相席でもよろしいでしょうか?」
「構わんよ」
「相手がイヤじゃなけりゃね」と言いかけて止めた。
座敷に上がる手前のテーブル席に誘われ、
「すみませんこちらの方とご相席でもよろしいですか?」
その男性客は唐揚らしき揚げ物をモグモグ頬張りながら「うん」と頷いた。私も軽く頭を下げて居座った。
厨房に中堅の男性と、そのお母さんか?
フロアにいて私を相席に誘った女性は嫁はんか?
店内1.jpg
卓上にお品書きはなく、厨房の壁の上に巻き物を広げたようなお品書きがベタベタ貼ってあり、縦書きでズラズラ書かれてあったがメニューが多過ぎて迷ってしまいそうである。
待ってる間にザッとメモったのだが、半ライス、ライス、マヨネーズから始まり、チャーシューメン、肉汁つけめん、もつ汁つけめん、しょうゆラーメン、野菜ラーメン、味噌ラーメン、辛味噌ラーメン、五目ラーメン、わかめとじラーメン、マーボーメン、辛マーボーメン、肉入り野菜味噌ラーメン、もつラーメン、食堂のナポリタン??
豚キムチ焼きそば定食、焼うどん定食、ほっけ塩焼定食、アジ塩焼定食、サバ塩焼定食。。。
チャーハン、玉子丼、親子丼、カツ丼、ソースカツ丼、しょうがあんかけカツ丼、上カツ丼、カレーライス、カツカレー、食堂のオムライス、マーボーライス、もつ煮定食、野菜炒め定食、肉野菜炒め定食、レバー炒め定食。。。
鶏中華風ライス、レバー中華風ライス、焼肉定食、肉しょうが焼定食、コロッケライス、アジフライライス、鶏カレー唐揚定食、マグロ竜田揚定食、イカフライライス、豚カツライス、エビイカフライライス、エビフライライス、上カツカレー、いか天重、いか天丼、うな重、えび天重、えびいか天重、えび天定、えびいか天丼。。。
他、ブラ下がった黒いボードに何故か定番に載っていない鶏唐揚定食、隣の爺さんが喰ってた鯖味噌定食、塩ホルモン炒め定食、ハマチフライ定食、しょうゆあんかけラーメン、白い紙に単独でカキフライライス。
これもメニューに無かったが何処かのオッさんがオーダーしたハンバーグ定食、声がトンだのはチキンカツ、ホルモンの唐揚、そしてオムライス、
もつ煮定食1.5、和風おろしマグロハンバーグ、レバー和風チーズ炒め、麻婆豆腐、イカゲソ炒め、冷奴、枝豆、持ち帰りヒレカツサンド
疲れてきた。無いのは刺身定食と餃子ぐらいである。
これだけのメニューを全部制覇するにはこの街に住むか、1ヶ月以上滞在しないと無理だろうな。
ラ1.jpg
ラ4.jpg
スープがトテモ美味しい。その辺りの街角中華のスープよりコクがある。
肉類を多く扱ってるからこれだけのコクが出るのでしょうか。
パッと見てチャーシューじゃなくてロースハムなのにズッコけたが。このハムもなかなか美味しいのだ。
ラ2.jpg
ラ3.jpg

チャ1.jpg
これまた見ためが美しくない炒飯ですが。
炒め損なったか、皿に盛った時に崩れたのかと思ったらわざと崩しているのではないか。
豚肉が入っている。タマネギも入っている。
チャ2.jpg
何故か青菜の刻んだのも入っている。ひとくち喰ってみたら、ありきたりな炒飯とは全く違う美味しさで、炒飯というよりはピラフに近かった。
青菜はともかく、これにケチャップを混ぜて炒めたらチキンライスかオムライスにそのままなるのではないか。あらかじめご飯と具を混ぜて仕込んであるのかもしれない。
チャ3.jpg
地元の人間関係が如実に見れる店でもある。
若い男女3人が来たら誰かが喰うペースをUPしてサッと出たり、店内の座敷で久闊の情を温め合う婆さんたちがいたり、業者と顧客がバッタリ出くわしてたり。
店内1.jpg
店内3.jpg
私がそろそろ喰い終わる頃に若い男女が引き戸を開けた。
「ご相席でもよろしいですか?」
「あ、こっち出るぜ」
私はレンゲに残った最後の焼き飯を口に含み、水をグッと飲み干した。
ラーメン、炒飯なんぞを喰ってるのは私だけだった。ナポリタンなんぞも出てましたが、この店は麺類よりも定食を喰らう店ですね。
2回分追加します。肉野菜炒め。
肉野菜11.jpg
肉野菜12.jpg
肉野菜13.jpg
肉野菜14.jpg
味噌汁と漬物.jpg
初めてカウンターに座ったら厨房のオペレーションが丸見えであった。
人の良さそうな主人は中華鍋4つを駆使して、焼く、炒める、揚げる、獅子奮迅の活躍。
どんなに注文が立て込んでも、合間に外線が鳴っても乱れたり荒げたりしないの。
上カツ1.jpg
上カツ2.jpg
上カツ3.jpg
上カツ4.jpg
カツの肉がデカい。
それに固い。筋っぽくもある。
揚げたてのデカいカツの塊を口の中に入れたらそのままどうにもならなくなり、噛めず、食い千切れず、吐き出す訳にもいかず、上顎・下顎・歯茎・舌・唇の一部、あちこち火傷した~。
上カツと呼ぶほどのいい肉じゃないですな。それと普段そこらの蕎麦屋で喰ってるカツ丼が如何に揚げ置きのカツなのが改めてわかったよ。
上カツ5.jpg
味噌汁&漬物.jpg
営業時間.jpg
たか幸3.jpg
店を出る時も背後で中華鍋を振るう音が鳴りやまない。
炒め物の香が後ろから追いかけてくる。ご近所の住民さん、この香を毎日嗅いでるのだろうか。
コメント(6) 

