So-net無料ブログ作成
検索選択

第二章スタート [居酒屋]

もうすぐ移転.jpg
区画整理か耐震基準不足による建て替えか、昨年12月後半にクローズした上写真の店が、芝大門に新規移転OPENしました。
その初日の午後。。。
果たして無事にOPENできるか。心配と冷やかし半分ずつの私はまだ日が明るいウチに様子を見に行った。
赤羽橋駅近くにある某行政へ出向いた後、大江戸線でひとつ先の駅、大門で下りて上がってウロウロしたら、意外とすぐに見つかった。
開店当日の午後.jpg
「新規OPENに行くから。19時くらいかな」と予約済みです。大丈夫かな~。ちょうど業者さんが何かを納品しに来たタイミングで、店の前に立って手を振ったらママが出て来た。
「あら?〇〇さん」
「ああ、どーも」
店内を見たらブッ散らかってる。
「大丈夫ですか?無事OPENできる?」
17時のOPENまで残り3時間しかないぞ。
「いや~、大丈夫です多分・・・」(大将)
多分??
夜景.jpg
タワー.jpg
新規OPEN1.jpg
新規OPEN3.jpg
店の名前はママの旧姓ですな。
昨年最後に、「旧姓に戻ったとか?」と悪態ついたんだったな。
行灯.jpg
2人の衣装が前と変わっていた。
大将は白いシェフ着に変わってる。洋食コックか。
くの一みたいな黒い衣装だったママは和服で割烹着姿。女将さんになっちゃった。
カウンター席7、テーブル4席×3、2席×1、前よりはこじんまりした。
お品書きは手造り、手書きの趣だが、急いで書き殴った感がミエミエである。
のどぐろ3800円だってぇ?
急いで作ったお品書き1.jpg
定番メニューもパラッと見たが、玉ねぎベーコン煮や、海鮮納豆タタキは消えてしまっていたな。
「できますよ」とは言うものの、初日でバタバタしそうなので、今日は遠慮した。
急いで作ったお品書き2.jpg
急いで作ったお品書き3.jpg
最初の膳.jpg
おとおし.jpg
おとおしは前と変わんないようなもの。蕪の煮物にあんかけ。
「これは何処かで見たおとおしだな」
「それは前と同じです」
「じゃぁ刺身盛り。内容は任せます・・・」
任せますの、任せま・・・まで言いかけたら、
「ちょっとそんなにいきなり。まだ(新しい店に)慣れてないんだから」(小声でジャン妻)
最近ジャン妻は私のオーダーを制止する傾向にある。
小声で言っても大将がすぐ前にいるので聞こえてしまった。
「大丈夫ですできます」
何か無理してるように見える。私は大皿料理を指でなぞった。
「それとこれ(大皿)全部」
前はつくりたてに拘っていたが、これからは大皿料理にするようである。
刺身盛り。
刺盛1.jpg
刺盛2.jpg
刺盛3.jpg
ポテサラ。
ポテサラ1.jpg
ポテサラ2.jpg
牛バラ煮込み。
牛バラ.jpg
ブリ大根。私はブリ大根は骨ガラがあってめんどくさいから食べないのですが。
ブリ大根1.jpg
ブリ大根2.jpg
ブリ大根3.jpg
大将2.jpg女将.jpg
「何で白い衣装に変えたんです?」
「お客さんに見られるようになったからです」
カウンター上に大皿料理を置いたことでオープンキッチンになっちゃったかららしい。前の店はカウンター上に一升瓶がズラリ並んでいて、大将はそれに隠れていた。調理オペレーションが全く見えなかったのだが、今の状態だとカオを突き合わせるくらいに距離が近い。
「大将が調理してるの初めて見た」
「お客さんから丸見えになっちゃたので調理せざるを得なくなったんですよ。前の店では料理する者が別にいたんです。もしくは電話で取り寄せるとかしてたんで・・・(笑)」
もちろん冗談である。だがこんなに冗談言う人だったのか大将は。前歯一升瓶の陰にかくれて時折おっかない顔がチラホラ見えるだけだったのだが。
「この後、天ぷらでも唐揚げもやりますんで。あ、ダシ巻き玉子もできます。大分後になるけど。遅くなったらごめんなさい」
揚げと小松菜の煮びたし。
煮びたし.jpg
カブ味噌の味噌がもろきゅうの味噌になっちゃったな~。
前のニンニク味噌の方がよかったのだが。
カブ味噌.jpg
熱燗.jpg
大将&女将.jpg大将2.jpg
店内の空調が暑い。まだ調整がなってないのかな。それと店内全面禁煙になったのはいいが、喫煙客が外に出て行く度に引戸が開くから外の冷気が入ってくる。
ALL禁煙は私は歓迎だが、これはいずれ喫煙客はこの店を見限るな。
どうしても移転記事という内容なので、前との比較になtってしまうのですが。
ママ改め女将は初日で動線に慣れていないのか、割烹着=和服のせいか、動作や脚さばきが遅くなった気がする。
品の無い野性的な動きができないのである。
奥に洗い場があってママがそっちに向かうと客席に対して注意力がなくなってしまう。この時は疲れてるのかも知れないが、前のような溌剌さがなかった。
そうなると板場で包丁持っている大将が客の動きに気が付くことになる。タイヘンそう。
「メニューに載ってませんが、前に出してたタマネギベーコンや海鮮納豆タタキもできますので」
「次回ね。タマネギとベーコン買ってくるから」
今日は御祝儀ということで。まだ本調子じゃなさそう。落ち着いた頃に来よう。
新規OPEN2.jpg
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。