So-net無料ブログ作成

上州富岡の東苑 [ラーメン]

上州富岡駅に電車が滑り込む直前、あれ?以前はこんな店あったかな~?と目に留まった店が線路沿いにあった。
時刻は11:30、高崎まで戻るか、富岡で途中下車して絵手紙列車で思い出した新洋亭まで歩くか。
でもこの日は水曜だったのです。新洋亭は水曜定休日だった筈。
では電車から見えた富岡駅ホーム先(下仁田寄り)にあるさっきの飲食店は何だ?新規出店か?
店1.jpg
サッポロラーメン?
上州富岡で?
店3.jpg
この店は富岡駅舎リニューアルの影響で近年リフォームされたらしい。
リニューアルや建て替えるにあたって市の規制があってその方針に沿った外観ではないだろうか。
東苑といいます。店の引き戸にブラ下がったお店の紹介(富岡製糸場近隣にある食堂に必ずブラ下がってるもの)を見たら昭和47年創業で、現在の建物は養蚕農家をイメージしたものだという。
よくある説明.jpg
店2.jpg
店内1.jpg
店内2.jpg
メニュー.jpg
キレイで清潔な店内です。ピッカピカ。
晴天で外から入る陽射しで店内が眩しく光っている。塵ひとつなく、カウンター上もピカピカ。油汚れ無し。厨房もキレイにしてましたね。店が新しいのと富岡は他所から観光客や外人も来るので意識して磨いたのでしょう。
メニューはラーメン、ランメン、五目そば、の次に何でか知らんが長崎チャンポン???この辺りが街中華のいい意味でいい加減なところである。
チャーシューメン、やわらかい焼きそば、揚やきそば、ここで改行になり、サッポロラーメンと括って内訳はみそラーメン、みそバターラーメン、正油ラーメン、塩ラーメン、バターラーメン、もろこしラーメン、マル特ラーメン。。。
ギョーザ、野菜イタメ、麻婆豆腐、スブタ、カニ玉、肉とピーマンのうま煮、肉うま煮、これらが500円から特ラーメンの1000円!!
この日の次、2回目に行った時に私の右隣に1席空いて着座した若いのが「得ラーメンって何ですか?」と質問した。
厨房は完全分離になているので、店主はこの小窓を開けて「ええっと、それはね・・・」
小窓.jpg
「・・・味噌ラーメンに、卵と餅が入ってるんだよ」
若いのに出された特ラーメンを横目で覗き見したら、は味噌ラーメンに溶き卵と白くて小さい餅が3つか4つ入っていた。蕎麦屋の力うどんの小さいヤツ。四角く切った豆腐がプカプカ浮いてるように見えた。焼いた餅か揚げた餅かはわからない。
メニューに戻って右のご飯類はギョーザライス700円から肉うま煮ライス1200円とこれもやや高めの値段になっている。左の一品料理プラスライス200円を遵守している訳ですが。リニューアル新築で値上したのかも知れない。
店のウリは手書きで囲ったサッポロラーメン系らしいが、富岡で味噌ラーメンねぇ。
初回はオーソドックスに醬油ラーメン。野菜炒めも。
組み合わせ.jpg
オーソドックス.jpg
クラシックなスープ.jpg
具.jpg
ヌードル.jpg
タクシー運ちゃんや上州電鉄の職員さんまで入って来て、殆ど全員がサッポロラーメンの何がしかをオーダーしておったよ。
野菜炒め1.jpg
野菜炒め2.jpg
どっち?.jpg
店4.jpg
私は上州のご当地ラーメンって知らない。
東毛の方に行けば佐野系の手打ち麺(青竹)があるが、生粋の上州ラーメンではないような気もする。
安中市発祥の扇屋がそうだという人がいたが、あれはしょっぱい。あの塩気の強いスープをお年寄りがグビグビ飲んで麺をズルズルすすって大丈夫なのかと思ったくらい。
でじゃこの店のイチオシらしいサッポロ味噌ラーメンとはどんなものか。
チャ1.jpg
味噌1.jpg
味噌2.jpg
どう言ったらいいのか、他にない味噌スープであります。
業務用の缶の味噌でもない。田所商店系のような蔵だし味噌でもない。何ていったらいいのか。。。
ごめんなさい。わかりません。上手い表現が見つかりません。
味噌3.jpg
惜しむらくはこのとおりスープが浅いのだ。半分ぐらいしかないですよね。
熱々じゃない。バターが溶けにくいくらいに温い。
火傷しないで食べられますけど。
味噌4.jpg
味噌7.jpg
味噌5.jpg
味噌6.jpg
チャーシューは入っていません。
炒めたミンチ肉が少しだけカオを出した。
味噌8.jpg
味噌9.jpg
炒飯は全体がしっかり固まっていました。焦げが全くない。
一粒一粒が脂と旨味でコーティングされている。糖衣錠のような。
小さい具が色とりどりに散りばめられて可愛らしく美しい。
チャ2.jpg
チャ3.jpg
駅を望む.jpg
この店は絶滅が叫ばれている街中華には違いない。
違いないが観光地価格ともいえなくはない。
街中華というのは味重視というより安い価格でのボリューム提供、化学調味料を駆使し、炭水化物中心でお客のお腹を一杯にする無節操な店といっていい。無節操というのは悪く言っているのではないですよ。中華暖簾なのにカツ丼があったり、オムライス、カレーライスがあったりなかったりするからである。
これまで私も日本人のオッちゃんオバちゃんが家族で頑張る街中華を応援して来たつもりだが、そういう店は高年齢や後継者不足がどんどん深刻になり、こちらとしては応援しがいがなくなってきた。
いきなり暖簾を下ろしたりシャッター閉めたり「都合により本日は臨時休業します」になったりして応援すること自体が店側の負担になるのではないかと思うようになった。頑張れと言えないのである。
味だけだったら大陸出身の人が中華鍋を駆使する店の方が美味しかったりするし。
この店の店主も若くないし、後継者もいなさそうだし、いつかは包丁と中華鍋を置いてしまうのでは。だが店が新しくしたということはまだまだ頑張る気構えとも受け取れる。ローン返さなきゃ。
コメント(2) 

コメント 2

通りすがり

優しい味噌ラーメン!ってカンジですよねお仕事中であれば餃子は避けて正解です!ニンニクがっつりなので(笑)

by 通りすがり (2017-03-10 23:27) 

船山史家

通りすがりさん。
そうですね。優しい、これがピッタリだと思います。
扇やのように尖ってないし、田所のように重たくないし、街角中華のような缶から出される味噌でもなかったです。
バターはしょっぱかった時の保険のようなものですが要らなかったかも。
餃子ガッツリですか。再再訪があるかわかりませんがあったらサッポロ塩かな~。
by 船山史家 (2017-03-11 10:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。