So-net無料ブログ作成
検索選択

旅は終わるのか? [Cafe]

闇に光る椿町2.jpg
闇に光る椿町3.jpg
ご満悦1.jpg
うさこが私のお土産を手に取って嬉しそうにしているところ。
うさぎのように両耳をピンと立て鼻の穴が広がり、カウンター上にピョンと撥ねあがりそうな表情ある。
お土産は崎陽軒のシウマイ。30個入りで1230円(値上した)は重たく、カバンの中にニオいが付いた。これを2つ買ってここと通町(七)に持ってった。
置きっ放し.jpg
シウマイが置きっ放しになっている。
「早く冷蔵庫にしまった方がいいですよ」
「このまんま出しといてお客さんに見せようかなぁ・・・」
「・・・冷蔵して明日の9時までね。それ以降は冷凍して素揚げにでもしてください」
ここへ来る前、通町(七)でシウマイを渡したら、マスターは、「ありがとうございますこれ好きなんスよ」と言いながらすぐさま隠すように冷蔵庫にしまっちゃった。
2階に宴会客が入ってたのでアシストの女性がいたのですが、その女性は私が進呈したタイミングにドリンクを持って2階に上がってったんです。だからシウマイを見ていない。
あの素早い動作は男がヤバイものを隠す仕草だった。さてはマスターは自分ひとりで喰うつもりだな。
2店とも、「原価が無料だからおとおしで出せば?」と言ったが。ホントに出したりして。
ドリンク.jpg
フード.jpg
飲み直し.jpg
コールスローサラダと、スパニッシュオムレツ。
サラダとスパニッシュオムレツ.jpg
サラダ.jpg
スパニッシュ.jpg
チーズ盛り。クラッカー添え。
チークラ.jpg
「奥様お元気ですかぁ?」
「元気ですよ。今日ここに来ることも知ってます。あ、さっき〇郎さんと会ったけど・・・」
ここでまた高崎の都市伝説のネタに。
ロック.jpg
オンザロックをグビリ。ゴクッ。喉が鳴った。
グラスを置いて、「今、ひとり?」
前は店を男性の相棒と2人でまわしていたのですが。この無粋な問いをうさこがどう受け取ったのか。
「前に知ってる人に男性を紹介されたんですけどぉ」
「???」
「その人、働いてない人だったんですよぉ」
「働いてないって・・・無職?」
「そうなんですぅ。そういう方を紹介されてもぉ・・・」
「なんだいそれは。男は働いてナンボでしょう。そういう人を紹介するかねぇ」
「ですよねぇ」
ただ紹介すりゃぁいいってもんじゃない。紹介するからには責任ってものがある。今年はウチの会社に紹介料欲しさに人材の斡旋が続いたが結果が芳しくない。何てヤツを紹介したんだと残念な結果に憤るケースが少なくなかった。
だけど私がうさこに聞いた「ひとり?」は、うさこのプライベートではなく、「このお店のことですよ」
うさこは一瞬真っ赤になった。羞恥を打ち消すように紹介してくれたのが私の右端にいた女性。その女性が店をアシストしてくれてると。
私の自己紹介は、「ここに移転前のCafe前のマンションに住んでた者です。1年かだけ住民税高崎市に支払いました」
その方もお身内の転勤だそうです。まだ群馬に慣れてないようです。暑いし寒いって。そう暑いし寒いし風が痛い。
「私は最初は都落ち気分でしたが、1年住んだら帰りたくなくなりましたよ」
「へぇ。そういう場所なんですか?」
私にとってはね。今だって帰りたいと思うし。
うさぎの後姿.jpg
「年内いつまで?」
「ええっと・・・」
聞いたけど忘れました。年始は2日からかな。
「じゃぁ恒例の初詣に?」
「それがですねぇ」
うさこから聞いた話。少林山達磨寺に初詣、だるま市の開催がアヤしいらしい。露店の電気使用について寺側、露天商団体、県の達磨製造協同組合、この3者の折り合いがつかず、団体側が露天の出店を取りやめたという。
平成29年(2017年)の高崎だるま市は元旦の午前11時から午後6時、2日は午前9時から午後6時まで、高崎駅西口の駅前通りで開催されるとか。
私は少林寺には行ったことないです。場所はもちろん知ってますがいつも素通りでした。
店内1.jpg
店内2.jpg
闇に光る椿町4.jpg
私は次にASLIに行こうと目論んでたのだが、その女性が帰られて私とうさこだけになってしまい、ひとりにするに忍びないのでしばらくいた。
少し経ったら6人のお客様がご来店。6人さんの最初のワンドリンクがそれぞれ別々でうさこは忙しくなりそう。
「じゃぁお勘定・・・」
「ええっ。もう?早くないですかぁ?」
「いや・・・お客さまが来たから。・・・もう大丈夫でしょう?」
うさこには通じたようです。ニッコリ微笑んだ。

そしてこちらへ。
ASLI.jpg
店内.jpg
ファンキードッグ.jpg
この武州、最初の開封は私。
なかなか封が開かず、マスター(FUNKY★DOG)が果物ナイフでガリガリ切ってこじ開けた。
武州2.jpg
この小さいボトルの開封も私。
これも素直に封が開かず、マスター(FUNKY★DOG)が果物ナイフでガリガリ。
暦.jpg
ここでの会話はよく覚えていない。
時折見かける常連女性客の横顔が美しかったのだけ覚えている。
眩しい.jpg
2016年の上州紀行はこれで終わり。
夏以降、上州に来る回数が減った。(その分、駿遠が増えたけど。)
こっちの現場は以前よりは落ち着いて、小さい問題は燻っているが、緊急度は低く、新年度に先送りして構わない案件ばかり。
目をかけていた問題児も去っていったし、自分の出番は減った。私の思い入れは薄れた。
行く回数が減ったのにもうひとつ大きい理由があります。私に陰の部下が8人できたのですよ。
ただあくまで陰です。正式な部下じゃない。これまで私がひとりで抱えていた業種を、各部署長や現場の長を超えて、その8人に代行させてOKになったのです。自分ひとりで各方面を全部廻ってたのを代行させるの。
作成した書類の責任は負うけど、出向くのはその8人の陰の部下たち。(草の者と呼んでいます。)上州にも1人いる。だから自ら出向く回数が減った。私は初めて司令塔になったのです。
来年2017年に自分が上州とどう関わるのか。どれだけ関与できるのか。
現時点では見えそうで見えないのです。
旅は終わるのだろうか。。。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。