So-net無料ブログ作成
検索選択

河より低いBAR [BAR]

カーヴ1.jpg
カーヴ2.jpg
ジャン妻の過去、中学高校時代は謎に包まれている。本人が語りたがらない。
それは、やんちゃばかりしていたジャン妻実父に要因があるらしいのだ。父娘が一つ屋根の下で暮らしていたのは上京してきた20歳前からの数年間でしかないらしい。
らしい、というのは私自身がそれ以前のジャン妻の背景を知らないからだが、ジャン妻が多感な思春期の頃、既に実父も実母も家に不在で、ジャン妻は親戚の家を転々としたと聞いたことがある。1冊の本が書けるくらいの辛苦の内容と推察するしかない。
そのジャン妻の実父(私の義父ですね)は現在は相模原市某所でマンション暮らしをしています。正月3ヶ日は会いに行けなかった。そこをジャン母が、「お父さんにはご挨拶に行ったの?」と責めるように言った。
実の父親だから会いに行って当然、そりゃそうだけど、決めつけるように言うジャン母はジャン妻父の過去の行状と父娘の関係を知らないからそう言う。でもジャン妻は素直に頷けない部分がある。
とはいえ行かなきゃならない。
「自分も行く」
「・・・」
ジャン母に言われたから行く?そういうのに抵抗あるみたいなので、私自身が会いたいかのようにお膳立てしたのです。
ジャン妻も実父に決済を仰ぐ用事もあるらしいので7日の午後にJR横浜線ででかけた。
会ったら会ったでそりゃ実の父娘だからフツーに会話はある。ジャン妻が親父さんを叱りつけるような場面もあった。
そのジャン妻父は身体を悪くして以前よりはやや気弱になったが、今でも何か納得できないことや、理不尽に思ったら役所の窓口だろうと病院だおると瞬間湯沸器状態になるそうで。
義父本人も自分で言ってたが、「自分はやんちゃばかりして生きて来た」
私はああそうですかと聞いてるしかない。
ジャン妻はあまり行きたがらなかったようだが、結果、行ってよかったと相成った。せっかく出かけたのだから帰りにどっかで美味しいものでも食べましょうという付加価値条件が提案された。
藤沢の昇に電話したら満席だったので、相模原駅から横浜線で東神奈川へ出て、根岸線に乗り換えて石川町の河より低いBARでもいくかと。
カーヴ3.jpg
カーヴ4.jpg
Cメールでオーナー、Sさんへ、「今日は営ってます?」
営ってるという。
「お腹空いた・・・」
BARは酒を飲むところで食事をするところじゃないが。河より低いBARの料理は意外と(失礼)美味しいのです。
カーヴ5.jpg
フードボード.jpg
店内2.jpg
鶏とジャガイモのグラタン。ソースが美味しい。
「これだけチーズたくさん使わなきゃダメだって言いたいんでしょう」(ジャン妻)
その通りである!!
ジャン妻が家でチンするグラタンなんてスカスカだからね。
「今は家にとろけるチーズを切らしてるのよ」
若鶏とジャガイモのグラタン1.jpg
若鶏とジャガイモのグラタン2.jpg
イベリコ豚のソーセージグリル。
板の上でナイフで断ち切ったら凄い肉汁がジュワ~ッと出てきたぞ。
イベリコ1.jpg
イベリコ2.jpg
イベリコ3.jpg
イベリコ4.jpg
BARは夜が遅そりゃ遅いほど混むものですが、さすがに3連休初日の18時30分頃だとガラガラです。
普段このBARに来られる常連さんたちも、今日みたいな日は早い時間帯からBARなんぞに来たりせず、昼間っからどっかへ行楽客と化して他で散財してるのでしょう。
店内1.jpg
Sさん.jpg
鶏、イベリコと肉が続いたので、ピザはタコ。
ピザ1.jpg
ピザ2.jpg
「親父とその自転車お仲間が来られてお店を貸し切って・・・」(Sさん)
「そうなるとBARの様相を呈していないな。居酒屋状態だね」
「そういう時はどんなお料理を出すの?」(ジャン妻)
「もうカウンター上に大皿をバンバンと」
どんな料理が出されたのか見てみたいものである。
生ハム&モッツアレラ.jpg
白ワイン.jpg
赤ワイン.jpg
お腹が落ち着いたので食事TimeからBARTimeへ移行します。
オーナーSさんはこのBlogを時折見て下さってるそうだが、私が記事をUpする時間帯までチェックされてそこを突っ込まれた。
「朝早い時間帯に作るんですよね」
朝6時とか。夏場だと5時とかに起きちゃうので、早朝は叩き台と校正チェックに充てるのです。それでも誤字だらけなのは老眼が来てるからです。
「Upされた時刻が朝7時とか8時とかならわかりますけど、10時とか11時とかありますよね」
鋭い突っ込みを。(汗)
「それは朝にチェックしようと思ったけどできなくって、出かけてからⅰ―Phoneで投稿ボタン押したんじゃなかったかなぁ」とスットボケ、下手に言い訳したが、実は9時に本社に行かなくて済む日はUpする時間帯がズレ込むのです。
「ホント、毎日更新されてるんですね」
「今はまだ年始なので、居酒屋やグルメネタは少ないのだ」
やはり記事にも旬というものがあって、どっかの居酒屋、上大岡でも大船でもそうだが、12月初旬に飲みに行ったネタは年末に忘年会ネタに行きつくので、昨年のウチにUPしないと鮮度が落ちてしまうのだ。
記事でいちばん簡単なのはラーメンのネタです。30分程度で書けます。写真込みでも1時間かからない。だってラーメンなんてすぐ喰っちゃうし、そこに長くいないし、必ず完結するし。
「そういうネタは年を越してもいいのだ。でも忘年会ネタは昨年のものだから年を越す訳にいかないの」
「拘ってらっしゃるんですね」
まぁね。居酒屋ネタだと酔ってるから忘れちゃう時があるけどね。
「今年は2日に上大岡に行っただけ。他は昨年のうちに全部吐き出しちゃったし」
「歴ネタは時間がかかるって仰ってましたね」
そう。私は学者じゃないし、内容が間違ってるかも知れないが、見て、調べて、裏を取って、誰かそこにいれば聞いてみるとかすれば記事が膨らむし、信頼度が増すからです。
「じゃぁ今日来ていただいたのは近日中、早いウチにUP?」
なるべく早くUPしますと口約束するハメになった。
ニッカ.jpg
「ひとりだとタイヘンじゃない?ドリンクとTALKと調理で」
聞いたらそうでもないという。
あまり混むのが事前にわかってる時は助っ人(謎の女性)が登場するそうである。
オヤジさん(兎と竜さん)がカウンターに立てばいいのに。
「アタシたちが昨年知った鎌倉の店は・・・」
その店はタイトル「文字の羅列」でUpした居酒屋です。ママが殆どひとりで調理しているので、誰かのオーダーに便乗して「ママを助ける」内規と言ったら大袈裟だが、それを許す雰囲気になっている。
だがSさんはそういうのは疑問だそうで。お客に気を遣わせたくないとも。

