So-net無料ブログ作成

えんかい [居酒屋]

もうすぐ移転.jpg
お世話になったこの店の移転先が決まった。移転先の名刺をいただいた。
12月中に年末を待たずして一旦クローズ。都営三田線沿いに移転します。
年末の2回分をUPします。記念に定番のお品書きをどうぞ。
お品書き1.jpgお品書き2.jpg
お品書き3.jpgお品書き4.jpg
お品書き5.jpgお品書き6.jpg
お品書き7.jpgお品書き8.jpg
お品書き9.jpgお品書き10.jpg
つきだし.jpg
ポテサラ.jpg
「年末に引越しで年明け半ばから再開ですか?」
「そうなんですよ~かきいれどきなのにぃ~」
「まぁ。忘年会シーズンを棒に振るのね」(ジャン妻)
「忘年会シーズンたけなわなんですけど。年末年始に片付けと準備ですね」
最後の稼ぎどきに移転です。まだOPEN前なので移転場所と店の名前は伏せますが、新しい店の名前を見て閃くものがあった。
「この店の名前〇〇〇〇って、もしかしてママの旧姓では?」
「そうですそうです」
ママの旧姓をひらがなで店の名前に宛てた。
「親方(板前のご主人)の姓が〇屋というのですが、それだと商売上ちょっと・・・」
ここで私はまた毒舌をば吐いた。
「ハハァン。まさか旧姓に戻ったとか?」
「ええっと・・・そ、それでもいいんですけど・・・」
バシッ!!←ジャン妻に肩を叩かれる音。
次の店の規模を聞いたら、「これまでの店よりはこじんまりと営ろうかと思ってます」
この店はキャパの割に2人で営るにはキツそうだった。つきだし(おとおし)から作り立てに拘る店だから、料理の提供や客回転も決して早くはないし。
大皿に載せたお惣菜のようなものをやってみたいという。
「小さくてもカウンターには力を入れたいんですよね」
「では店が小さく席数少なくなったからには、今までもよりは料理の提供が早くなるのかな~」
大将は笑いながら、「ええっと・・・今のとこだけ聞えませんでした・・・笑」
牡蠣と牛蒡1.jpg
牡蠣と牛蒡2.jpg
牡蠣と牛蒡3.jpg
もう残り時間があまりないので、刺身盛りもネタ数を多くいただいた。全て天然ものと謳っています。
刺身盛.jpg
添えられたもの.jpg
玉ねぎトロトロ1.jpg
玉ねぎトロトロ2.jpg
玉ねぎトロトロ3-ベーコン1.jpg
玉ねぎトロトロ3-ベーコン2.jpg
移転先でもこのタマネギトロトロベーコン煮は定番で置いてくれないかな。
でも他のお客さんに出されたのを一度も見たことないのだ。
「このタマネギトロトロ移転先でも置いてよ」と言ったら、ママから反応がなかったことがある。その時は小上がりの宴会客であまりいい酔い方してなかった客がいたから聞こえるのを憚ったに違いない。
肉豆腐1.jpg
肉豆腐2.jpg
肉豆腐3.jpg
追加.jpg
熱燗.jpg

そしていよいよ最終営業日。
さらばえんかい1.jpg
今日で終わりなのに、店の外にも中にも、「今日で終了です」、「どこそこへ移転します」の貼り紙がないぞ。黙って静かにサラッと営業終了するのだろうか。
それを聞いてみたらママが、「WCに貼ってありますよ」
「WCに?」
「前から貼ってあるよ」(ジャン妻)
「ああそう。自分、WC行かないから」
「そういえば旦那さんWC行かないですね」
私はWCが遠い体質で滅多に行かない。何年も通ってる店でもWCを借りたことのない居酒屋も少なくない。この店のWCは社の宴会で利用した時に一度だけだったな。
最後の最初の膳.jpg
おとおしは里芋.jpg
ママ.jpg親方.jpg
最後の刺身.jpg
今日でクローズなので、刺盛はあるネタを全部2枚ずつ。あ、ハチビキがあるぞ。群馬八幡の託児居酒屋でこれ見よがしに出されたあの魚だ。身が赤い。
刺盛.jpg
中トロ.jpgシメサバとタコ.jpg
シメサバ.jpgスズキ.jpg
ハチビキ.jpgヒラメ.jpg
他、適当にオーダー入れて、
「ゆっくりでいいからね」(ジャン妻)
「そんな風に言わなくたってゆっくりなんだからさここは」
最後の日も作り立てに拘てる。ポテオサラダのオーダーが入ってから大将がジャガイモの皮を剥いていた。作り置きしないで皮のまま茹でた(ふかした?)ジャガイモをこれから潰すのです。
ジャン妻がこの店へ伊東甲子太郎と私のシマにいる女性と3人で来た時、その女性が、「ポテトサラダが何であんなに時間がかかるのかと思ったら、熱々のが出てきました」
熱々の表現は大袈裟だが、ほっこりあったかいのです。
だが新しい店では大皿のようなものにもTRYするそうである。そういうのでもいいと思う。
栃尾油揚げのカリッと焼きハーフサイズ。
栃尾揚げ.jpg
この海鮮納豆黄身タタキも見納めかなぁ。
海鮮納豆1.jpg
海鮮納豆2.jpg
海鮮納豆3.jpg
海鮮納豆4.jpg
秋刀魚の糠漬け炙り焼き。
糠漬け秋刀魚.jpg
添えられたもの.jpg
サプライズが。ママと大将から、「お誕生日おめでとうございます」と出されたのがこれ。
キンメ1.jpg
「覚えててくれたんだぁ」(ジャン妻)
そうだった。今日はジャン妻の誕生日だったのを思いだした。
「今日をご予約の時に仰っておられたじゃないですか」
キンメ2.jpg
「キンメの煮物なんていつ以来だろう」
「さらの木に初めて行った時以来じゃないかな」
キンメ-ゴボウ.jpg

最後のタマネギ1.jpg
でもやっぱり私の中でも定番、タマネギトロトロベーコン煮がないとな。
「ええっと・・・タマネギ」
「え!!キンメだけでは足りないですか?タマネギいきます?」
「うん。タマネギベーコンは別腹なのだ」
最後のタマネギ2.jpg
「これってあっちノメニューにも加わります?」
「う~ん。どうですかねぇ・・・」
「他のお客さんに出されたの見たことないな~」
「出るには出るんですが、お客さんに言わせると想像したのと違うらしくって戸惑う方が多いんです」
「グループ客だと取り分け難いからかもね」(ジャン妻)
そうか。定番から消えるか。
ではタマネギとベーコン買って行くしかないかな~。
最後のタマネギ3.jpg
完食.jpg
フロア.jpg
さらばえんかい2.jpg
形あるものはいつかはなくなる。
だが、年開けに新しい器で新しいドラマが待っている筈。
「では〇〇で!!」(ママ)
「また来年」(私ら)
既に新規OPEN初日は予約済みです。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。