So-net無料ブログ作成
検索選択

ラのロ [居酒屋]

羅漢町.jpg
薄暮の羅漢町。旧中山道を西の境に四角く切った小さい町。
悪鬼羅刹のように禍々しい町名の由来は、北の境を東西に走る道路の向かいにある羅漢山正覚院法輪寺(ラカンサンショウカクインホウリンジ)に五百羅漢像が安置されているからきている。五百羅漢町だと長いので略して羅漢町。
平成24年春~1年間、私はこの街にいた。
住んでる頃に五百羅漢様を拝んだことはないけれど、そのお寺で夏祭りの笛太鼓の稽古をしているのを見たことがある。
その笛太鼓の音は部屋まで聞こえた。
住んでいたのは寿司屋の隣にある古いマンション。
寿司屋2.jpg
寿司屋の前の道を歩いて事務所に通っていたのと、寿司屋の隣にある駐車場に停めた社用車で上州各地の現場を廻ったのです。稀に寿司屋の客が停めてたりしたので、移動をお願いしたことがあるよ。
マンションの前にCafeがあって今は椿町に移転したが、そこの女性店主(うさこ)が言うには、
「小さい町だしぃ、住んでる人が少ないからぁ、夏祭りでお金が多く集まらないんだそうですよぉ」
あの頃は無かった場所にマンションが建設中だった。前は駐車場だった筈。確かこの後登場する〇郎さんも停めていた。
建設中.jpg
もうすぐ18時、赤提灯に明かりが灯り、暖簾が出る頃合い。
毎日毎晩歩いていたマンション前の道沿いにあった名店だった。現在はワインバーになっている。
今はワインバー1.jpg今はワインバー2.jpg
ワインバーになる前、都落ち気分で塞いでいた私を「この街で生きよう」と一念発起させてくれた。その店は紆余曲折を経て、同じ町内の一画に移転、新規開業にこぎつけた。
新店1.jpg
新店2.jpg
ラのロ??
ラのロ?.jpg
羅漢町のロ〇〇(かつての店名)か?
引戸を開ける。
「あれぇ、どうもぉ~」
〇郎さん、やや肥えたような。
旧中山道の一通で仮営業していた頃、サポートしていた男性がいた。
新しい店の香りがする。
内装は白が基調だが、正面の壁は黒で、前の店と同じ絵が掛かってる。
店内1.jpg
店内2.jpg
カウンター10席、これで背後に小上がりがあれば前と同じですが、小上がりが無い代わりに2階があるらしい。ってことは前よりは席数が多くなった。
ボード.jpg
いただいたのは、昆布〆、燻牛、春巻、牛タンいり芋サラダ
黒い台がクルクル回転しちゃうのは何故だ?
昆布締1.jpg
昆布締2.jpg
昆布締3.jpg
和牛1.jpg
和牛2.jpg
和牛3.jpg
並んだ.jpg
春巻1.jpg
春巻2.jpg
あ、BGMが尺八に変わった。
イモサラ1.jpg
イモサラ2.jpg
「今、高崎にはどれくらいのペースで?」
「そうですか出張ですか」
「奥様(ジャン妻のこと)お元気ですか?」
「お酒?燗にします?前は持ち込み自由だったからさぁ。ここではオーナーさんの顔を立ててロ〇〇カラーじゃまずいしさぁ」
〇郎さんとはまぁそんな当たり障りない会話ですね。カウンター席にいた同業者さん2名とは、ザブン、しんきち、高崎初の生ビール、どっかで見たような聞いたような語が飛び交ってました。
若い頃の勢いバナシや、移転前のロ〇〇の思い出話が出る辺りはトシをとったのかな。
完全復活?.jpg
「元気そうで安心しました」
「〇郎さんお元気ですよ~」
「あっちこっちで心配されてるから」
並榎町のどっかの店で死亡説も出たからね。
「〇郎さん言ってましたよ。あのお客さん(私のこと)に〇〇喧嘩見られちゃったことがあるから恥ずかしいって」(サポートの男性)
「そりゃ私だけじゃないでしょ」
仲裁なんかするもんじゃないと思ったよ。あれで一線を超えてご近所さんになっちゃったんだから。
おや?.jpg
私はカウンターの入口側にいたのですが、ふと外を見たら、月輪のママがゴロ看板を出してるとこではないか。
「あ、〇〇子さんだ」
「え?」
「〇〇さん」
「ああ、月輪のママね。顔出してあげてくださいよぉ」
コメント(2) 

コメント 2

ショウ

ジャンさん、おはようございます

大分、落ち着いた感じはありますね
3連休の予定が消し飛んだので、今夜、2軒目で寄ってみましょうかね~
もちろん、七の後です(笑
by ショウ (2017-03-18 09:51) 

船山史家

ショウさん。
3連休の予定がフッとんだ?
では3夜連続で飲みに行きましょう。9軒は行けますよ。
私の写真フォルダを見たら、今年は今日まで上州に8回行ってるんですが日帰りが多く、七にはまだ行っていません。
週明けに1泊するのでそこで機会を作ろうかと。
七の牛タタキも負けてないと思います。
by 船山史家 (2017-03-18 11:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。