トクトクトク。。。
トクトクトク1.jpgトクトクトク2.jpg
マティーニ。。。
マティーニ.jpg
(矢沢永吉さんのDryMartini)
http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%9F%A2%E6%B2%A2%E6%B0%B8%E5%90%89+%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8B&search.x=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa
通り過ぎた過去はもう忘れなよ
俺と生きる今だけを大事にして

トクトクトク。。。
トクトクトク3.jpgトクトクトク4.jpg
並んだギムレット。
ギムレット.jpg
ひと息で飲み干すギムレット
この店に流れ始めるSame old song
ボトルの底まで夜を静めて派手にやろうぜAll night long
(故・柳ジョージさんのCome On Everybody)

店内3.jpg
カーヴ7.jpg
カーヴ6.jpg
交差点の向こう側.jpg
1次回(フード)と2次回(飲むだけ)をハシゴしないで1軒で済む訳です。こりゃ割安だなこのBARは。
「今日はお父さんのところへ付き合ってくれてありがとう」
「ああ・・・」
「アナタがいるから・・・」
「???」
コメント(2) 

コメント 2

兎と竜

昨日息子に会ったらジャンキーさん夫妻が来てくれて奥さんが親父と呑みたいと言っていたと、本当だったら嬉しいです。息子曰く夫婦仲は半端でなく素晴らしいと、神さんはアルコール飲めなくなってもっぱら自転車仲間や地区の自治会役員と呑んでいます。酔うほどに夫婦仲が深くなり。
いつか都合の良い時にカーヴで呑みましょう。
by 兎と竜 (2017-02-20 21:25) 

船山史家

兎と竜さん。
その後、お元気でしょうか?
カーヴはBARなのに、私らの中ではDining BARのようにな位置づけになってしまいました。イベリコ豚のソーセージグリルがビールに合うこと。
2人とも同じ会社同じフロア内なので、飲みながら「いつ引退する?」「その後、何する?」そういうネタで話し合う様になりました。
カーヴでお会いしましょう。
by 船山史家 (2017-02-21 07:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。