So-net無料ブログ作成
検索選択

正月明け4日 世間が動き出した頃 [居酒屋]

正月休み明け4日の夜です。
世間は既に動いているのに、この店はまだ眠りの中。
正月明け4日夜.jpg
ON、OFFをしっかり分けたいこの店は、普段から(土)(日)(祭)休なのに、年末年始、GW、お盆、11月の飛び石、世間一般のサラリーマン以上に年間休日が多い店。
会社努めの人は4日から動いているのに。「魚河岸が休みだから」という取って付けたような理由で通常営業は5日からだと。
年始のご挨拶とイヤミを兼ねてわ・ざ・わ・ざ・ランチで一番客に来てやった。
正月明け5日昼.jpg
「4日は仕込みで出てきたんですよぉ」
4日から働いてますと言いたいらしい。
「〇〇さん(私のこと)お仕事は昨日からですか?」
「当然だよ」
「あ、そう。どこもそうなのかしら。昨日のお昼、何処も閉まってたでしょ」
「ここだって閉まってたじゃないか。昨日は他で食べたよ」
前日の昼は横浜関内に年末年始営業する揚州商人というヘンな店があって、そこで今年初のラーメンを。(記事待機中です。)
「昨日(4日)は電車混んでました?」
「昨日はまだ空いてた。今日(5日)は普通に混んでた。殆どは今日からだろうね」
「ですよね~」
何がですよね~だ。
同意を求められても私は頷かないよ。
「他の店でこの年末年始に10連休する店があるんですよ」
10連休??矛先を逸らそうとしやがったな。
この店の休みの上を行く店があるのか・・・」
「何処だったかしら?」
「そういう店は暖簾を下げるべきだね」
「・・・」
刺身定食1.jpg
刺身定食2.jpg
「この刺身は築地の初競りで7400万したマグロか?」
「んな訳ないじゃないですかぁ」
さては去年のだな。メジマグロ、ブリ、サーモン、ヒラメ、生タコ。
サーモンは刺身の品数を増やすだけのシロモノだと思っているがどれも脂がのっていた。だが、その後で出されたカニクリムコロッケはイマイチ。
コロッケ.jpg
カニなんか入ってなくてもいいけど衣が固い。固すぎる。揚げ過ぎだよ。箸でほぐれないのだ。ガブッと噛んだら身が飛び散った。
紀尾井や丹那の比べたら雲泥の差である。
「今夜20:30くらいから来ていい?」
「え、来ていただけます??(嬉々)」
正月明け5日夜.jpg
お品書き1.jpg
新年最初の膳.jpg
おとおしは味噌下手のお雑煮。去年もこれだったな。
おとおしは雑煮.jpg
タコと玉ねぎのガーリックポテトサラダ。
ポテサラ1.jpg
ポテサラ2.jpg
ポテサラ3.jpg
揚げサバとクレソンの香味マリネ。これはマリネというより南蛮漬けだった。揚げ置きして浸してあるの。
マリネ1.jpg
マリネ2.jpg
どろ焼きそば、これは定番。
ソースが薄くなったな。でもまだビール(2杯目)があるうちに提供されたのに感激。
焼きそば1.jpg
ビールがあるうちに出されたのは初めてじゃないか。前の板前(昨年夏前にここを辞めて・・・の店に修行に出ている)は俺らがビールから日本酒に移ってから焼きそば出してきたからな。
焼きそば2.jpg
焼きそば3.jpg
出汁巻玉子、これも定番。
出汁巻玉子.jpg
トマトで煮込んだ豚の角煮。美味しい。ボルシチみたい。
トマト煮1.jpg
トマト煮2.jpg
何だか提供が早いぞ。こんなブッ散らかった状態になった。
ブッ散らかった状態.jpg
牡蠣とホウレンソウのバターソテーをオーダーしたら・・・
肉巻.jpg
何処にホウレンソウが入ってる?
これは牡蠣じゃなくて豚肉で巻いたヤマイモじゃないか。
厨房の若いのが間違えて、豚巻き長芋のバター醬油焼きを出したのです。
ママがミスに気付いて、「あ、あの、まだお腹大丈夫ですか?まだイケます?」
「うん大丈夫だけど、あ、これか。もしかして・・・」
「そうなの彼がミスっちゃって。すぐ作らせますから。彼のお財布から引いとくから」
豚巻き長芋のバター醬油焼きと、牡蠣とホウレンソウのバターソテー、バター焼が連続して出されるハメに。
牡蠣バター.jpg
「すみません間違えちゃって。まだ正月ボケで・・・」
休みが長いからだよ。初日で未だフルスロットルにならないところへお客さんがドドっと来ちゃって、1回転して気が抜けたのかな。
ちゃんと付けとくように言いました。
熱燗.jpg
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。