So-net無料ブログ作成
検索選択

首都圏JRダイヤ乱れ一要因 [鉄路と風景]

目覚めたら新前橋駅だった。11:40前後だったと思う。
私は両毛線の伊勢崎駅で11:20発の電車に飛び乗っている。この11:20発の電車は定刻を3分ほど遅れた。単線だから行き違いが上手くいかなかったのかも。
乗った車両は旧湘南型の115系昭和タイプ。緑とオレンジの湘南色。4両編成だった。この車両の輝かしい全盛期は昭和の彼方に去っている。私の地元神奈川県の湘南路線を走っていた。
懐かしい車体だが今となっては古い車両。現在JRでの保有率は全盛期の半分もないそうである。
見るからに車体が重そうである。モーター音、空調音、走行中レールの継ぎ目に当る時の騒音がかますびしいのだ。
走行中の車両はギシギシガタピシ鳴る。かつては花形だったのが今は軽快な新型車両に押され地方に追いやられて余生を送っているのだが、ガタが来てるみたい。
それがこの日、立証された。
それも、2回も。。。

高崎駅に11:53に着くまでの短い時間、私はそのガタンガタン鳴る音が逆に心地よくなり、伊勢崎を発車したらすぐに眠ってしまった。駒形、前橋大橋、前橋の記憶がない。
ただ、伊勢崎を出る時、「新前橋で車両の切離しを行います」とかアナウンスがあった記憶がある。
短い4両編成をどう切り離すんだ?と訝しんだが、新前橋で起こされて流れたアナウンスは、
「おそれいりますが、お降りになったホームの向かい、1番線に停車中の電車にお乗換えください」
なんだって?
乗り換えろと??
車輌故障らしい。
高崎駅に着く前に眠りを妨げられた私はダルそうに下りて乗り換えた。

それでも高崎駅に11:53に着いた。停車する前に、「本日に限りまして5番線に停車致します。新前橋駅でのお乗換えにご協力いただきありがとうございました」のアナウンス。
私は12:20発の横川行に乗り換えて安中市の役所に行かなくちゃならないのだが。
アポは13:00過ぎ。一旦、5番線6番線ホームに下りた。
そしたら、「5番線に停車中の電車は12:20発の横川行です。ご乗車になりましてお待ちください」というアナウンスが流れた。
5番線に停車中の電車ったって、それはたった今、私が新前橋で強制的に乗り換えさせられて高崎まで来た車両ですよ。ってことはここからスイッチバックよろしく安中方面へ行く電車になるわけか。だから本日に限り5番線に・・・だったのか。
だったら下りないで乗ってりゃよかったな。発車まで20分弱あるが、ボロいけど空調が効いている115系電車に再度、乗りなおした。
昭和の115.jpg
発車を待ちながら、「今日は火曜日だから104は定休日なんだよな、何処で昼を喰うかな・・・」、な~んてことを考えてたのだが。。。
ホーム上でヘンな雰囲気になっている。車掌と駅の助役、作業員らしいのが2人、ホームに立ち寄って打ち合わせを始めたぞ。
不穏な雰囲気1.jpg
作業員が無線で何処かに連絡している。
そのうち作業員が車両を指差して・・・というか、私の方を指差して、「お客さん乗っちゃってるし・・・」、「下ろさないと・・・」アヤしい不穏な会話が洩れ聞こえてくるじゃないか。
案の定また、「5番線に停車中の電車は車庫に入ります。ご乗車はできません」とさっきと逆のアナウンスが流れたものである。
私は眉間に縦皺が立ったのが自分でもわかった。只でさえ人相が悪いのに余計に悪くなった筈である。
保線作業員と打ち合わせ中の助役をとっ掴まえて聞いたのよ。
「どーしたのさ?」
「あ、この電車ですか?モーターの故障なんです」
なんだと?さっき新前橋で乗り換えたのも車両故障だろ。乗り換えた代替え車も故障かよ。僅か30分もしない間に2回も故障したのか。
横川行は1時間に1本しかないので。
「12:20発の横川行はちゃんと来るんか?」
「大丈夫・・・だと・・・思います・・・」
自信が無さそうであった。
「この車両が車庫に引き上げてから電車が入線しますので」
私はやや憮然とした。僅か30分の間に2回めだからね。
不穏な雰囲気2.jpg
ところがそのポンコツ車両がなかなか車庫に引き上げないのである。そのまま居座ってる。駅構内の電車の流れを追って見てたら、7番線から12:06発特急草津上野行を先行させ、4番線には12:04発の湘南新宿ライン特別快速小田原行が停車中で、2番線と4番線の先っぽに追いやられている短い3番線ホームの八高線12:10発ディーゼルカーまでもが先に動く始末である。ポンコツ115系はそれら先行車両の合間をぬって駅より東にある車庫、ヤードに引き上げるらしいのだ。
運転手、車掌、駅助役、作業員2人、勤務明けの私服職員2名が加わり、「参ったよ~」、「故障しちまってさ~」、グダグダ井戸端会議ならぬ雑談、立ち話が始まる始末である。
不穏な雰囲気3.jpg
不穏な雰囲気4.jpg
こういうトラブルで首都圏のJR職員はまずホームに現れないケースが多い。首都圏の通勤客は利用客数もダイヤの本数も高崎の比ではないし、桁違いに数がいから中には気の荒い客もいる。下手したら暴力沙汰になりかねないところがある。
それに比べて高崎駅ホームにいる職員どもはのんびりして牧歌的だった。乗客も詰め寄ったりしない。勤務中の職員、勤務明けの私服の職員も混じって、「参っちゃったな~」の世界である。苦笑いを超えて白い歯が見えるくらいに笑ってたからね。
向いの4番線には12:08発の伊勢崎行がいてこれはすぐに定刻通りに発車した。でも私はその伊勢崎行の女性車掌に向かって駅助役が、「参っちゃったよ~」のような軽口を放っているのを見たぞ。不謹慎を通り越している。首都圏ではありえない光景である。
車庫に引き上げたのは12:15頃であった。「とっとと車庫へ引き上げんかい」と思ったよ。
ヤードへ去って行く.jpg
その後に12:14発の湘南新宿ライン特別快速小田原行が5分遅れで去って行く。こっちの信越線横川行の代替え車両は12:20までには来ないとみた。
湘南新宿ラインが去って行く.jpg
イラつく助役.jpg
だが代替え車両はホントにあるのだろうか?
「ストック車両はあるの?」
「ございます」
「まさか実はあっち(ヤードを指す)に電車の在庫ゼロってことないだろうな?」
私は端っから疑ってかかってる。
「ございますございます。あちらの左側にバックヤードがございまして、そこからこうやって(腕を旋回させた)きます。あ、あれです。今、チラッと見えました。もう間も無く来ますので」
なるほど遠目に見ると、電車の先頭部が見えて灯が点いている。
キタ1.jpg
「お客さんお待たせしました。今、参ります」
ゆ~っくりゆっくりこっちに向かって来る。
ところが。。。
キタ2.jpg
「あ、あれ??」(助役)
キタ3.jpg
「あ~、あっち行っちゃったよ」(助役)
小山行だった.jpg
あっち行っちゃったじゃないよ。バックヤードからやっと来た電車は私がいる5番線ではなく4番線に逸れてしまったのである。行き先表示を見たら12:30発の両毛線小山行である。
「こっちに来ないであっち行っちゃったじゃんか」
「あ~ぁすみません・・・ったく何やってんだ」
助役は無線にかじりついた。
「オォイなぁにやってんだっ。4番線に行っちまったじゃねぇかっ。5番線だよっ5番線っ。えっ?この後に来る?」
野卑まる出しのTALKだったがまさか私に対しての演技じゃないだろうね助役さん?無線を切った助役は、「ったくホームのこと考えろよ」とブツクサ言っていたが私に聞こえるように言ったとしか思えない。こうなるともうギャグの世界である。私は淡麗プラチナダブルのCMよろしく、「愚痴るよりネタにしちゃうか」の心境になり、幾分と気持ちに余裕が出て来た。
それでも詰めよったよ。
「さっきからネタを提供して笑わせてくれてるが・・・」
「あ、いや、あの・・・」
「ホントに横川行は来るんだろうな?」
「お客さんすみません。あっち(4番線)に先に流しちゃって・・・。大丈夫です。来ます。この後に来ます」
1時間に1本だから焦ってるように見えないのだ。