コメント 6

スコッチ

ジャンさん、こんにちは!
ブログ拝見しました。
例の黄色い建物のお店ですね~
数年前に、先代から息子さんにバトンタッチされてメニューが膨大に増えましたね。
11時オープンで、30分後には満席になる事も…
市内、近隣住民から愛されている食堂だと思います。
僕も幼少の頃からの思い出の味なので、長く続けていってもらいたいと思っています!
by スコッチ (2017-03-25 14:42) 

船山史家

スコッチさんこんにちは。
3回行きました。11時半には満席。相席必至です。カウンターがもう少しあればいいんですけどね。
なるほど二代目でしたか。メニューが膨大増えたのはそでまでは他で修行してたんでしょうかね。
腰が低いの。他の女性スタッフとも和やかに会話しとったです。でも私語が全くない。もっとも私語どころじゃないてんてこ舞いの忙しさでしたね。
ラーメン、ハムと蒲鉾にはズッコけましたがスープがメチャ美味です。炒飯は見た目が雑ですが野菜入りピラフの感でした。
他のお客はチキンカツとかのフライ系や、鯖味噌がよく出てましたね。4月中に一度行きますが、鶏の唐揚げカレー風にするかもしれませんがカツは避けます。火傷しそうです。
by 船山史家 (2017-03-25 15:53) 

スコッチ

ジャンさん、こんばんは!
先ほどの続きになりますが、息子さんは以前からいましたが、出前の配達がメインだった記憶があります。
僕は食した事はありませんが、もつ煮はなかなか評判が良いそうですよ!
ちなみに僕は、フライ系(カツ、カツ丼)が好き!
火傷しますけどね(笑)
余談ですが、市役所付近に「香雅」と名のラーメン店があります。
中華系のラーメン店になりますが、個人的にはなかなかのお店だと思っています。
ご参考までに。

by スコッチ (2017-03-25 18:32) 

のばら

こんにちはこのお店は渋川駅からは近いのですか?今日渋川駅に行ったのですが機会があれば寄ってみたいですね。
by のばら (2017-03-25 23:51) 

船山史家

スコッチさんこんにちは。
今は出前はやってないようですね。出前どころじゃないですねあの盛況ぶりは。
モツ煮は単品がなさそうなので。自分は昼にモツ煮でご飯を食べない人なのです。(まてよ。どっかの焼き鳥屋で煮込みを半ライスにぶっかけて喰てってるじゃないか。)
カツ丼で火傷しました。レギュラーメニューではなく白い紙に書かれたメニューにハマチフライなんてのがありましたが。
香雅ってもしかして市役所前バス停の近くの店では?
橙(ダイダイ)で昼を喰ってから渋川~高崎間のバスに乗った際に前を通った気がします。
3月最後に渋川に来た時、駅前の伊藤商店は激混みでした。
駅前のワイン&洋食屋さんが閉まってたのが気になります。
ルナは窓際にオバちゃん客が大勢いた・・・ように・・・見えました。
by 船山史家 (2017-03-26 08:50) 

船山史家

のばらさんこんにちは。
渋川駅前から右手に斜め伸びる商店街を歩いて渋川駅北、辰巳町、2つの信号横断歩道を渡って次を右折するのです。
すると橋を渡ってすぐです。黄色い壁が見えてきて、炒め物の香が風に乗ってトンでくるからすぐわかります。
駅から徒歩10分もしないと思います。
東京~渋川の距離感を全く感じなくなりました。でももうすぐ渋川での業務は部下(草の者)にシフトする予定でして。
by 船山史家 (2017-03-26 08:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。