この図を見てください。
配線図.jpg
(出典もと。配線略図Nethttps://www.haisenryakuzu.net/documents/jr/east/takasaki/
左にバックヤード(センター、車両基地)、右に高崎駅構内、2つを結ぶ線路は途中で砂時計の真ん中ように狭まっているでしょう。バックヤードからストック(代替え)車両を搬送しようとすると、短い距離とはいえ一旦は本線を走行しないと駅ホームに来れないらしいのだ。さっき助役は腕を回すように説明してくれたのはそこをなぞってくれたのである。
横川行の電車故障をなるべく他の路線に影響させないよう合間をぬって搬送するしかないのはわかった。動線の問題のようである。
助役の肩越しに.jpg
今度こそキタ1.jpg
「あ、ほら、今度こそ来ました」
「今度は大丈夫だろうな」
「大丈夫です。ホラ来ました」
今度こそキタ2.jpg
今度こそキタ3.jpg
今度こそキタ4.jpg
待ちに待った代替え車両は5番線に向かってゆっくりゆっくりやって来た。「てめぇ早く来いよっ」と罵ったら、前で写真を取ってた学生君がビクッと振り向いた。
出発直前.jpg
高崎発は12:27過ぎだった。1時間に1本。定刻より7分遅れ。
高崎駅や群馬の世界では誤差の範疇かも知れないが、4番線に停車中だった湘南新宿ライン特別快速小田原行が出たのは12:19頃だったので12:14発の定刻より5分遅れた。今頃ここから遠く離れた首都圏では、高崎駅構内での車両故障・・・あるいは車両点検で遅れが出ていますといった言い訳アナウンスが一斉にテロップで流れたであろう。
首都圏を貫くJR長大路線の遅延原因の一旦を見たぞ。
コメント(2) 

コメント 2

たからった

こんばんは。
今や超優良企業のJR東日本ですが、何かしらのトラブルがあると、いきなり「国鉄」になってしまうと感じるのは私だけでしょうか??
by たからった (2016-08-30 02:17) 

船山史家

たからったさん。おはようございます。
昨今の長大路線ブーム?直通運転による弊害、ダイヤ過密にしておいて「ドアを閉めさせていただきます。ただいまからのご乗車はご遠慮ください」にはクビを傾げますね。
首都圏の駅では無情な駅構内アナウンスだけですが、高崎駅での誘導は、助役他、数人でノンビリしたものでした。
そちら様もいつも見てますよ。先日、伊豆八幡野の温泉宿に行ったのですが、例の崩落倒壊したループ橋のネタを宿の女将に聞き出すのを忘れてしまったです。
by 船山史家 (2016-08-30 06:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。